ニュース

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. \ 肝試し感覚で読んでみて! / 作家&担当編集が語る、『まよなかのおしっこ』制作秘話

\ 肝試し感覚で読んでみて! / 作家&担当編集が語る、『まよなかのおしっこ』制作秘話

ちょっぴりドキドキ、ハラハラする展開、ホッとする結末が魅力のユーモア絵本『まよなかのおしっこ』。
作家のさいとうしのぶさんと担当編集者に、作品に込めた想いや制作秘話を伺いました。




『まよなかのおしっこ』の制作期間を教えてください。

さいとうさん:
編集の方にお目にかかったのが2018年。それからぼちぼちお話しを進めて、丸3年はかかったような……。
 
担当編集:
はじめてメールとお電話でやり取りをさせていただいたのが2018年8月。その翌月に直接お会いしました。お目にかかってからそう時をおかずに『まよなかのおしっこ』のもととなるアイディアを頂戴しましたが、先に決まっていたお仕事が終わるのをお待ちする間に世界はコロナ禍に。実は絵本づくりが本格的に始まってからは、直接お会いできていません。けれど、今コメントしながらもそのことが信じられないくらい、密にコミュニケーションを取らせていただき、心の距離はかなり縮まっています!(と、私は思っています!) 
会える日が楽しみです。


『まよなかのおしっこ』でイチオシのページや、個人的な”お気に入りポイント”があれば教えてください!

さいとうさん:
文字の入れ方ですね!
擬音語などの文字をデザイナーさんが考えて下さったのだけれど、文字の雰囲気や入れ方も含めて、思った以上に素敵な仕上がりでとても気に入っています。
ところどころ、白抜きの文字もうまく調和するように入れていただきました。
また、今回は、恐怖の表情や動きのある絵や大胆な表現に挑戦しました。
「とうとう おばけが でたあ!!」というシーンなどがそうです。



担当編集:
「おかしいでしょ!」と笑ってツッコミたくなるような妄想が広がったかと思えば、脱力しちゃうようなおばけとの出会い(!)が突然あったり……。時間にしたらほんの数分の出来事だと思うのですが、子どもにとってはまさに大冒険。ちょっぴりこわくてドキドキしながらも先が気になってぐいぐい引き込まれてしまうストーリー展開が見どころです。
あとは、絵本のなかにこっそりかくれているおばけちゃんや、最後まで読むとわかるタネ明かしなど、さいとうさんのサービス精神が細部に込められているので、そこもぜひ楽しんでいただきたいです。





『まよなかのおしっこ』は、どんな方におすすめの作品ですか?

さいとうさん:
普段ちょっと、やんちゃな少年に肝試し感覚で読んでいただきたいです。
大人が読み聞かせる場合は、大阪弁でなくても、それぞれの方言で読んでいただいてもよいかなあ、と思います。
 
担当編集:
普段、絵本の読み聞かせにちょっぴり苦手意識のある方に手に取ってもらいたいです。関西弁で進む文章や、大きな文字で入った擬音語などの効果で、自然に楽しく読むことができると思います。





制作中の印象深いエピソードがあれば教えてください!

さいとうさん:
編集の方に男のお子さんがいらして、何度かラフの段階から試し読みをしていただき、反応を確かめていただいたので、彼らのお墨付きと思っています。改めて、ありがとうございます!
 
担当編集:
この絵本を読んだあと、子どもたちが、「こわくてトイレに行けなくなった」ということにならないようにしたい、と、真剣に悩み、考えながら絵本づくりに向き合うさいとうさんの姿が印象に残っています。また、絵の背景色から伝わるように、青系の紙に絵を描いています。原画展の際には、そのあたりもぜひ直接見て楽しんでいただきたいです。





読者のみなさんへ、メッセージがあればお願いします。

さいとうさん:
このお話のきっかけが「ラジオで読み聞かせる絵本を考える」でした。
擬音語がたくさん出てきて、ドキドキ、ハラハラしたら、面白いなあって。
なので、読み手は、たくさんの擬音をうまく表現して、臨場感あふれる物語にしていただけると嬉しいなあ、と思います。
怖すぎない程度に……。
 
担当編集:
読み聞かせしてみての感想や、お子さんたちの反応などをぜひ聞かせていただきたいです。
レビューやSNSの投稿をお待ちしています!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【『まよなかのおしっこ』絵本原画展】
期間:2022年9月9日~9月27日
場所:ムッチーズカフェ(東京・西荻窪)
https://mucchis-cafe.jimdofree.com/

※新型コロナウィルス感染拡大により、変更・中止になる場合があります。



『まよなかのおしっこ』

【内容紹介】
「今日から ひとりで ねます」と宣言したぼく。だけどその日の夜中にトイレにいきたくなっちゃった! トイレを目指して、「ぼく」の夜の冒険が始まります。ドキドキ、ハラハラの展開と、勇気と自信を与えてくれるラスト。読み聞かせで盛りあがります。




まよなかのおしっこ

  • 作:さいとう しのぶ
  • 【定価】1,430円(本体1,300円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】B5変形判
  • 【ISBN】9784041120484

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER

関連記事