連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. 『歩く。凸凹探偵チーム』先行ためし読み
  5. 新時代の新型ミステリー登場! 『歩く。凸凹探偵チーム』先行ためし読み 第3回「激レア★アイテム盗難ギワク事件」

新時代の新型ミステリー登場! 『歩く。凸凹探偵チーム』先行ためし読み 第3回「激レア★アイテム盗難ギワク事件」


【「名探偵」は1人きりじゃない。「全員主役」のミステリーがスタート!】

自閉症のアルクの毎日には「こだわり」がいっぱいで、ちょっとメンドクサイ。でも、そんなアルクだからこその「気づき」が、みんなのナゾ解きの「カギ」になるんだ! 個性凸凹なチーム全員でナゾを解く、新しいタイプのミステリー。キミにはこのナゾが解けるかな?(毎週火曜日・全3回更新)

【このお話は…】
2回連続、華麗な事件解決の特ダネをのせて、大人気になった「虹小新聞」。
今度は、クラスメイトのあいだで盗難ギワクが…この疑い、ゼッタイ晴らさなきゃ!



3    激レア☆アイテム盗難ギワク事件

 平和だ……。
 桐野さん……いや、もう呼び捨てでいっか。
 桐野が、やたらとぼくたちに期待の目をむけてくること以外は。
「ねえねえねえ。もう謎解きの依頼はないの? 私の推理の出番は?」
「…………」
 言われるたびに、オヅはしぶ〜〜〜い顔になる。
 ラブレター事件を解決して以来、虹小新聞の評価はうなぎ上りだ。
 新しい新聞が出ると、喜んで読むやつが、アルク以外にも増えた。
 それはいいけど、オヅはネタ不足になやんでいる。
 桐野からの、しつこい売り込みも、めいわくそうだ。
「また勝手に捜査協力してくれたあげく、記事に注文だされちゃ困るけえの」
 捜査って……、いつからおまえ警官になった。
「しっかし……ネタがないのぉ! 事件がなさすぎるわい、この学校は!!」
 とオヅが吠える。
 ハハハ。だれのせいか、自覚がないらしい。
 ネタ不足のオヅが、ちょっとした事件でもすぐ新聞に書くせいで、学校内でいたずらが減った。
 ちょっとしたいたずらをあばかれたあげく、新聞に書かれたらかなわないもんな。
 結果的に、先生たちを喜ばせる結果になってしまった。
 事件なんて、そうそうおきてたまるもんか……とぼくが内心でつっこんでいるうちに、季節は夏が近づいて、プール開き前の大掃除の日が来た。

    ★
 ぼくらの学校は小さくて、1学年2クラスしかない。
 午前中、プールのなかをデッキブラシでごしごしこするのは、6年2組。
 ぼくら1組は、午後。プールサイドの掃除をする予定になっている。
 この割り当てをきいたとき、ぼくは内心ホッとした。
 ぼくのいとこ兼親友のアルクは、池のにおいがとても苦手だ。
 そして、プールのなかの掃除は、池に似たにおいがするらしい。
 去年、6年生が掃除しているわきを通ったとき、思いっきり顔をしかめていた。
 泳ぐのは大好きで、一度水にもぐったら、おぼれてるんじゃないかと心配になるくらい、水面に出てこないのにな。
 塩素のにおいがするプールの水のにおいは、平気。
 なのに、冬の間汚れっぱなしだったプールの中のにおいや、プールの横の更衣室に、かすかにたまる水のにおいは、いつもいやがっている。
 湿気がこもる更衣室は、たしかにぼくでも気持ちのいいものではないけど……。
 ぼくが「気になっても無視できる」くらいのちがいを「とてもつらく感じる」のがアルクだ。
 2組は、ぬれてもいいように水着着用で掃除するらしい。
 掃除が終わったら、先生に水をかけてもらって、騒ぐんだろうな。
 楽しそうだ。だけど、アルクのためには、1組がプールサイドの掃除でよかったと思った。
 体操服での作業なら、プールの更衣室に入らなくてすむ。
 アルクはなにごともないときは淡々としてるけど、心配事があると、ひとりごとが止まらなくなる。
 そうなっちゃうと、ちょっとめんどくさい。
 においだけじゃなく、アルクは音や光、手ざわり、いろんなことに人より敏感だ。
 低学年のころにくらべれば、最近では、うんとがまんできるようになってきたけど。
 それでもぼくは、アルクが不安やつらさを感じることは、なるべく避けたい……と思うんだ。

