連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 図鑑
  4. わくわくサバイバル図鑑
  5. 【Mission】防災のサバイバル 地震に備えろ!

【Mission】防災のサバイバル 地震に備えろ!


YouTube登録者数120万人超の「ハイサイ探偵団」が初めて監修した「サバイバル図鑑」!! 登場人物はハイサイ探偵団のメンバー16名!離島や無人島でたくさんの冒険をしてきたハイサイ探偵団ならではの知識やテクニックが満載です。 ゆかいな仲間たちと一緒に「サバイバルミッション」にいどんで、生きる力を学ぼう!
今回のミッションは「防災のサバイバル」です!地震が起きたときにあわてないように普段から備えておきましょう。


救助を呼べ!


サバイバルのキホン

日本は世界的にみても地震の多い国です。今後も大きな地震が起こる可能性が高いので、地震が起きたときにあわてないように普段から備えておきましょう。落ち着いた行動が大切です。



どんなことに備えておけばいいの?

サバイバルテクニック

地震のときはどう行動する?

地震のときの行動ポイント
❶ 強い地震のときは、上から落ちてくるものやたおれそうなものに注意します。つくえの下などにかくれ、ゆれが収まるまで姿勢を低くして、頭を身近なものでガードしましょう。
❷ 地震が起こると家がゆがんだり、ガラスが欠けたりして出られなくなることがあります。とじこめられないように、にげるためのひなん経路を作っておくことも大切です。
❸ 地震のときに火事は起きやすいです。ガスの場合は元せんを閉めて、火が起きないようにしましょう。



地震が収まったらどう行動する?

ポイント
車に乗っているときに地震がきても、いつもどおりに落ち着いて道路のわきに車をとめることが大切だね。



書籍情報

わくわくサバイバル図鑑
監修 ハイサイ探偵団



これ一冊あれば無人島だってこわくない。遊びを通して生きる力を学ぼう!

YouTube登録者数120万人超の「ハイサイ探偵団」が初めて監修した「サバイバル図鑑」!!
登場人物はハイサイ探偵団のメンバー16名!
離島や無人島でたくさんの冒険をしてきたハイサイ探偵団ならではの知識やテクニックが満載です。
ゆかいな仲間たちと一緒に「33のサバイバルミッション」にいどんで、
「火起こし」「シェルター作り」「水の確保」「食料の調達」「危険生物への対処」「防災情報」などなど、
明日からもし電気やガス・水道が止まったとしても、自然のなかを生き抜く力を身につけましょう!

また、「なぜ海水は飲んだらダメなの?」「どうして火はつくの?」「食べ物がくさるってどういうこと?」など、
大人もすぐには答えられないような子どもたちの疑問も分かりやすく解説。
理科の教材や夏休みの自由研究のヒントにも役立ちます。

★本書のポイント
・小学校低学年からでも読めるように、すべての漢字にはルビを振り、用語も分かりやすいものに統一
・オールカラーのイラストとストーリー形式の誌面で、サバイバルに必要な知識やテクニックを楽しく理解できる
・持ち運びできる本のサイズ・重さなので、キャンプや外遊びのお供として、実践的に使うことができる

★さらに、以下のような嬉しい要素もいっぱい!
・ハイサイ探偵団の過去の実話エピソードも収録! 4コママンガでおもしろおかしく読める!
・巻末にはメンバー16名全員の直筆メッセージも収録! など

もくじ
1章 水 (「水のろ過方法」「植物から水を集める方法」など)
2章 火 (「いろんな火起こしの方法」「かまどの作り方」など)
3章 基地 (「ロープの作り方」「ねどこの作り方」など)
4章 食料 (「食べられる貝」「ワナの作り方」「魚のさばき方」など)
5章 危険生物 (「海や山の危険な生き物」「クマの対処法」など)
6章 救助 (「ケガの対処法」「熱中症の対処法」など)
7章 防災 (「地震や台風への備え」など)
・実話エピソードのハイサイ通信 4コマ付き
・ハイサイ探偵団メンバー16名からの直筆メッセージ なども収録


わくわくサバイバル図鑑

  • 監修 ハイサイ探偵団
  • 【定価】1,320円(本体1,200円+税)
  • 【発売日】

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER

作家プロフィール

関連記事