連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. コラム・エッセイ
  4. おうちでかんたん!モンテッソーリ 文・絵:あべようこ
  5. おうちでかんたん!モンテッソーリ 第18回:実践編 日常生活の練習~縫う・ひも通し~

おうちでかんたん!モンテッソーリ 第18回:実践編 日常生活の練習~縫う・ひも通し~

前回は、ひもを結ぶということをお伝えしました。今回は、ひもや糸を使って、「縫ったり」「通したり」という活動についてお届します。自分の目と手をうまく協応させなくてはできず、根気や集中力も必要とします。

 



 

「おうちでかんたん!モンテッソーリ」過去の連載分はコチラ!



【縫う】

小さな穴に、細い針を通す。「縫いさし」と呼ばれる活動は、幼児期の子どもにとって、最も難易度の高い活動の1つといっても過言ではありません。モンテッソーリ教育の第一人者であった故・相良敦子先生も、著書の中でくりかえし、「就学前に身につけておきたい動き」として「縫う」「切る」「折る」「貼る」をあげています。このような細かい作業は、モンテッソーリ教育では「目と手の協応」のお仕事と言われています。

 



目と手の協応とは、目から入った情報を、身体を動かす運動機能と連携すること。それをくり返すことにより、子どもの器用さへとつながります。手先が器用になることだけが目的ではなく、思い通りに動く指先を手に入れることでの自信、集中力にもつながると考えられています。

【スモールステップで考えよう!】

これまでにくりかえしお伝えしてきたように、何事にもスモールステップがあります。それまで何も練習してきていない子どもに、とつぜん針と糸を渡しても難しいので、少しずつすすめていきましょう!

【縫いさしの進め方の一例】

<前段階>

①穴に「ペグを指す」などのおもちゃ(球を穴に入れるおもちゃや、小さな穴につまようじや、ストローを指すなどもオススメです)

②目打ちで穴をあけるおもちゃ 

③ひも通しのおもちゃ



 

<初期>(紙を縫う)

太めの針に、2本取りで糸を通して用意しておく(玉止めもしておく)。短い線の上の穴を縫う。



 

<中期>(紙を縫う)

徐々に針の太さを細めのものに変えていき、慣れてきたらいろいろな形を縫う。



 

<後期>(布を縫う)

布を縫ってポシェットなどを作り、ボタン付けにも挑戦しましょう。



このような段階を経て進んでいくといいでしょう。はっきり、ゆっくり、区切って見せる。黙ってみせる! これが鉄則です。一度で出来るようにならなくて当たり前ですので、焦らないで楽しく行いましょう。


作家プロフィール

関連記事