ニュース

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 前思春期の女の子・性教育「はじめの1冊」に最適の本がつばさ文庫に登場! ヨメルバでの特別連載も!

前思春期の女の子・性教育「はじめの1冊」に最適の本がつばさ文庫に登場! ヨメルバでの特別連載も!


株式会社KADOKAWAは、小・中学生を読者対象とした児童文庫レーベル「角川つばさ文庫」より、前思春期の女の子が「自ら読みたい」と思える性教育本「はじめの1冊」となる書籍、『もう、子どもじゃない? はじめてのなやみ、はじめての恋』を1月13日(木)に刊行します。

【ここがスゴイ!】

1 悩みによりそった小説形式
体型の変化で、お気に入りの服が着づらい。周囲より子どもっぽい。この気持ちが恋か分からない…。前思春期の女の子達が感じる悩みを、登場人物たちが経験し、成長していく「物語形式」。恋や友情のエピソードも満載で、自分の悩みを投影しながら、エンタメ小説として楽しく読むことができます。



2 思春期外来を行う医師・高橋幸子氏、完全監修!



NHK『ハートネットTV』の高校生向け性教育番組「教えて! 性の神様」監修協力、ティーン向け配信ドラマ『17.3 about a sex』医療監修などを行い、全国の小・中・高校で性教育の講演活動などにも励んでいる産婦人科医・高橋幸子氏が全面監修。高橋氏自らが執筆したコラムも6本掲載し、「前思春期のうちに知っておきたい性教育の基本情報」をこの1冊で学べます。

3 日常になじむ、可愛いデザイン
イラストは、つばさ文庫の大人気シリーズ「1%」や「スキ・キライ相関図」でおなじみの漫画家・高上優里子氏が担当。小学生の女の子が恥ずかしさを抱かず、自ら読みたいと思えるデザインで、自然と作品の世界に入り込めます。

【あらすじ】

私、春花。今日、5年生に進級した。
春になったら着ようって楽しみにしてたワンピースが、“あること”が原因で着られなくて、ユーウツな気分……。



でも、転校生の藤咲くんとの出会いがきっかけで、私の日常が少しずつ変わりはじめたの。
この気持ちって、「恋」なのかな――?
もう子どもじゃない…でも、まだ大人にもなれない…?
友達も、いろいろな悩みをかかえているみたい。
でも大丈夫。悩んだっていいんだ! 心も体も成長中の私が、自分をもっと好きになる物語!




【スペシャルなお知らせ!】

なんと! 監修者・高橋幸子先生が自ら執筆したコラムの一部を、ヨメルバで特別連載!
第1回 体型の変化・ブラジャーについて【公開中!】
第2回 生理について【公開中!】
・第3回 生理痛などの悩みについて【2022年1月20日公開予定】

【書誌情報】


もう、子どもじゃない? はじめてのなやみ、はじめての恋

  • 作:福田 裕子 監修:高橋 幸子 絵:高上 優里子
  • 【定価】770円(本体700円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046320933

紙の本を買う

  • カドカワストア

電子書籍を買う