連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. コラム・エッセイ
  4. ママ心理士のインドで子育て大騒ぎ 文:すっちー(臨床心理士)
  5. インドで子どもと過ごす休日 ママ心理士のインドで子育て大騒ぎ 第4回

インドで子どもと過ごす休日 ママ心理士のインドで子育て大騒ぎ 第4回

平日は小学校にプレスクールにお弁当作りにと慌ただしく過ぎる日々だけど、土日くらいは遊びに行きたい子供たち。「土曜日くらいはゆっくり寝かせてくれー」というパパママを尻目に、朝早―く起きては「ねーねー今日はどこ行くの? どこか行きたーい」とせがまれます。 日本だったら公園でも行こうか、となるけれど、ここはデリー。 いつだって空気汚染が深刻レベルで、 蚊に刺されたらデング熱が心配で、そして何より暑い。


大気汚染も怖いけど、気温も高いです。


公園のハードルが高い!ということで、我が家の定番は「ショッピングモール」からの「室内遊び場」です。 ショッピングモールは空気がきれいで安心で、お買い物ができて、子供も大人も楽しいんです。H&Mなど海外ファストブランドから、トミーヒルフィガーなどハイブランドまで、もちろんインドのアパレルブランドもあって、とても楽しい。

 


これなら大気汚染も、高すぎる気温も心配なしですね。


どこのモールにもフードコートやスタバがあり、ランチや休憩もしやすい。お気に入りのショッピングモールに行って、おもちゃ屋さんや洋服屋さんを覗きながら、端から端まで歩いて日頃の運動不足を解消しているのは、インドの日本人家族あるあるです。

そして「室内遊び場」は日本以上にとても充実しています。料金も高いけど(1時間500ルピー=800円ほど)、遊具がいっぱいあって子どもは大喜び。大きなアスレチックやトランポリンまであります。




周りはインドのこどもがいっぱい。面白いのは、裕福なインドの家庭には子どものお世話係がいるので、付き添いの大人もいっぱいいます。ママたちは、併設のカフェで優雅にママ友トークを楽しんでいます。うらやましい! あとスタッフの数がとっても多い。滑り台の上に1人、下に1人いたりします。私が滑ろうとすると「マダム、大人はダメです」とよく注意されました(笑) 楽しそうなのになー。

ということで、インドで子どもと過ごす休日のおすすめポイントは、「ショッピングモール」と「室内遊び場」。インドアなのが共通点。 本当は外で遊びたいんですけどね。周りにいるインドの方がよく咳をしていて、「大気汚染がね」って言ってるのを聞くと、ついつい空気清浄機があるところを選んでしまいます。 大気汚染がおさまったら、外の公園でも遊びたいなと思いつつ、まずはショッピングモールと室内遊び場の開拓に励みたいと思います!


ショッピングモールの本屋さん。デリーでは「長生きで幸せな日本人の秘密」っていう本がよく売れています。

作家プロフィール

関連記事