連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. どっちが強い!? 記憶の島
  5. どっちが強い!? 記憶の島 第2話-04

どっちが強い!? 記憶の島 第2話-04


 君がバックパックからスプレー缶を取り出すと、それを指さしジェイクが言った。
「それ、髪の毛をセットするヘアスプレーじゃん!」
 見ると『ガチっとまとめてキープ!』なんて書いてある。虫よけと間違えてヘアスプレーを持ってきてしまった!
「かせよ~」
 ジェイクがふざけて髪にふきかけた。ハードスプレーでジェイクもターゼンもツンツンヘアになり笑い出した。
「『怒髪天をつく』って故事成語、知ってる…?」
 シェリーの髪がスプレーなしで逆立った様子を見て、ジェイクとターゼンはあわてて自分の髪の毛をぐしゃぐしゃにする。怒髪天をつくというのは、激怒している様子のたとえだ。彼らのやり取りに君がくすくす笑っていると、そこにソフィーがぶつかってきた。
「どうしたソフィー?」
「ハチが飛んできてる!」
 ソフィーはハチからのがれようと身をよじらせた。ちょっとした群れになって接近している。
「ハードスプレーでハチの羽やクモの足を固めると、やっつけられるって聞いたことがあるぜ!」
 ジェイクがスプレー缶を指さしニヤリと笑った。

▶ヘアスプレーをかけて退治する
▶ブランケットをかぶりやりすごす

関連記事