レビュー

  1. ホーム
  2. レビュー
  3. 大和田佳世
  4. 【レビュー】AIロボットのアトムとその仲間たちが力をあわせてミッションコンプリート! 地球環境がテーマのアニメ絵本『GO!GO!アトム』

【レビュー】AIロボットのアトムとその仲間たちが力をあわせてミッションコンプリート! 地球環境がテーマのアニメ絵本『GO!GO!アトム』

レビュアー:大和田佳世 絵本・児童書のライター

【レビュー】AIロボットのアトムとその仲間たちが力をあわせてミッションコンプリート! 地球環境がテーマのアニメ絵本『GO!GO!アトム』

アトム、お茶の水博士の孫娘スズ、アトニャンの3人組で問題解決!

「アトム」って知っていますか? 親世代にはおなじみ『鉄腕アトム』の歌や、ジェットエンジンで空を飛ぶアトムの姿が頭に浮かびますよね。

アニメ絵本『GO!GO!アトム』は、そんなアトムが主人公になった、新しいアニメのオールカラー絵本。
地球環境をテーマに、人間の男の子そっくりのAIロボット・アトムと、お茶の水博士の孫の天才少女・スズ、いたずら好きのネコ型ロボット・アトニャンの3人が、“チームアトム”として大活躍。地球に起こるさまざまな問題を解決するミッションに挑みます。



3人のほかに、科学のことなら何でも知っている天才科学者・お茶の水博士と、動物学者のブラント博士、植物学者の女性のセレナ博士が登場します。

実は奥が深い、地球環境や生命がテーマ

アトニャンのいたずらや、研究所での失敗から引き起こされるドタバタなど、コメディタッチの場面がもりだくさん。絵を見るだけでもおもしろいのですが、実はこの絵本、地球環境がテーマだけあって、内容がなかなか深いのです……!

本書に入っているお話は4つ。1つ目は「ミニロボ・アドベンチャー」。
庭のバラを枯らすアブラムシに殺虫剤を使おうとする親子に……「庭のほかの虫たちも苦しくなっちゃう!」とチームアトムは、自然にやさしい方法を探すミッションをスタート。テントウムシがアブラムシを食べることを突き止めます。
庭の環境を変えてテントウムシが増えればバラも元気になる……とミッションコンプリート! 自然と虫の関わりは、親が読んでも勉強になります。

わが家では「理科」の学習がはじまった小学3年生の子が、おもしろそうに読んでいました。漢字にはふりがながふってあるので、ひらがなが読める年長さんも楽しめます。内容的には2、3年生にぴったりかもしれません。


「ミニロボ・アドベンチャー」より


2つ目は「まいごのクジラ」。船を誘導する装置ビーコンの音の影響で、お母さんクジラの発する声がわからなくなり、迷子になった子どものクジラ。チームアトムがクジラの子を海に戻そうと、ビーコンのスイッチを切ったことで、今度は船が困ったことに……。さあ、チームはどうやってミッションコンプリートするのでしょう?
3つ目「ミクロの世界へGO!」は体のしくみがテーマで、赤血球や白血球の働きがわかります。4つ目「アチアチ・アトニャン」では火山が今にも噴火しそうになり、街を救おうとするチームアトムが描かれます。


「ミクロの世界へGO!」より


読み聞かせにも、1人読みにも

「行くよ、ミッション・アー……」「ゴーゴー!」という3人の元気なかけ声は、読み聞かせのときに盛り上がりそう。ミッションについて親子でおしゃべりすればきっと話題が広がります。
チームアトムの本拠地となる「アストロラボ」は、どこかの海に浮かぶ小さな島にあるそうですが、絵を見るだけでもわくわくしちゃう。1人で想像を広げながらじっくりページをめくる楽しみ方もいいですよね。



手塚治虫さんのSFマンガのキャラクターとして誕生し、日本でずっと愛されてきたアトム。現在、テレビ東京系列のプリスクタイムでテレビアニメ『GO!GO!アトム』が毎週木曜ゆうがた5時55分~放送中。
アニメ絵本から読むもよし、テレビでアニメを見てから絵本を読むもよし。興味があったらちょっとのぞいてみてください。さまざまな問題に元気いっぱい立ち向かうチームアトムのみんなに出会えますよ。親子で、地球環境や生命のしくみについておしゃべりするきっかけになりそうです!

大和田佳世

本の詳細はコチラ!



角川アニメ絵本 GO!GO!アトム
監修:手塚プロダクション
2020年8月7日発売
価格1700円+税

アトム、スズ、アトニャンと、みんなで力を合わせて地球をすくえ!
手塚治虫が生んだ不朽のキャラクター、アトム! アトニャン、スズと共に、「チームアトム」で地球環境の問題を解決するハラハラワクワクの大冒険に出発! 自然のメカニズムと命の尊さををアニメ絵本で!


ためし読み増量中!

レビュアープロフィール

関連記事