連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. どっちが強い!? 記憶の島
  5. どっちが強い!? 記憶の島 第1話-3

どっちが強い!? 記憶の島 第1話-3


「過去にピトー管という航空機の速度計のある場所に虫がつまってしまったという例はあるね」
 ビーンからすぐに返答があった。速度計を調べたが、そこは問題なさそうだ。
「虫がぶつかっただけなら大丈夫だろう。このまま進もう」ジェイクが言ったので、君は次の島まで仮眠を取ることにした。
 …ところが、ターゼンの言っていた「変な音」は大きくなってきて、君は目を覚ます。間を置かず機体ががたつく。このまま飛行するのは危険だ。君は緊急着水にそなえて、シートベルトを強くしめて、体を前に丸めた。
 ジェット機はなんとか無事に海の上におり、爆発の危険も少ないようだ。しばらくすれば救助隊が来てくれるだろう。何もない海の景色に目をやり、君は途方にくれた。

ゲームオーバー


▶第1話の最初にもどる