連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. サバイバー!!
  5. 【先行連載】サバイバー!! 第1回

【先行連載】サバイバー!! 第1回


「いみちぇん!」「星にねがいを!」で大人気! 
あさばみゆきさんの新シリーズ「サバイバー!!」を一足早く公開中!

 

あたし、双葉(ふたば)マメ。春、あこがれの5年S組に入って、今日から夢の生活がはじまる――って思ってたんだけど!? 

 

 

 B、B、B……。

 朝の会がはじまる直前。

 成績表のうえに、ツツーッと指をすべらせる。

 国語、算数、理科、社会。

 くわえて体育、英語、音楽、図工も……ぜんぶ

 ごくりとノドをならし、一番だいじな「サバイブ科目」に指をとめた。

 

(こう)C・(しゅ)C・(じん)

 

「ぎゃっ!」

 思わず悲鳴をあげちゃったよ!

 成績表を渡してるとちゅうの先生も、ワイワイしてるグループも、みんながこっちを見る。

 あたしはあわてて成績表をとじ、アハッと笑ってごまかした。

 ……タッ、タイヘンだっ。

 こんなサイテー最下層の成績表、だれにも見せらんないぞ。

 とくに成績が優秀なコか、なにかズバぬけたトクイがあるコばっかり集まってる、

 このS組の生徒たちには——っ。

「わぁ、ココがS組? 見たかんじ、わたしたちの教室と変わんないね」

 窓のむこうの廊下から、「ふつうクラス」のコたちがのぞきこんできた。

「いやいや、午前中はうちらと同じ授業だけど、午後からヤバイらしいよ」

「うん。オトナもぶったおれちゃうよーな訓練をするんだって」

「ぎゃ~、わたしにはムリッ。さすがS組、すっごいね~」

 通りすぎてった彼女たちの、キョーミしんしんな会話。

 教室の中のコたちは、誇らしげな目で視線をかわす。

「でもウワサだけどさ、サバイブ科目がぜんぶなのに、S組に入ったヤツがいるってよ?」

「うっそ! そんなのとチーム組まされたら、ヤバイじゃん」

「人を救けるどころか、こっちが全滅!? カンベンだよー!」

 クラスメイトたちは明るく笑う。

 ヒェェェ……ッ。

 わたしはますます肩をすぼめた。

 そう。そのオールCのヤバイのが、あたし、双葉(ふたば)マメですっ!

 

 五年生の新学期。

 本日からはじまる、特命(とくめい)生還士(せいかんし)の養成クラス、通称「S組」!

 特命生還士っていうのは、どんな災害の現場でも、かならずきぬき、要救助者けてってくる——そう、救助のプロ!

「サバイバー」とも呼ばれる、正和時代のヒーローなんだっ。

 もちろん彼らは、五年まえの大災害でも、数えきれない命を救ってくれた。

 あたしは将来、ぜったいにサバイバーになるって決めてる。

 そんなコが集まったのが、このトクベツ養成クラス。

 強勇学園では、五年から参加できるんだよ。

 

 おなじ夢をもつ仲間たちとの訓練の日々が、いざ始まる——

 

 ってワクワクしてたのに!

 進級テストの成績表には、キビしすぎる現実が……!

 ほそ~く開いた成績表のすきまに見える、Cの行列。

 な、なんであたし、この成績でS組に入れたんだろ?

 兄ちゃんの、双葉(ふたば)ノドカの顔が頭にうかんでくる。

 優秀なコたちの中でも、とびぬけて優秀だったらしい、ノドカ兄。

 その妹が、この成績って。

 先生たちもガッカリしただろうな。

 ザンネンながら、妹のほうは、なんにもズバぬけたとこがないトクイなしなんです。

「ねぇ、マメちゃん。成績表のここんとこ、どーいう意味?」

 

 

 

<第2回へつづく> 

次回の更新は6月12日(土)を予定しているよ

楽しみに待っててね!

 

 

※実際の書籍と内容が一部変更になることがあります。

 

 

「サバイバー!!」第1回目の感想を教えてください☆

 



注意点

※回答は1話1回までだよ!

※書いたら、字のマチガイがないか、もう一度読みなおしてね

※感想に絵文字は使えないので注意してね

アンケートにご回答いただいた内容は、角川つばさ文庫のチラシや宣伝物、書籍の中のほか、KADOKAWA児童書ポータルサイト「ヨメルバ」や、児童書公式ツイッターアカウントで紹介させていただく場合があります。また、個人情報を併記しない形で、弊社のPR記事・広告等に掲載させていただく場合があります。

さいごに、おうちの人に見てもらうと安心だね。

特にメールアドレスの書きまちがいに注意してね。

ご登録の際にお客様からご提供いただいた個人情報につきましては、株式会社KADOKAWAの個人情報保護の方針の定めるところにより、適正にお取り扱わせていただきます。