連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. 『絶体絶命ゲーム3 東京迷路を駆けぬけろ!』【新刊発売!リプレイ連載】
  5. 『絶体絶命ゲーム3 東京迷路を駆けぬけろ!』【新刊発売!リプレイ連載】第1回

『絶体絶命ゲーム3 東京迷路を駆けぬけろ!』【新刊発売!リプレイ連載】第1回


11月9日発売の最新刊『絶体絶命ゲーム12 ねらわれた歌姫を守れ!』には、初代・絶体絶命ゲーム王者の「あの人」が、ふたたび登場!
あの熱いゲームを全文もう一度ふりかえり読書して、準備をカンペキにしておこう!(全4回)
毎週月曜日更新予定!

◆第1回
[これまでのお話]
絶体絶命ゲームは、小学生の間で都市伝説のようになっている、命がけのゲーム。
勝つとどんな望みでもかなえられ、負ければ命に保証はない――。
そんなゲームなのに、ギリギリのところで2回も勝ちのこってしまった春馬。彼のもとへ、いま新たな招待状が!?
(この小説は『絶体絶命ゲーム3 東京迷路を駆けぬけろ!』に収録されています)




◆1 渋谷に集まれ!
 

『─爆発まで、あと10秒、9秒、8秒、7秒、6秒……』

 館内放送のカウントダウンが、つづいている。

 武藤春馬は、長い塔の螺旋階段を駆けあがっていた。

 どうしたんだ。

 足をあげているのに、思うようにのぼれないぞ。

「春馬、助けて!」

 階段の下から、聞きおぼえのある声が聞こえてきた。

 中央の吹きぬけから下を見ると、滝沢未奈が手をふっている。

「どうして、ここにきたんだよ!」

 春馬が大声で聞いても、未奈は答えない。

 もう時間はない。でも、未奈をおき去りにはできない。

『……3秒、2秒……』

 引きかえそうとしたが、あがってきた階段が消えている。

 

 どういうことだ!?

『1秒、0……。この塔は、爆発します』

 爆音とともに、壁や階段がくずれる。

 ─もうダメだ。

 ぼくは死ぬんだ。なら、せめて……。

 未奈にむかって、春馬が手をさしのべようとしたとき、

『次は……渋谷、渋谷……。お出口は右側でございます。……』

 ─あれ? この放送はなんだろう?

 

 体がゆれて、春馬は目がさめた。

 乗っていた電車が、渋谷駅に到着した。

 ……なんだ、夢だったのか。

 座席で眠って、不吉な夢を見てしまったようだ。

 まさか、正夢じゃないだろうな。

 電車から降りた春馬は改札をとおり、渋谷の街に出た。

 派手なファッションの若者。

 背広すがたのサラリーマン。

 おしゃれな少女たちに、外国からの観光客。

 この街は、曜日に関係なく、いつもにぎわっている。

 3月最初の日曜日は、雲ひとつない晴天だ。でも、春馬の気持ちはどんよりとしていた。

 昨日、携帯に1通のメールが届いた。

 

武藤春馬くんへ

明日、『絶体絶命ゲーム』が開催されます。

これまでのゲーム参加者は、な、な、な〜んと、審査なしで参加することができます。

今回の勝者には

『絶体絶命ゲーム』初代チャンピオンの称号が与えられ、

副賞として、願いを1つ、かなえてもらうことができます。

ゲーム中は、ほかの参加者たちと、楽しく会話ができます。

参加希望者は、『新聞 破る 桜 数個 手』の下に集まってください。

ただし、参加者の命の保証はないよ。

 

─『絶体絶命ゲーム』は、あなたの人生を変える。

                           ゲーム主催者

 

『絶体絶命ゲーム』とは、小学生の間で都市伝説になっている、命がけのゲームだ。

 どんな手段を使っても、お金がほしい者や、人生を変えたい者が参加できて、勝ち残れば1億円がもらえたり、希望をかなえてもらえたりする。

 ただ、負ければ、命の保証がない。

 春馬は、思いがけず、2回も参加することになり、何度も危険な目にあった。

 ─どんなことがあっても絶対に、もう二度と、『絶体絶命ゲーム』には、参加しない!

 春馬はそう心に決めていた。しかし、メールには興味を引く一文がある。

 

   ゲーム中は、ほかの参加者たちと、楽しく会話ができます。

 

 昨年の10月に転校して以来、ゆくえがしれない、親友の上山秀介。

 ゲームで知りあった滝沢未奈、2人にも同じメールが送られているはずだ。

 2人はどうしているだろう?

