連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. 【1分で読めるこわい話】『きょうふ小学校』おためし入学
  5. 【1分で読めるこわい話】『きょうふ小学校』 【じごく級】聞いた話

【1分で読めるこわい話】『きょうふ小学校』 【じごく級】聞いた話


 

みなさん、ようこそ『きょうふ小学校』へ!
ここは、わるいことをしたり、ルールをやぶったりした子がまよいこむ、
とってもこわ~い場所だよ。
え? なになに? こわい話が待ちきれないって?
それじゃあ、さっそくはじめようか……!

\2024年2月7日発売予定/
『1分で読めるこわい話 きょうふ小学校』の本では1冊で39のお話が読めるよ!

。。○○もくじはコチラ○○。。



 ちょっとちょっと、そこのお二人さん。すこし話を聞いていきませんか。

 え? わたしのようなあやしいピエロとは、お話ししないって?

 そこをなんとか、おもしろいお話をご用意しております。

 ええ、聞いた話ではありますが、ちょうどあなたたちのような小学生二人組のお話でございます。

 その子たちはこわいお話が大好きでございましてね。色んな本を読んだりテレビを見たりして、こわいお話を楽しんでいたんです。

 でもその二人は、だんだんとそういうお話だけでは満足できなくなってしまいました。

 そこで、きもだめしをしようという話になったんです。

 内容はカンタン。

 夜の小学校に入りこみ、校舎の中を一周できたら成功。

 そう決めた二人は家を抜けだして、いきようようと夜の学校へとむかいました。

 校門をとびこえて、しょうこう口から中へ。

 ビクビクしながらも、一階、二階、三階とろうかを歩いていったんですね。

 そこまではなにも起きずじゅんちょうだったのですが、四階でおかしなことが起こりました。

 なんと、音楽室のほうから、ピアノの音が聞こえてくるのです。

 ジャジャジャジャーン……

 その音を聞いた二人は、顔を見合わせました。

 でも、こんなことでおじけづいてはいられません。

 二人は勇気を出して、音楽室のとびらを開け、中を見てみたんです。

 すると中にはピエロのかっこうをしたとても大きな男の人がいて、ピアノをひいていたんだそうな。

 そのピエロは二人を見つけて、

「見たな」

 と一言だけ言ったそうです。

 その後、その二人のゆくえは分かっていないらしいです。

 もちろんその音楽室であったできごとも、その二人以外はだれも知らないままなんですって。

 こわいですよね。

 



 

<つぎの話を読む!>

 

【書誌情報】

1話1分で読める、こわ~い話がもりだくさん!
わるいことをしたり、ルールをやぶった子は、きょうふ小学校にまよいこんで、ブキミな教室に閉じ込められちゃう!? 休み時間に読めちゃう、とってもこわくて、オモシロイ話がいっぱい!


1分で読めるこわい話 きょうふ小学校

  • 作:松本 うみ  絵:小津
  • 【定価】792円(本体720円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046322937

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER

 

\ほかにもつばさ文庫の作品がたくさん読めるよ!/


こちらの記事も読まれています