 プール大掃除の日の3〜4時間め、ぼくら1組は図工の課題で校内を歩きまわっていた。
 校内の風景でも、人物でも、なんでもいいからスケッチをするという課題だ。
 場所を変えて、何枚か描かなくちゃいけない。
 ぼくが裏庭にいくと、アルクもついてきた。
 いつものことだけど、一応言ってみる。
「アルク、ほかに行きたいところあったら自由に行っていいんだぜ」
「ここでいいです」
 アルクはたいてい、ぼくのあとをついてくる。
「有川理人といっしょにいる」というアルクのルールを守っていると、落ちつくんだろう。
 ぼくが裏庭で、ちょっとさびついた鉄棒の様子のスケッチをはじめると、アルクは、となりで、ぜんぜん違う絵を描きはじめた。
 それは「6年1組の窓から見える風景」だ。
 今ここで見ている風景じゃない。だけど、まるで目の前のものを描いているようにリアルだ。
 アルクは「記憶している」んだ。
 見なくても、頭の中に写真を撮ったみたいに、すごく正確な絵が描ける。
 こんなアルクの特技を、あの天津に教えたいと思う。
 おまえにこんなことできるか!って言ってやりたい。
 別に「特技があるからアルクはすごい」んじゃなくて、なんの特技がなくても、ぼくにとってアルクは、大切な存在なんだけど……。
 鉄棒のスケッチを終えたぼくは、アルクに声をかける。
「——今度は校庭のくすのきの絵を描こうかな。アルクは?」
 きくまでもなかった。
 ぼくが立つと、いっしょに立ちあがる。
 裏庭から校庭へむかう通路を通っていくと、そこでクラスメートの曽良と、それから少しおくれて五木くんとすれちがった。
「おー理人。今から校庭方面か? オレは今から裏庭行くんだ。じゃあなー」
 ソラはいつも、ほがらかなやつだ。
 一番仲のいい川野といっしょだと思ったのに、別行動してるみたいだ。
 五木くんとは、連れではないんだろうな。
 たまたま場所を移動するのが同時になったのかも。
 2人とすれちがった瞬間だった。
 アルクが、パッと手を自分の鼻にあてた。
 苦手なにおいがするとき、アルクは鼻をおおって守ろうとする。
 遠慮なく、「くさい」と口にしちゃうときもあるけど、今日はがまんしたようだ。
 2人が完全に遠ざかってから、ぼくは言う。
「——だめだよ、アルク。クラスメートにむかって、くさいなんて言ったら。……いや、クラスメートでなくても、とにかく、だれかにくさいなんて言ったらだめだよ」
「言ってません」
 まあ、たしかに、言ってはいないか。
「鼻をおおうのって、『くさい』って言ったのと同じことになるんだよ」
 言いながらぼくは、見えなくなったクラスメートのほうを振りかえった。
 さっきすれちがった、五木くん。
 彼のことを、「ゴキ」って呼んで、いじるやつがいる。
 漢字の読み方を変えただけと言えばそうだけど、やっぱり、あまり口にしてうれしい音じゃない。
 仲のいいやつなら、ぼくはあだ名か呼び捨てで呼ぶけど、五木くんは「イツキ」と呼ぶほどは親しくない。
 ——その五木くんが、今日着ていた服は、昨日も着ていたものだ。
 一昨日も、着ていたのを覚えている。
 同じ服を何枚も持っているわけじゃないことは、一昨日の給食で出たミートソースがちったしみが同じ場所にあったから、わかる。
 ようするに、着がえてない。
 このところ、だいぶ暑くなってきて……ほんのりにおった。
 以前は、こんなことなかった。
 最近の五木くんは、髪の毛もなんだか、べたついている。
 このあいだは、保健室の吉野先生が、五木くんを呼んでいるところをみかけた。
 そのあと、五木くんの髪はさらさらになっていた……。
 ぼくは「ゴキ」だなんて呼んで、いじわるする気にはならない。
 だけど、なかよくするような接点もない。
 五木くんはいつも静かな子で、口数が少ないから、なにに興味があるのか、なんの話をしたらいいのか思いつかない。
 だけど、そんな五木くんに災難が降りかかったんだ。