 ゲーム後、ほかの参加者に会うことは禁止されている。

 このままだと一生、2人には会えない。そんなのはイヤだ。秀介や未奈も同じ気持ちのはずだ。

 2人はゲームに参加するのだろうか?

 そう考えると、いても立ってもいられない。

 気がつくと、メールの暗号を解いていた。

『新聞 破る 桜 数個 手』の5つの言葉に関連性はなさそうだ。それなら、アナグラムか。

 5つの言葉をカナにしてみる。

『シンブン ヤブル サクラ スウコ テ』

 メールの文面から、答えは場所だと推測できる。

 じっと文字を見ていると、ある地名が隠されていることに気づいた。

 シブヤだ。渋谷で有名な場所といえば、ハチ公前広場だけど……。いや、ちがうようだな。

 ほかには……。そうか、わかったぞ。

 秀介と未奈は、『渋谷スクランブル交差点』にくるだろうか?

 

 渋谷スクランブル交差点に着いた春馬は、小首をかしげた。

 ほんとうにここでいいのかな?

 まだ集合の8時より前だけど、ここが『絶体絶命ゲーム』の集合場所とは思えない。

 もう一度、メールを確認して、勘ちがいに気づいた。

 集合場所は─渋谷スクランブル交差点の下だ!

 JR渋谷駅の地下には、小さな商店街と、3本もの地下鉄の駅がある。

 階段を駆けおりていると、「春馬!」と声をかけられた。

 ふりむくと、秀介が駆けてくる。小学校入学からの親友だ。それが、前回の『絶体絶命ゲーム』のあと、いきなり転校してしまった。正確には転校させられた、かな……。

「秀介、元気だったか?」

「うん、久しぶりだな。春馬、少し背が伸びたんじゃないか」

「そうか、自分では気づかないけど……サッカーはつづけてるんだろ?」

「やってるよ。県の大会で準優勝したんだ」

「すごいな。こっちは秀介がぬけて得点力がガタ落ち。1回戦負けだよ」

「そんなことより、春馬はあのゲームに参加するつもりなのか?」

 そうだった。今はそのことが重要だ。

「……参加するつもりなんだな。春馬の顔にそう書いてある」

 親友だけあって、秀介には春馬の考えていることがわかるようだ。

「まだ決めたわけじゃない。でも……。そういう、秀介はどうなんだ?」

「おれは参加しない。ここに来たのは、おまえを止めるためだ」

「ぼくを?」

「このゲームが危険なのは、春馬が一番知ってるだろう。すぐに帰ったほうがいい」

 そうしたいけど……。ぼくが帰ったら、未奈はどうなるだろう。未奈がくると決まったわけじゃないけど……。

 春馬が考えていると、人ごみのむこうに、見知った仏頂面が見えた。

 ほんとうは笑ったらかわいいのに、未奈は、いつも不機嫌そうな顔をしている。

「未奈だ。止めないと!」

 春馬は駆けだした。

「待て、春馬! いったらダメだ」

 春馬は人ごみをかきわけて走るが、人が多くてなかなか近づけない。

「未奈!」

 大きな声を出したが、雑踏にまぎれて聞こえないようだ。

 

 彼女が、ある店に入っていくのが見えた。

「あそこは?」

 地下の一角に、壁一面が唐草もようの、あやしげな店がある。

『ゲームセンター・危機一髪』と、派手な看板が出ていて、店の前に着物すがたの大男がいる。

 危機一髪とは─絶体絶命、ということだ。集合場所はここにちがいない。

 未奈を連れもどさないと……。

「待て、春馬。そこに入ったら、ゲーム参加ということになるんだぞ」

 遅れてやってきた秀介が、春馬を止めた。

 こまった。でも……。

「未奈を1人で、参加させるわけにはいかない」

 春馬が言うと、秀介がため息をついた。

「そう言うと思ったよ……わかった、いけよ。タイムリミットになるぞ」

「……秀介、もっと話したかったけど……」

「死ぬなよ、春馬。生きていたら、また会える」

 おおげさではなく、このゲームは命がけだ。

 久しぶりに会えた親友なのに、長話できなかった。

「未奈を、守れ」

「ごめん、秀介。ありがとう……」

 秀介を見おくって、春馬はゲームセンターの前へいく。

「招待状は?」

 着物の大男に言われて、携帯画面を見せる。

「入りな」

 映画館の入り口のような、ぶあついドアが開き、春馬は覚悟を決めて、店に入った。

 薄暗い照明のがらんとした広い部屋は、床、壁、天井まで緑と白の唐草もようだ。入り口のドアが1つあるだけで、窓はなく、ゲームセンターと書かれていたが、ゲーム機は1台もない。

