連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. 【特別連載】『スピカにおいでよ 放課後カフェとひみつの仲間』ためし読み
  5. 【特別連載】『スピカにおいでよ 放課後カフェとひみつの仲間』ためし読み 第1回

【特別連載】『スピカにおいでよ 放課後カフェとひみつの仲間』ためし読み 第1回

【学校でもない。家でもない。見つけた!わたしの大事な場所】大人気作家・夜野せせりさんが、つばさ文庫に登場! 『スピカにおいでよ』1巻冒頭を特別連載♪ ユーウツな気分をふきとばす、応援ストーリーです!





   1 迷子のわたしと、きらきら男子

 

 

 どうしよう。わたし、……道に迷った!

 わたし、高梨(たかなし)くるみ。もうすぐ6年生になる。

 いろいろあって、この街に引っ越してきたばかり。

 まだ春休み中だけど、今日はママと新しい学校に行って、先生にあいさつしてきたんだ。

 ママはすぐに会社に戻っていったけど、わたしは、まっすぐ家に帰らずに、こっそり探検していたの。

 学校をはなれて、住宅街に入って。くねくね曲がる坂道を、ぐんぐんのぼっていって……。

 そしたら、すっごく見晴らしのいい場所に着いたんだ。

 街並みも見渡せるし、遠くには海まで見えるの!

 でも……。

 ふとわれにかえった瞬間に、気づいた。

 ここ、どこ!? ぜんっぜん、わかんない!

 家まで帰る道どころか、学校までどうやって戻るのかもわかんないよ。

 これって迷子? わたしもう6年生になるのに~!

「とりあえず坂をくだろう」

 自分に言い聞かせるようにつぶやいた。冷静になれ、わたし。

 なにげなく、スカートのポケットに手を入れると。

「…………あれ? ない」

 あるはずのものが、ない。

 ポケットをさぐる。やっぱりない。

 わたしの大事な大事なキーホルダーが、ない! たしかにポケットに入れていたのに。

 まさか、どこかに落としちゃった?

 さーっと血の気がひいた。

 来たばかりの街で、いきなり迷子になって。しかも、大切な宝物までなくしてしまった。

 とっさにその場にしゃがんで、探し始める。ない。

 のろのろと歩道をくだりながら、注意深く足もとに目をこらす。

 それでも、ない。

「どこで落としたんだろう……」

 すぐ脇の道路を、バスが走っていく。通り過ぎる時、パリッとタイヤが何かを踏む音がした。

「まさか、さっきの」

 わたしのキーホルダー? バスにつぶされちゃった?

 わたしはその場にへたりこんだ。

 ただのキーホルダーじゃない。前の学校の「親友」にもらった、世界でたったひとつのキーホルダーなのに。

 サイアクだよ、わたし。じわりと涙が浮かんでくる。

 きゅっと、手の甲でぬぐった。すると。

「どうしたの? 具合悪いの?」

 声が降ってきた。男の子の声。

「あっ。あのっ、大丈夫です!」

 とっさに立ち上がった。

 わたしに声をかけた男の子と、目が合う。

 さらさらと風にそよぐ、つやのある、みじかい黒髪。

 アーモンド形のぱっちりした目に、すっと通った鼻すじ。

 この子、すごくかっこいい。

 見た感じ、わたしと同じぐらいの年……かな。

 男の子は、かたちのいいまゆを寄せた。

「こんなところでしゃがみこんでるから、てっきり。それに、涙目だし」

「…………!」

 泣いてるの、気づかれた? うそ、恥ずかしすぎるよ!

「えっと、あの、ちがうんです。ちょっと探し物してて。だっ、大事な物をっ、落としたから」

 しどろもどろになってしまう。

「探し物?」

「き、キーホルダーなんですけどっ」

 パニックになって、聞かれてもいないのに答えてしまった。

 ただでさえ初対面の人としゃべるの、苦手なのに! いきなり恥ずかしいところを見られて、どうしていいかわかんないよ。

「それって、これ?」

 男の子は、わたしの目の前に、キーホルダーを差し出した。

「こ、こ、これ!!」

 まちがいない。わたしの「推し」のRUKA(ルカ)を、アニメキャラ風にしたマスコットがついている。RUKAは、大好きなガールズアイドル「リアライズ」のメンバーなんだ。

「親友」といっしょに、いつも「リアライズ」の話で盛り上がっていたっけ……。

「よかった。この坂をのぼってくる途中で拾ったんだ」

 男の子はほほえんだ。

 はっと、われに返る。

 は、は、恥ずかしい……!!

