連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. どっちが強い!? 記憶の島
  5. どっちが強い!? 記憶の島 第5話-02

どっちが強い!? 記憶の島 第5話-02


「発電塔に制御システムがあるはず…」
 君はシェリーを見て言った。シェリーの目がきらりと光る。
 君たちはゆれる地面に足を取られながら塔のほうへ進んだ。
 しかし、いたるところから蒸気がいきおいよくふき出している。くぼ地の斜面を岩が塔に向かって転がり落ちていく。
「このまま進んだら、いつか蒸気をじかにあびることになる…。塔に向かうのはあきらめてにげるぞ!」
 ジェイクはそう判断して君たちにつげた。そうするほかない。転がる岩に気をつけながら、君たちは元来た道をもどろうとする。
「ドッチ!? ドッチ!?」
 ポポは方向が分からず空をぐるぐる回っている。空を飛んでいても、島の異変が影響しているみたいだ。

▶森へ向かうコース
▶平地と岩場のコース

 

関連記事