 まるで唐草もようの箱に入れられたようだ。

 室内には、春馬と同じ歳くらいの男女が数人いる。

 すぐに目についたのは、体の大きな強面の男子だ。彼からは殺気のようなものを感じる。

 そのとなりに、小柄でつぶらな瞳の女子がいる。

 

 春馬はその女子に見おぼえがある気がした。だが、どこで見たかは思いだせない。

「オレがどないしようと、勝手やろう!」

「竜也までくる必要はなかったんや!」

 強面な男子と小柄な女子が、どなりあっている。2人は知りあいのようだ。

 春馬は、ほかの参加者に視線をむける。

 さらさらの髪に、すんだ瞳の女子は、緊張しているようで、何度も大きく深呼吸している。

 四角い顔の、ぼさぼさ髪の男子は、床に座りこんで、じっとしている。

 おしゃれなシャツを着た丸顔の男子は、うつむきながら、みんなを観察しているようだ。

 ほかの参加者には目もくれず、ダンスのステップを練習している色黒の女子もいる。

 やさしそうな笑顔の色白の男子は、ほかの参加者に話しかけている。

 部屋の奥に、未奈がぽつんと立っていた。

 春馬が未奈に声をかけようとしたとき、

 ゴ───ン と鐘の音が鳴りひびいた。

 8時になったのか。

 どこからか、みやびな笛や太鼓の和楽器の調べが流れてくる。天井から、桜の花びらがはらはらと舞い、つややかな着物すがたの女性があらわれた。

   カーン!

 拍子木の音と同時に、静寂が訪れる。

「─花のお江戸で産湯をつかいィ、生まれたときから容姿端麗ェ。鳥肌タツとはァ、あァたァしィのォこォとォでェェェ! 縁あって『絶体絶命ゲーム』の案内役をやることになったよ、文句のあるやつァ、出ェてェおいでェェェ!」

 ……えっ、この女性が今回の案内人?

 




◆2 願いをかなえてあげる!

 

「おやおや、どうしちまったんでェ? みんな、鳩が豆鉄砲を食ったような顔をしてるじゃなィか。そんなことじャァ、『絶体絶命ゲーム』に勝てねェよォォォ!?」

 タツは、歌舞伎役者のように見得を切った。

「あの、ここって『絶体絶命ゲーム』の会場にまちがいないですよね」

 冷静な口調で質問したのは、やさしそうな笑顔の男子だ。

「そうだよゥ。ここにいる全員が『絶体絶命ゲーム』の参加者だァ。言っとくけど、もーう扉は閉まっちまった。あともどりァできねェからね。ここから先ァ勝つか負けるか、生きるか死ぬか、彼岸か此岸か、2つにひとつの世界だよ。勝者は『絶体絶命ゲーム』初代チャンピオンだァ!」

「勝てば、願いごとば、かなえてくれるっちゅうのは、ほんとうなんばいよね」

 四角い顔の男子が、博多弁で言った。

「火星旅行がしたいとか、タイムマシンで戦国時代にいきたいとか、実現不可能な願いごとは却下だよ。でも、可能な願いごとなら、なんでもかなえてあげるさァ」

 それを聞いて、四角い顔の男子は目を輝かせる。

 

「まずは自己紹介だァ。はしっこのアンタからだよ」

 タツに指名されたのは、やさしそうな笑顔の男子だ。

「ぼくの名前は豊川慎太郎、小学5年生です」

「おっと、待った。ここにいるのは全員が小学5年生だ、学年は言わなくてもいいよ。ゲームに参加した理由と、願いごとはなんだぃ?」

「参加理由は、お金がほしいからです。両親は共働きだけど、うちにはお金がないんです。ワーキングプアというそうです。安い給料で長時間、働かされているんです。だから、お金がほしいんです」

「願いは金だね。で、いくらほしぃんだぃ?」

「ウワサでは、1億円をもらった人がいるって聞きましたけど……」

「実際に1億円もらった人がいるよ。あァ、めんどくせェから、お金がほしい人は1億円で統一だよ。次は、となりのダンサーちゃんだァ」

 

指名された色黒の女子は、くるりとバク転をしてみせた。

「アタシは土屋サオリ。趣味はダンスとスノーボード。ボードはワールドクラスよ。でも、海外遠征とかでお金がかかるから、両親からやめろって言われてんの。でも、自分でかせげば問題ないっしょ。1億円あれば、一年中ボードできるわ。ぜってぇ、ゲットするよ!」

