連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. 怪盗レッド スペシャル
  5. 怪盗レッド スペシャル第12話 高校生探偵・七音の推理

怪盗レッド スペシャル第12話 高校生探偵・七音の推理

中学生だけど、みんなにはヒミツで「正義の怪盗」をやってる、アスカとケイ。
そんな2人のかつやくを描いた「怪盗レッド」シリーズは、累計135万部を超える、つばさ文庫の超人気シリーズです!

怪盗レッド20巻発売記念のスペシャル短編!
今回の主人公は、20巻のもう1人のヒロイン・桜子と、高校生探偵としてアスカとともに犯人を追う・七音(なお)のお話。
15巻で一度顔を合わせている桜子と七音。
20巻では「2人は同じ高校に通っている」としか書かれていないけど…じつは、こんな事件があったのです!


「ねえ、宇佐美さん。今日、学校におくれてきたのは、どうして?」

 教室の窓ぎわの席にすわるわたし――宇佐美 桜子に、クラスメイトたちの視線が刺すように向けられている。
「…………?」
 今は高校の昼休み。
 クラスメイトは、お弁当を食べている人もいる。
 そんな中で、急にきつい口調できかれて、わたしはとまどう。
 わたしはわずかに顔を上げると、質問してきた相手を見る。
 セミロングの髪に、つり目のはっきりとした顔立ちの女の子。
 名前は……田野井さんだったはず。
「昨日おそくまで本を読んでいたせいで、寝坊して、1限目の授業に間にあわなかっただけよ」
 わたしは、素直にこたえる。
 昨日というか……今日の明け方まで、研究書を読んでいたんだよね。
「それ、本当?」
 まちがいなく、本当のことなんだけど、田野井さんの向けてくる視線は、きついまま。
 どうしよう?
 なにかかみあっていない気がするけど、どう答えるのが正解なのか、わからない。
「わかってると思うけど、もう一度説明するわ」
 田野井さんが言う。
 ぜんぜん、わかってないから、助かる。
 それに「もう一度」って言われても、田野井さんがクラスメイトとなにか話していたのは知っていても、わたしは考えごとをしていて、内容はきいてなかったんだよね。
 そもそも、わたしに話しかけていたわけじゃないし。
 それを「きいていて当たり前」というように言われるのも、理不尽だ。
と思ったけど、それは口にしない。
 田野井さんは、イライラしたように、しゃべりはじめた。
「今日の1限目の体育の前、わたし、つけていたネックレスを外したの。それが、授業が終わったら、なくなっていたのよ。
今日の体育を休んだ生徒は3人いるけど、そのうちの2人は学校を休んでて、遅刻してきたのは宇佐美さんだけなの。
これが、どういうことかわかるでしょ?」
 田野井さんが、きつい目で見つめてくる。

 つまり、田野井さんが言いたいのは、こういうことだよね。
 ――わたしが、田野井さんのネックレスを盗んだんじゃないか。
 それができるのは、わたしだけじゃないかって、こと。
 反論することは、もちろんできる。
 田野井さんの話は、わたしに疑いをかける根拠にとぼしいから。
 彼女の言い分が、いかに論理的でないか、説明するのはかんたんだ。
 でも、そんな反論をしたら、火に油を注ぐってことぐらいは、わたしにだってわかる。
 学校っていうのは、そういう場所だ。

 頭ごなしに「あなたが犯人でしょ」と名指しされていないだけ、まだいいほうかもしれないけれど……。
クラスメイトに目をやるけど、遠巻きにして、話にかかわるのを、ためらっている感じだ。

 少し前まで、わたしはクラスの中では完全に浮いていた。
 わたしは高校に在学しながら、大学の研究室にも出入りしている。
 友だちと雑談をするのも苦手で、そもそも以前は、人と距離をちぢめる努力も、するつもりがなかったから。
 最近は、少しずつクラスメイトと会話するようにはなったけど。 こういうときに、かばってもらえるほど、なかよくはない。