 涙目になってまで必死に探していたのが、アイドルのマスコットつきキーホルダーだなんて。

 前の学校で、言われたことがある。

 高梨みたいな地味で暗いヤツが、リアライズに憧れてるとか、ウケる、って。

「どうしたの? 大事な物なんでしょ?」

 何も言わずにうつむいてしまったわたしに、男の子はたずねる。

 顔を上げると、男の子はふしぎそうに首をかたむけた。

「あ、あの」

「ほら。手、出して」

「は、はい」

 とっさに差し出したわたしの手のひらの上に、男の子は、キーホルダーをぽとんと落とした。

 にーっと、男の子は笑う。

 その笑顔が、光をまとっているように、きらきら、きらきら、かがやいて見えて……。

 頭がぽーっとして、顔が熱くなった。

 どうしたの? わたし。

「じゃあね」

 男の子は手をひらひら振ると、行ってしまった。

 ぼんやりと、その後ろすがたを見送る。

 男の子は、坂道のてっぺんにある、白い建物の中に入っていった。

 思わず、駆け寄ってしまう。

「ここ、カフェ?」

 白いペンション風の、木造の建物の入り口に、星のかたちをした青いプレートがかかっている。

「スピカ……?」

 青い星のまんなかに、「Cafeスピカ」って、きらきらした金色の文字がおどっていた。

「あの子……」

 小学生、だよね。たぶん。

 ひとりでカフェでお茶するの?

 それとも、おうちの人と待ち合わせ?

 あっ、もしかして、ここがあの子の「おうち」とか?

 ぐるぐる、考えていたら。

 バッグに入れていたスマホが鳴った!

 ママからの電話だ!

 わたしはあわててその場を離れた。

 ママに、探検してて迷ったと正直に告げたら、怒られてしまった

 仕事で迎えに来られないから、自分でなんとか帰ってきなさい、って。

 わたしの話から、なんとなくここがどこだかわかったみたいで。ママは、学校まで戻る道を教えてくれた。

 とぼとぼと、坂道をくだっていく。

 ポケットの中に手を入れて、キーホルダーをにぎりしめる。

 あの男の子……。わたし、「ありがとう」も言えなかった。

 足をとめて、振り返る。

 青い空に、白い建物のりんかくが映えて、浮かび上がっているように見える。

 あの子が吸い込まれていったカフェ、――「スピカ」。

 

 ――この時のわたしは、まだ知らなかったんだ。

 「スピカ」が、わたしの大切な、ひみつの場所になること。

 あの男の子が、ひみつをわけあう、仲間のひとりになること。

 そして、わたしが、甘くてすっぱい、はじめての気持ちを、知ってしまうことも……。

 

 

   2 第一印象って、大事だよね!?

 

 

 先生が、黒板に大きく名前を書く。

 高梨くるみ。

 わたしの、名前。

 今日は始業式。新学期スタートの日だ。

 そして、わたしが新しい学校に通い始める日でもある。

「今日からみんな、6年生だな。進級おめでとう。さっそくだが、転校生の紹介だ」

 先生がはきはきと告げる。

「みんなの仲間になる、高梨くるみさんだ。この学校のこと、いろいろ教えてあげてほしい」

 6年3組の担任の前川(まえかわ)先生は、すらっとした若い男の人で、いかにも人気がありそう。

「さ、自己紹介して」

 先生が、にっこりとわたしに笑いかけた。さわやか全開って感じのスマイル。

 教室のみんなが、じーっとわたしを見ている。

 どうしよう、めちゃくちゃきんちょうする。

 ただでさえあがり症のわたしには、転校初日、しょっぱなの自己紹介っていうミッションはハードルが高すぎる。

 だって、第一印象ってすごく大事だよね?

 ここで失敗したら、みんなに「変な子」だって思われて、最悪、避けられるかもしれない。

 そう思ったら、いやなどきどきが止まらなくて……。

 じんわりと手のひらにあせがにじみ出る。

「高梨さん」

 前川先生が笑顔で圧をかけてきた。

 もう逃げられない。

 わたしは深呼吸して、一歩前へ踏み出した。

 とりあえずはきはきしゃべろう。そして、え、笑顔だっ!

「たっ、たかなし、くるみれすっ」

 思いっきり、明るい声を出した。……つもりだったけど。 

 声はうらがえるし、ふるえるし、なにより、噛(か)んだ!

 どうしよう、噛んじゃったよ!

 みんな、きょとんと目をまるくして、しーんと静まり返っている。

 ううっ、これなら笑われたほうがまし……!