 サオリは親指を立ててやる気をアピールした。

「スノーボードかい、かっこいいねぇ。願いごとは1億円だね。次は、となりのおしゃれくん」

 タツはチェック柄のおしゃれな服の男子を指名する。

「園田幸一です。父は会社を経営していて、はっきりいってお金には特にこまってません。でも、自分で会社を作ってみたくて。資本金が必要でしょう。親にもたよりたくないし……。それでゲームに参加したんだ。優勝したら1億円ください」

「わかったわ。それじゃ、次……」

 四角い顔の男子が博多弁で自己紹介する。

「おれは、福田大樹。……大雨で川が氾濫して……建てたばかりん家が流しゃれたんや」

 去年は大きな台風がいくつも日本列島を直撃した。特に九州では被害が大きかった。

 春馬は、氾濫した川に家が流される映像をニュースで見た。

 その中に、大樹の家もあったのだ。

「ばってん、のうなったのは家だけやなか。50年ローンで建てた家がゴミになって、両親はすべての気力ばなくしたとよ。今は避難所で生活しよるけど、生きるぬけ殻ばい」

「願いごとはなんだい?」

「家族3人で安全で幸せに暮らせる家がほしか。それが、おれの願いばい」

「大樹の家は九州だったね。地元の安全な場所に、頑丈な家を建ててあげるわ。次は、彼女ね」

 タツに指をさされたのは、さらさら髪のすんだ瞳の女子だ。

「二階堂理子といいます。2年前に、父が過労死しました。でも、会社は慰謝料も払ってくれないんです。父さんの命を奪ったのに、なにもしてくれない」

「理子は、妹が2人いるんだったね」

「はい、7歳と、5歳の妹と、母の4人暮らしです。今は、母が1人で働いて家計を支えています。贅沢は言えないとわかってます。でも、たまには家族で遊びにいきたい。それに、わたし、勉強も好きだから塾もいきたいです。だから、ゲームに勝ってお金がほしいんです」

「願いごとは1億円でいいね」

 次に、小柄な女子といっしょにいる、ごつい体の男子に話を聞いた。

「赤城竜也だ。ゲームに参加したのは、こいつを守るためや。願いは、こいつを歌手にすること」

「ほーう、恋人のために参加とは、ロマンチックだねェェェ」

「こ、恋人やない。幼なじみや」

「まぁ、いいわ。それじゃ、その幼なじみさん、アンタは?」

 竜也の横にいた小柄な女子が自己紹介する。

「鹿野奏や。アタシは貧しい暮らしをしてる。……でも、それは耐えられる。将来きっと、自分の力で、こんな生活から這いあがってみせる。生きていればやけど……」

「それは、どういう意味だい?」

「……義父の酒癖が悪くて、酔っぱらって毎晩暴れるんよ。警察に相談したけど、なんもしてくれへん。このままじゃアタシは殺される。だから、ゲームに勝って生きたい。願いは、生きることや」

「アホ、ちゃうやろう。おまえのことはオレが守る。だから、願いは歌手デビューやろう!?」

 竜也が言葉をはさんだ。

「それじゃ、竜也が殺されちゃうでしょう」

「オレは多少のことじゃ死なねぇ。だから、おまえは歌手になれ」

 

 そうか。どこかで見たと思ったんだ。

 春馬は、どこで奏を見たのか思いだした。

 半年くらい前、テレビのオーディション番組で、奏は最終審査に残っていた。

 優勝を逃してデビューはできなかったが、その歌声は審査員も絶賛していた。

 そのあとスカウトが訪れたが、両親が莫大な契約金を要求したせいで引きかえしたと、ネットニュースになっていた。

「はいはいはい、もういいわよ。やめな!」

 タツが、奏と竜也の言いあらそいを止める。

「願いは、ゲームに勝ってから決めりゃいい。それより、このゲームは命がけだってことを忘れなさんな。と言うより、生きるってことは、本来、命がけなんだ。アンタたちは平和な日本に生まれたから、考えたことないかもしれないけどね、野生の動物なら、生まれたときから、生きるか死ぬかの戦いが始まるんだ。人間だって、紛争地帯に生まれたら、死ととなりあわせの毎日だよ。平和がどれだけありがたいか……。おっとごめんよ、あたしとしたことが興奮しちまった。まずはこのゲームで勝つことを考えな。次は、滝沢未奈ね」

「どうして、あたしの名前を知ってるんですか」

「アンタはゲーム経験者だからね。未奈も武藤春馬のことも知ってるよ。……三国亜久斗もね」

 「なななななに!?」

 春馬は、思わず大きな声を出した。

 ここに入ったとき、亜久斗はいなかったはずだけど……。

 部屋を見まわすと、入り口のドアのそばに、亜久斗がいた。

 時間ギリギリに入ってきたのだろうか?

