連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. 【ためし読み】怪盗レッド THE FIRST 誰のために、戦うか?
  5. 【ためし読み】怪盗レッド THE FIRST 誰のために、戦うか? - 7.4人のお弁当タイム

【ためし読み】怪盗レッド THE FIRST 誰のために、戦うか? - 7.4人のお弁当タイム


4月5日(月)発売の『怪盗レッド THE FIRST 誰のために、戦うか?』のためし読みを、発売日まで毎日更新するよ!
累計125万部!つばさ文庫の超ヒットシリーズ「怪盗レッド」の最新書き下ろし単行本!要チェックですよ~☆

7.4人のお弁当タイム

 しばらく、4人で遊園地をまわっていく。
 メリーゴーランドに、ミラーハウス。カートや、遊園地のキャラクターのパレードなど、笑いあいながら楽しく時間を過ごす。
「だいぶお昼ご飯の時間を、過ぎちゃったわね」
 緑谷先輩が腕時計を見ながら言う。
 たしかに、もう1時近い。
 お昼をとっくに回っていたのに、気がつかなかった。
「この時間だと、まだレストランは混んでるね」
 園内にあるレストランを見て、黄瀬さんが言う。
「ああ。それならおれが弁当を作ってきたから、食べないか?」
 翼先輩が、持っていた大きなバッグを持ちあげて言う。
「え、紅月先輩が!?」
 黄瀬さんがおどろいている。
「もしかして、翼先輩、それを作っていたせいで、時間ギリギリになったんですか?」
 僕は待ち合わせのときのことを思い出して、たずねる。
「ああ。4人分は、思ったより手間がかかってな」
 翼先輩は、照れたように笑って頭をかく。
「それなら、そう言ってくれればよかったのに。待ち合わせのときは、よけいなこと言っちゃってごめんなさい」
 緑谷先輩が、頭を下げてあやまる。
「いや。ギリギリだったのは事実だしな。弁当を作ってきたのは、おれの勝手だ。で、どうする?」
 翼先輩が、僕たちを見まわす。
「もちろん、いただくわ。翼くんの料理はおいしいもの」
 緑谷先輩がうなずく。
「翼先輩の料理なら、楽しみですね」
 僕も同じ意見だ。
 翼先輩が作った料理で、おいしくなかったものはない。
「え? え? どういうこと?」
 黄瀬さんだけが、翼先輩の料理の腕を知らないので、とまどっている。
 言葉で説明してもいいけど、どうせすぐにわかることだ。
 論より証拠。
 黄瀬さんには悪いけれど、もう少しだけとまどっていてもらおう。
 近くの飲食オーケーの芝生エリアに、翼先輩が用意してきたレジャーシートをしく。
「足りるかどうか、わからないが」
 翼先輩はそう言って、バッグから重箱になったお弁当箱をとりだす。
 その数、5段。
 翼先輩は、5段重ねの重箱を手ぎわよく広げていく。
 ……いや。この量で足りないということはないです。
 僕は広げられたお弁当を見て、肩をすくめる。
「みんなが食べやすそうなものを、選んだつもりだ。好きなのを食べてくれ」
 と翼先輩が両手を広げた。
 サンドイッチ、から揚げ、卵焼き、ミニハンバーグ、エビフライ、ひじきのサラダ、ほうれんそうの胡麻和え、かぼちゃの煮物などなど。
 一品そのものは凝っていなくても、お弁当の定番で、どれもおいしそうだ。
「こ、これ……全部、紅月先輩が作ったんですか!?」
 黄瀬さんは、お弁当を見て、目を見開いている。
「ああ。こう見えて、料理が趣味でな。似合わないだろ?」
 翼先輩に言われて、黄瀬さんは、ブンブンと首を横に振る。