「高梨さん。ほかにはない? たとえば、好きなものとか、しゅみとか……」

 先生にうながされる。

 す、好きなもの? しゅみ??

「え、えっと」

 好きなものはもちろん「リアライズ」。オーディション番組で選ばれた7人組グループで、わたしはデビューまでの密着ドキュメント番組も、公式動画もハマって観ていた。

 7人がダンスや歌のレッスンをして、ひたむきに努力しているのが、すごくかっこよくて……。

 って、そんなこと、ここで言えるわけない!

「す、好きなものはカレーライスです……」

 消え入りそうな声で、告げた。もう解放されたい。

「なるほど。この学校の給食のカレー、おいしいですよ」

 先生はにっこり笑った。

「高梨さんの席は、窓際後ろから2番目の、空いている席、あるよね? あそこです。また慣れてきたころに席替えするからね」

「は、はい」

 わたしの声、からっから。

 さっき教えてもらった、自分の席に目をやった。

 その瞬間、胸がどきんと鳴った。

 となりの席にいるあの子は、もしかして……!

 よろよろと、足を踏み出す。早く席につかないと。

 窓際1列目と2列目のあいだを、歩いていく。でも、足がふわふわして……。

「あっ」

 もつれた!

 と思った次の瞬間。わたしは、転んでいた!!

 うそでしょ? なにもないところでつまずくなんて……!

 痛い。足も痛いし、みんなの視線をビンビン感じて……痛い。恥ずかしすぎて起き上がれない。

 くすくすと、小さい笑い声が聞こえる。

 自己紹介で噛んじゃった時は、笑われたほうがましって思ったけど、ホントに笑われるのもきつい。

 絶対わたし、変な子だって思われてる。サイアクだよ。

 いつまでも起き上がれないわたしに、

「大丈夫?」

 声が降ってきた。

 この声。かあっと、全身が熱くなる。

 顔を上げると、男の子が心配そうにわたしを見つめている。

 やっぱりそうだ。あの時、わたしのキーホルダーを拾ってくれた子。わたしの新しい席の、となりに座っていた。

 男の子はわたしに手を差しのべた。

「足、ひねったの? 立てる?」

 やわらかくほほえんでいる。

 まただ。あの時と同じ。きらきら、光をまとっているように見える。どうして?

 ぽーっとしていると、

「キャーッ! 七瀬(ななせ)くん王子様みたい~っ!」

 声が飛んできた! 男子の声だ!

 とたんに、教室ががやがやと騒(さわ)がしくなる。

 ピーッと口笛が鳴ったり、「かっこい~」と茶化す男子の声があがったり……。

 女子も、ざわざわしているのがわかる。男子の声ほどは目立たないけど、あちこちから「ずるい」とか、「あの子、あざとくない?」とか、聞こえる。

 ずるい? あざとい? わたしのこと? 

 さっそく悪く言われてるの? それとも、空耳かな。わたしがマイナス思考すぎるせいで、なんでもかんでも悪口みたいに聞こえてるだけかも。

 でも……、つらい。

「ほんっと、みんなガキだよな」

 わたしに手を差しのべてくれた男の子が、ふうっとあきれたようなため息をこぼした。そして、

「これぐらいのことではしゃぐなって。高梨さん、ねんざしてるかもしれないんだぞ」

 すっごく冷静な声で、みんなに告げた。

 ね、ねんざ?

「へ、へいきですっ」

 わたしはすくっと立ち上がった。心配させて申し訳ないって気持ちで、いっぱいになったんだ。

「足も、ひねってませんから!」

「なら、よかった」

 男の子は笑って、

「きみ、転校生だったんだね」

 と、こっそりささやいた。

 あの時のこと、覚えてたんだ!

 さっきとはべつの恥ずかしさで、ふたたびわたしの顔に熱がのぼる。

 なにもこたえられないわたしに、男の子は、

「おれは七瀬昴(すばる)。よろしくな」

と、ほほえんだんだ……。


第2回へとつづく

※実際の書籍と内容が一部変更になることがあります。
 


『スピカにおいでよ』好評発売中!


スピカにおいでよ 放課後カフェとひみつの仲間

  • 作:夜野 せせり 絵:かわぐち けい
  • 【定価】792円(本体720円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046321619

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER

スピカにおいでよ ゆれる想いと仲間のきずな

  • 作:夜野 せせり 絵:かわぐち けい
  • 【定価】836円(本体760円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046321633

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER


つばさファン要チェック!


こちらの記事も読まれています