 でもわたしは、本当にネックレスのことなんて知らない。
 そして――
今ここで、どういう返事をするのがただしいかの判断もできない。
 こんなとき、どうふるまえばいいかなんてこと、今までほとんど学んでこなかった。
 やっと「友達付き合いというのを始めてみた」ぐらいなんだから。
 こんなことに対応するのは、難しすぎる。
 いったい、どうしたら……。


そのとき。
   ガラッ
教室のドアが開く音がして、だれかがツカツカと、わたしと田野井さんのほうに、歩いてきた。

「――なにか、問題が起きているみたいね」

 ……えっ、この子って……!?
 まっすぐにやってきて、わたしと田野井さんの前で立ち止まったその女の子は、にっこりと笑う。
「え~と…………、七音さん?」
「覚えていてくれてよかった。宇佐美さん、ひさしぶり」
 目の前にとつぜん現れた彼女――深沢 七音さんは、にこっと笑顔を見せる。
 彼女と会ったのは、たった一度だけ。
 あれは……マサキといっしょに「ある大事件」にかかわっていたとき。
 悪者におそわれそうだったわたしを、助けてくれたんだ。
 あのナゾの少女が、今、わたしと同じ制服を着て、目の前に立っている。
 ……どういうこと?
 わたしが混乱していると、田野井さんが、けげんそうな目を、七音さんに向ける。
「どうして、となりのクラスのあなたが、ここにいるの?」
 七音さんって、となりのクラスなんだ。
 学校のことについて、うとくて、ぜんぜん知らなかった。
「このクラスで、なにかトラブルが起きてるらしいって、きいてさ」
 七音さんは、当たり前のように答える。
 田野井さんは、七音さんの答えに、いらだったように顔をしかめる。
「そういうことじゃなくて。となりのクラスの、しかも1週間前に転校してきたばかりのあなたには、関係ないでしょ!」
 田野井さんが、声をあららげる。
 あ、七音さん、1週間前に転校してきたばかりなんだ。
 それなら、わたしが知らなかったのも当たり前……でもないか。
 田野井さんは、知ってたみたいだし。
 やっぱり、わたしが学校生活に対して、無関心すぎるらしい。

「まあまあ、田野井さん。……こういうときは、第三者の冷静な視点というのも必要でしょ? 1つずつ整理してもいいと思うんだ。あなたにとっては、なくしたネックレスが返ってくればいいわけなんだから」
 七音さんは、田野井さんにけわしい目を向けられても、平気な顔で言いかえしてる。
 田野井さんも、そんな七音さんにあきらめたのか、大きなため息をつく。
「それなら本当に、冷静に判断してよね。この状況、だれがどう見ても、あやしいのは宇佐美さんでしょ」
「――そうでもないと思うよ」
 七音さんが首を横にふって、まわりで聞き耳をたてていたクラスメイトも、ざわっとした。
「えっ……どういうこと?」
田野井さんが困惑したように、ききかえす。
「トラブルが起きたときは、まずどんなふうに物事が起きたのか、冷静に思いかえしてみるのが、一番だと思う。というわけで、あたしが調べたかぎりで、順序だてて説明させてもらうね」
 七音さんは、田野井さんだけじゃなく、わたしやクラスメイトに向けて話しかけるように、顔をめぐらせる。
 そのせいか、教室全体が、とりあえず七音さんの話をきいてみよう、という雰囲気に変わっていく。
「……わかったわ」
 田野井さんは、不満そうな顔ではあるものの、うなずいた。