「そんなことまったくないです。すごいですよ! わたしも少しは料理するので、これだけ作るのがどれくらい大変なことか、わかりますから!」
 うん。僕もそのとおりだと思う。
 翼先輩の料理は、まったく謙遜する必要なんてない。
 努力を積み重ねてきたから、これだけのものが作れるようになったんだろう。
 もっと誇ってほしいぐらいだ。
「そうか? 味も気に入ってくれるとうれしいんだが」
 翼先輩は、照れくさそうに笑う。
「そうね。さっそくいただきましょう」
 緑谷先輩が言って、僕たちはそれぞれに箸を持つ。
「「「「いただきます!」」」」
 4人で手をあわせてから、お弁当に箸をのばす。
「お、おいしい! なにこれ……こんなおいしい卵焼き、はじめて食べたかも……」
 黄瀬さんは、卵焼きを食べて、目を白黒させている。
「う~ん……やっぱり翼くんの料理はおいしいわ」
 緑谷先輩は、ほおをゆるませている中にも、ちょっとくやしそうな表情が見える。
 もしかしたら緑谷先輩も料理をするのかもしれない。
「おいしいです」
 僕は短く言って、2つ目のミニハンバーグに箸をのばす。
「そいつはよかった」
 それを見て、翼先輩が満足げな顔で、自分もサンドイッチをつまむ。
 多いと思っていたお弁当の中身が、次々と減っていく。
 そうして30分後。
 残さずお弁当を食べ終えた僕たち4人は、これまた翼先輩が用意してきた、ほうじ茶を飲んでいた。
 熱すぎず、ぬるすぎない、ちょうどいい温度だ。
 ふうぅ……。
「おいしくて、ついつい食べすぎちゃったわ」
 緑谷先輩が、うらめしそうに翼先輩を見る。
「それは、おれのせいじゃないだろう」
「わたしも食べすぎちゃった……でも満足です」
 黄瀬さんは、幸せそうに、ほうじ茶をすすっている。
 僕たちは食後のひと息をつくと、レジャーシートを片づけることにした。
 僕と翼先輩でレジャーシートをたたんでいるうちに、緑谷先輩が黄瀬さんをよんで、僕たちから少し離れて、なにか話をしている。
「…………くんのこと……だよね…………」
「あ、いや、その…………」
「…………だから…………きょう…………できな…………と思って……」
「え………じゃあ…………なんですか……」
 とぎれとぎれにしか、2人の会話はきこえない。
 緑谷先輩がおもに話して、それに黄瀬さんがあたふたと答えているみたいだ。
「2人でなにを話してるんだろうな? こっちで話せばいいだろうに」
 翼先輩は、のんびりとした口調で言う。
「翼先輩は、のんきでいいですね」
 おそらくあれは、緑谷先輩が、黄瀬さんに「協力する」というような話だと思う。
 黄瀬さんのわかりやすい態度や表情に、緑谷先輩が気がつかないわけがない。
 それにしても、翼先輩は、こういうことには察しが悪いんだよな。
 ふだんは、野性の勘みたいなのが働くのに。
 少しして、緑谷先輩と黄瀬さんがもどってくる。
「ねえ、2人とも。ちょっといい?」
「なんだ?」
 声をかけてくる緑谷先輩に、翼先輩が、きょとんとした顔で応じる。
「提案があるんだけど。ここからしばらく、2人ずつペアになってまわらない? ほら、翼くんがまわりたいアトラクションと、藤白くんがまわりたいところって、けっこうちがうでしょ。わたしと美緒ちゃんもちがうみたいだから」
「ん? だけど、せっかく4人で遊びにきたのに……」
「でも、このほうが、合理的よ。ね? 藤白くん」
 緑谷先輩が、こちらに視線を送ってくる。
 まさか、ここで断るわけがない。
「そのとおりだと思います」
「……まあ、たしかにそのほうが、いろんなものに乗れるか。じゃあ、よろしく、黄瀬さん」
 翼先輩も、納得したようだ。
「は、はい!」
 黄瀬さんが、顔を赤くしてこたえる。
「それじゃあ、1時間後にこの場所で集合ね。なにかあれば、携帯電話で連絡をとりあいましょう」
 緑谷先輩の手ぎわのよさに、すぐに話がまとまって、僕たちは二手に分かれて、遊園地を歩きはじめた。

<第8章へつづく>

単行本は4月5日(月)発売!



兄妹3人で、怪盗をやるのが夢だったんだーー。
離ればなれに育った翼、圭一郎、美華子。
翼は「3人で『怪盗レッド』をやろう!」と言うけれど…
圭一郎は「誰かのために命を賭ける?そんなこと、僕にはできません」って⁉︎
初代・怪盗レッド、いきなり仲間割れのピンチ!


怪盗レッド THE FIRST 誰のために、戦うか?

  • 作:秋木 真 絵:しゅー
  • 【定価】1320(本体1200円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】B6判
  • 【ISBN】9784041101650

単行本第1巻も要チェック!


怪盗レッド THE FIRST ここから、すべては始まった

  • 作:秋木 真 絵:しゅー
  • 【定価】1320(本体1200円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】B6判
  • 【ISBN】9784041087664

つばさ文庫版も大好評発売中!


関連記事

関連書籍

怪盗レッド THE FIRST ここから、すべては始まった

怪盗レッド THE FIRST ここから、すべては始まった

  • 【定価】 1,320円(本体1,200円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】B6判
  • 【ISBN】9784041087664
怪盗レッド THE FIRST 誰のために、戦うか?

怪盗レッド THE FIRST 誰のために、戦うか?

  • 【定価】 1,320円(本体1,200円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】B6判
  • 【ISBN】9784041101650