連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. どっちが強い!? 記憶の島
  5. どっちが強い!? 記憶の島 第2話-06

どっちが強い!? 記憶の島 第2話-06


 君たちは手荷物にあったブランケットで、はだをかくしながら静かにその場をはなれた。言葉もかわさないでしばらくじりじりと移動していたから、君以外の仲間が本当にそばにいるのか不安になるほどだった。
 やがて辺りには静けさがもどり、君はようやくブランケットをはがして周りを見わたした。
「どうやらいなくなったみたいね。よかった~」
 シェリーがブランケットをパタパタとはたきながら少し笑顔になった。
「でも、どこかまだ近くにいることはたしかだぜ。ほら、何か音が聞こえる」
 ジェイクが耳に手をそえて警戒した。たしかに聞こえる。でも明らかに虫が出す音ではない。木々や草をふみたおすような、ガサガサとさわがしい音だ。

▶次へ進む

関連記事