 七音さんは、落ちついた声で話しはじめる。
「このクラスの1限目は、体育だった。田野井さんはネックレスをはずして体操服に着替え、授業に参加した。そして、授業が終わってもどってみると、ネックレスがなくなっていた」
 七音さんの説明に、田野井さんはうなずく。
「その体育の授業に出なかったのは、クラスでは3人。そのうち2人は学校を欠席していて、宇佐美さんは遅刻で、あとから学校にきた。体育の授業中になくなったわけだから、ほかのクラスも当然だけど授業中。だれもが勝手に学校内をうろつけるわけじゃない。だから田野井さんは、遅刻してきた宇佐美さんが怪しいと考えた」
「そうよ! だって宇佐美さんを教室で見たのは、体育の授業からもどってきたときだったし」
 田野井さんが、わたしを横目でにらむ。
 そんなことを言われても、わたしはなにも知らないんだから、どうしようもない。
 いったい七音さんは、どういうつもりなんだろう?
 犯人がだれか、わかっているのかな。
「ところで、田野井さん。あたし、転校してくるときに確認したんだけど、この学校の校則では『アクセサリーは、学校内で表立ってつけないことを条件に可(高価なものは除く)』となっているのは知ってる?」
 七音さんが、田野井さんの顔をのぞきこむ。
「ええ……そうよ。だから学校では見えないように服の下につけてたわ。それが今、関係あるの?」
 アクセサリーを身につけることは、校則違反じゃないんだ。
 アクセサリーに興味がないから、知らなかった。
「じゃあ、あなたがネックレスをしていることを、ほかのクラスメイトは知っていた?」
 七音さんが、きく。
「ええ。友だちは知ってたわ。でも、友だちを疑ってるなら、見当ちがいよ。アクセサリーといっても高価なものではないし」
「でも、大事なものだったんじゃない?」
「どうして……! わたし、そんなこと言っていないけど」
 七音さんの言葉に、田野井さんがおどろいた顔をする。
「そんな疑心暗鬼になる必要はないわ。みんな、あなたがネックレスを大事にしていることは知っている。。
もちろん、宇佐美さんもよ」
「じゃあ、どうして……!」
 田野井さんは、じれったくなったのか、声をあららげそうになる。
「ところで田野井さん。ネックレスは、どこにしまったの?」
 七音さんが、重ねてきく。
「教室で外して、かばんにしまっておいたわ」
「そのかばんは、教室にあったのね?」
「そうよ! だから、遅刻して教室にきた宇佐美さんが、あやしいって話になっているんでしょ」
 そうだったんだ。
 これまでの田野井さんの話には出てこなかったから、わたしには初耳だ。
 たしかに、外したアクセサリーを更衣室においていたなら、わたしがうたがわれるのは、おかしいものね。
「でも、田野井さん。授業中の教室に入れるのは、遅刻した生徒だけじゃないでしょ?」
「どういうこと?」
 田野井さんが、けげんそうな顔をして、七音さんを見かえす。
「たとえば、授業のない先生とか」
「先生!? それはそうだけど、先生は、生徒のかばんの中身までは見ないでしょ」
「そうだけど、……田野井さん。もしかしてネックレスを外していたとき、いそいでいなかった?」
「それは……ネックレスの留め金がなかなか外れなくて、授業におくれそうで、あわててたかもしれないけど……」
 田野井さんの声は、だんだん自信なさげになっていく。
「かばんに入れたつもりのネックレスが、ちゃんと入っていなくて、教室の床に落ちてたら……そしてそれを、見まわりをしている先生が見つけたら、どうすると思う?」
「まさか……!」
 田野井さんが、おどろいた顔をする。
「もちろん、ひろって預かるでしょ。あたし、ここにくるまえに職員室でちょっと、きいてみたの、アクセサリーの落とし物はありませんでしたかって。そうしたら、あるって。見せてはもらわなかったけど、それが田野井さんのものじゃないかな?」
 七音さんの言葉に、教室がざわめく。
 思ってもいなかった答えに、クラスメイトもとまどっているみたい。
「……わたし、確認してくる」
 田野井さんはそう言って、走って教室を出ていく。
 5分ほどして、もどってくると、田野井さんの表情はわかりやすく、気まずそうなものに変わっていた。
「……職員室にあった。先生が、教室に落ちてたのをひろったって……」
 田野井さんが、言いづらそうにぼそぼそと言う。
 その言葉に、クラスメイトがざわつく。
 一方的に宇佐美さんのことをうたがってひどい、みたいな声もきこえる。
 わたしとしては、うたがいが晴れたのなら、それでいいんだけど。
 田野井さんは気まずそうだし、これで彼女の立場がなくなるほうが、かえってこまる。
 どう言ったらいいのか、迷っていると、七音さんが、
「よかったわね田野井さん、アクセサリーが見つかって! 大切にしているものなんでしょう?」
人なつっこい笑顔で、ほがらかに言った。
「え、ええ……」
「大切なものをなくしたって思うと、取り乱しちゃうよね。でも、なくしものって、だいたい、ちょっとしたかんちがいだってことも多いの。誤解で決めつけて、クラスがギスギスしたら、つまらないわよね。おたがいに気をつけましょ!」
 七音さんが、よく通る声で言う。
 その明るいようすに、なんとなくみんながホッとした雰囲気になる。
 ざわついていたクラスメイトが、静かになって、雰囲気も「見つかってよかったね」というものに変わっていく。
 クラスメイトが流されやすいというよりは、七音さんがみんなの気持ちが収まる流れをうまく作った、というほうが正しそう。
 どうしてだろう、七音さんの話し方って、ふしぎに説得力がある……と考えていた、そのとき。
「あの……宇佐美さん」
 気づいたら田野井さんが、目の前にいた。
「うたがって、ごめんなさい」
 田野井さんが、申し訳なさそうに頭をさげてくる。
「べつに気にしてないよ。七音さんが言ったみたいに、誤解がとけたなら、それでいいんだから」
 わたしの答えに、田野井さんは、ほっと息をついている。
 これで解決、とクラスメイトの集まっていた視線も、それぞれに散って、いつもの昼休みの教室にもどっていく。

