連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. 【1分で読めるこわい話】『きょうふ小学校』おためし入学
  5. 【1分で読めるこわい話】『きょうふ小学校』 【初級】カードゲーム

【1分で読めるこわい話】『きょうふ小学校』 【初級】カードゲーム


 

みなさん、ようこそ『きょうふ小学校』へ!
ここは、わるいことをしたり、ルールをやぶったりした子がまよいこむ、
とってもこわ~い場所だよ。
え? なになに? こわい話が待ちきれないって?
それじゃあ、さっそくはじめようか……!

\2024年2月7日発売予定/
『1分で読めるこわい話 きょうふ小学校』の本では1冊で39のお話が読めるよ!

。。○○もくじはコチラ○○。。



 今、ボクの小学校では大流行している遊びがある。

 それはトレーディングカードゲーム。

 ランダムにカードが入っているパックを買ったり、友だちと交換したりして集めたカードで、対戦するんだ。

 学校が終わると、みんなまっすぐに家に帰って、またすぐ公園に集まり、日が暮れるまでカードゲームであそぶ。

 クラスどころか学年中の男の子がやっているから、公園は毎日大もりあがり。

 でも、困ったこともあるんだ。

 やっぱり対戦ゲームだから強い子と弱い子がいるんだけど、ボクは弱いほうだということ。

 いや、ボクのウデはいいんだよ?

 問題なのは、レアカードをあんまり持っていないことなんだ。

 やっぱりレアなカードほど強いことが多いんだけど、それを集めるにはけっこうなお金がかかっちゃうんだ。

 ボクはおこづかいが少ないからあんまりカードを買えなくて、レアカードを持っている友だちに負けるたび、その友だちをうらやましがっていた。

 そんなボクに、とてもうれしいことが起きた。

「ハルキ、こんど誕生日だろう? なにか欲しいものはあるかい?」

「トレーディングカードのパックが欲しい!」

 お父さんに、こうおねがいしたら、なんと三十パックもプレゼントで買ってもらえちゃったんだ!

 机の上いっぱいに広がるパックの山。

 ボクには宝の山に見えたよ。

 やっぱり三十パックも買うと、レアカードもたくさん入っていた。

 これでボクもあの子たちに勝てるんだ!

 そう思うと、うれしくてたまらなかった。

 次の日の放課後。

 公園に、きのう当たったレアカードをたくさん持っていった。

「ハルキ、なんだかすごい自信だな」

「ふふ、きのうまでのボクとは一味ちがうから」

 そうしてレアカードを使って勝負したボクは、なんと連戦連勝。

 今まで負けてばかりだった友だちにも、初めて勝つことができたんだ。

「ハルキ強えー!」

「そのカードかっこいいなあ、いいなあ」

 そんな風にうらやましがる友だちの声を聞いて、ボクはなんだかいい気分になり、とっても楽しかった。

 家に帰ってからもその楽しさをかみしめて、今日はいい気分でねむれそうだと思っていた。

 洗濯機のまわる音が聞こえてきて、ポケットにカードを入れっぱなしだったことを思いだすまではね。

 

<つぎの話を読む!>

 

【書誌情報】

1話1分で読める、こわ~い話がもりだくさん!
わるいことをしたり、ルールをやぶった子は、きょうふ小学校にまよいこんで、ブキミな教室に閉じ込められちゃう!? 休み時間に読めちゃう、とってもこわくて、オモシロイ話がいっぱい!


1分で読めるこわい話 きょうふ小学校

  • 作:松本 うみ  絵:小津
  • 【定価】792円(本体720円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046322937

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER

 

\ほかにもつばさ文庫の作品がたくさん読めるよ!/


こちらの記事も読まれています