「知りあいが顔をそろえたようだね。積もる話もあるだろうが、あとにしな。未奈はどうして、また参加したんだい?」

 タツに聞かれて、未奈はこまったような顔をした。

「それは……、ゲームで知りあった人がくると思ったから……。春馬とかメイサとか……あと、ゲームに勝って、願いごとをかなえてほしいから……」

「アンタ、一度ゲームに勝っただろ。ゲームのスリルが忘れられないんじゃないかい?」

「ちがいます!」

 きっぱり言って、未奈はタツを睨みつけた。

「あたしの願いは………………自由です」

 春馬は耳を疑った。

「『絶体絶命ゲーム』で知りあった友だちと、自由に会って話ができるようになりたい。それが、あたしの願いです」

 彼女は、春馬たちに「会うため」にここに来たわけじゃない。

 ゲームに勝って、「みんなと自由に会えるようにするため」に参加したんだ。

「なるほど、それが未奈の願いね。春馬はどうだい?」

「ぼくも同じです。未奈や秀介に、自由に会いたい」

「なんだい、つまらないねぇ。1億円もらうより、友だちと会えるほうがいいってのかい?」

 未奈と春馬は大きくうなずいた。

「三国亜久斗はどうだい?」

「おれの参加理由は、ゲームに勝って初代チャンピオンになることだ。それは必然的に春馬や未奈に勝つことになる。願いごとは1億円にしよう。もらえるものは、もらっておく主義だ」

「よし。自己紹介が終わったね。今回の『絶体絶命ゲーム』は……おや、この煙はなんだい?」

 どこからか、白い煙がただよってきた。

 次の瞬間、火災報知機のベルが鳴りひびく。

『─火災が発生しました。火災が発生しました。すみやかに避難してください』

 

 緊急放送だ。

 照明が消えて、非常灯に切りかわる。

「火事とケンカは江戸の花って言うけどね。こりゃァ大変だァ! みんな、避難しな!」

 タツに言われて、春馬たちは顔を見あわせる。

 みるみるうちに、真っ白な煙が充満して、視界が悪くなる。

 とりあえず、この部屋から出たほうがよさそうだけど……。

 未奈はどこだろう?

 春馬が、きょろきょろしていると、

 「ドアが開かんばい!」

 出口の前で大樹が叫んでいる。

 まずいぞ、どうすればいいんだ。

 火は見えないし、熱くもないが、煙で息苦しくなってきた。

「アンタたち、こっちの非常口から逃げな!」

 タツが、大声で叫んでいる。

 見ると、奥に非常口という照明が灯って、1人がとおれるくらいの小さなドアがある。

 あんなところに、非常口なんてあったかな?

 

「春馬、どうする?」

 考えこんでいると、未奈が声をかけてきた。

「非常口から逃げよう。いこう!」

 奏と竜也、大樹、慎太郎、亜久斗が非常口に入っていくのが見えた。

「ぶつからないように、前の人と間隔を開けるんだよォ」

 タツは大きな声で指示したあと、すばやく防護マスクをつけた。

 どうして、あんなものを持っているんだ?

 違和感をおぼえた春馬だが、今はそのことを考えている余裕がない。

「未奈、先にいって」

 未奈を非常口に入れると、うしろで咳きこむ声が聞こえてきた。

 逃げおくれている人がいるようだ。

 煙の中から、理子がふらふらしながら歩いてくる。

「きみ、大丈夫かい? こっちだよ」

 春馬が手を貸そうとすると、横から飛びだしてきた影があった。

「邪魔だよ!」

 理子をつきとばしたのは、幸一だ。

 

「おい、なにするんだ!」

 春馬は幸一の前に立ちふさがる。

「どけよ! ぼくの命は、お前たちのようなクズとちがって、貴重なんだ!」

「なんだって!?」

「力ずくでも、とおしてもらうぞ!」

 幸一が殴りかかってくる。

 春馬がサッと避けると、幸一はニヤリと笑って、そのすきに非常口に飛びこんだ。

「……なんだあいつ。ひどいやつだな」

 春馬は、床に倒れた理子に手を貸す。

「大丈夫かい? 先にいっていいよ」

「う、うん……」

 理子を非常口に入れると、春馬も頭がくらくらしてきた。

 煙を吸ってしまったようだ。

 頭がぼうっとする。早く逃げないと……。

 非常口に入ると、そこははばの細い、真っ暗な廊下だ。

 5〜6歩進んだところで、ふいに床がなくなった。

 「うわぁぁぁぁぁぁ!?」

 春馬は、穴の底に落ちていった。
 

つぎのページへ・・・▶

関連記事