 ふぅ……。
 なんとかなって、よかった。
 それもこれも、七音さんのおかげだけど。
「ありがとう、七音さん。……また助けられたわ」
 わたしは、七音さんに言う。
「誤解だったんから、あたしがこなくてもいずれとけていたでしょうけどね」
 そうかもしれない。
 けど、そのときはこんなふうにスムーズに、話は終わらなかったと思う。
 うまく立ちまわれないわたしと、アクセサリーをなくしていらついていた田野井さんの間で、クラスが気まずいムードになっていたはず。
 こじれずにすんだのは、やっぱり七音さんのおかげだ。
「ところで、宇佐美さん。……あのときのことは、どうにかなったの?」
 七音さんが、ふいに声をひそめて、わたしにきいてくる。
 あのときって……はじめて会った、七音さんに助けられたときのことだよね。
「う、うん、だいじょうぶ。あの日も今日も、ありがとう。すごく助かった」
 わたしも小声で答える。
「そう。それはよかった」
 七音さんは、それ以上はきいてこない。
 わたしも、かるがるしく説明できないことだから、質問されないことが、ありがたい。
「七音さんっていったい、なにものなの?」
 わたしは、代わりに気になっていたことをたずねる。
 だって、どう考えたって、ただの高校生には思えない。
「会ったときに、ちゃんと言ったじゃない。――探偵だって」
 七音さんは、少しだけ不満げに、頬をふくらませる。
 探偵って……。
 たしかに、ニュースでときどき名前をきく、高校生探偵の白里響みたいな人もいるけど……。
ああいう人は、ごくごく例外のはずだ。
 七音さんが、同じっていうわけないだろうし。
 わたし、ごまかされてるのかな?
「それはそうと、『さん』はいらないよ」
 七音さんが、親しみのこもった笑みを向けてくる。
「そ、それならわたしのことも、桜子で」
 名前呼びをする友だちなんて、はじめてだ。
 ちょっと緊張しつつ、わたしもこたえる。
「これからよろしくね、桜子」
 七音は、右手を差しだしてくる。
「こちらこそ、……七音」
 わたしは、七音の右手を、おそるおそるにぎる。
 ――こうして、わたしと七音は、友だちになったんだ。

おわり


『怪盗レッドスペシャル』はこれからもつづくよ!
七音と桜子がかつやくする『怪盗レッド20 パートナーからのSOS☆の巻』は3月9日発売!


怪盗レッド20 パートナーからのSOS☆の巻

  • 作:秋木 真 絵:しゅー
  • 【定価】770円(本体700円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046320490

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER


もっと読みたいキミにオススメ! 


作家プロフィール

関連記事