    ★
「ゴ〜キ! オレの本、盗んだだろ!」
 2組の武田が、昼休みに1組の教室まできて、大きな声で言った。
 オヅが、すばやく立ちあがった。
 五木くんをかばうためっていうより、また、新聞記事のためなんだろうな。
 アルクも同時に立ちあがった。手を鼻にあてている。
 武田とその仲間たちは、アルクの横を通り抜け、五木くんをとりかこんだ。
「と、と、と、とってません……」
 五木くんの声は、蚊がなくように小さい。
「オレらが、プールの掃除をしているとき、ゴキが更衣室に入ってったって、ソラが証言してるんだ、まちがいねーよ!」
 ソラが?
 そう言えば、図工の時間、すれちがったとき、ソラのそばに五木くんがいたな……。
 そのとき、ソラがぼくに声をかけてきた。
「あ、理人。おまえも見ただろ、ゴキが更衣室のほうから来たの?」
 ……武田だけじゃなく、ソラまで「ゴキ」って呼ぶのか。
 ぼくは、いやな気持ちになった。
「見てないよ。すれちがっただけじゃないか」
「で、で? なくなったもんは、なんなんじゃ?」
 オヅが、取材記者っぽく話に割りこんできた。
「ポケTゲームの特典ガイドブックだよ」
「あー、あの抽選であたる激レアなやつか。武田、あたったんか、すごいな!」
 スマホで遊べる大人気の位置情報ゲームで、アプリを起動させながら歩きまわると、宝物をゲットできる。
 宝物と言っても、もちろんゲーム上のことだ。
 でも、その宝物によっていろんな能力を身に付けることができて、バトルで有利なんだそうだ。
 スマホを持ってないぼくには関係ないけど。
 どこへ行くとなにがゲットできるかを知るには、偶然か、口コミがたより。
 その攻略本の抽選プレゼントのCMを最近見た。
「でも、そんなもの、なんで学校に持ってきて、なんで更衣室に持ってったんだよ」
「オレがあたったって、みんなが信じないからさ、見せてやろうと思って。プールの掃除の間に盗まれたらいやだし、教室においておかなかったんだ」
 そのとき、女子の声がわりこんできた。
「ばっかねータケダ。五木くんが、そんなもの、とるわけないじゃない」
 桐野だ。
「五木くんはスマホ持ってないんですもの。ゲームができないんだから、いらないでしょ」
 そのセリフ、オヅも言おうとしていたらしく、ちょっとくやしそうに桐野をにらんでいる。
 武田が胸をそらして、桐野を見下ろす。
「ばっかだなあ。高く売れるんだよ! それに桐野、おまえ、他人事みたいに言っているけど、おまえも容疑者の1人なんだからな!」
「はぁ? なに言ってるの?」
 容疑者って……。
「だって、おまえも男子更衣室に入っただろ!」
「ん? ……ああ。だって私、風邪ぎみだから、水着にはならなかったし。プール備品の文字の消えかけているのを書きなおす係だったでしょ。マジックをとりに行って、プールにもどるとき、男子更衣室を通過するのが近道なんだもの。だれもいない時間だったし、いいじゃない」
「今んとこ、オレらが掃除中に、更衣室に入ったのは、桐野とゴキだけなんだ! おまえらのうちのどっちかが盗ったんだろ!」
「ボ……ボクは更衣室に入ってないよ」
「私だってとらないわよ、そんなもの。私はスマホを持ってるけど、ゲームはしないもの。そもそもゲームのタイトルが『ポケT』って。Tはトレジャーの略かもしれないけど、ポケットティッシュみたいでダサい名前って思ってたもの」
「でもな、桐野、その本が入ってた袋、トレジャーエンジェルの限定袋だぜ?」
 武田がじろりと見ると、
「ええっ! それはほしいわ。トレジャーはトレジャーでも、そっちはほしいわ!」
 目が輝いてる……。
 ——桐野は、演技ができるタイプじゃない。
 最近人気のアニメの限定袋ならほしい! っていうのは本心だろう。
 っていうことは、「盗んでない」のも本当だろう。
「そういえば、ゴキの妹が、うちの妹のトレジャーエンジェルのペンケース、うらやましそうに見てたって聞いたぞ。もしかしてゴキ、妹のために限定袋がほしかったとかじゃないか?」
 ソラが言って、みんなの目が五木くんにむかう。
 武田が言う。
「なあ、ゴキ。袋はやるからよ、せめて、本かえしてくれよ」
 まるでゴキが盗んだことが決定してるみたいな言い方だ。
「ボ、ボクじゃない」
「じゃあ、犯人は桐野だっていうのかよ?」
「き……桐野さんはそんなことするヒトじゃないよ……」
 五木くんは、武田の目をしっかり見て言った。
 
 結局、五木くんは認めず、本も出てこないまま、放課後になった。
 武田も、先生には言わなかったらしい。
 そんなものを学校に持ってきてたのかと叱られるだろうし。
 五木くんを犯人あつかいする空気だけ、そのまま教室に残ってしまった。
 でも、ギワクの根拠は、ソラの目撃情報だけだ。
 桐野なんて、更衣室へ入ったことを本人も認めているのに、五木くん犯人説のほうが有力っていう空気だ。
 気に入らない……。
 さいわいだったのは、1組の終わりの会のほうが早くて、武田たちがうちのクラスにおしかけてきたときは、五木くんは帰ったあとだったってことだ。
 だけど……。


次のページへ▶

こちらの記事も読まれています