連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. 【先行連載】しゅご☆れい探偵
  5. 【先行連載】しゅご☆れい探偵 第2回

【先行連載】しゅご☆れい探偵 第2回


80万部突破の「こわいもの係」や「キミト宙へ」シリーズの
人気作家・床丸迷人さんの新シリーズ「しゅご☆れい探偵」を一足早く公開中です!

しゅご☆れい探偵 床丸迷人・作


『たからさがし』
 

2 ちーちゃんからの電話

 

 え? ええ?

 いやいやいやいや、怖い怖い怖いっ。どういうことだよ、それっ!

 可能性は低いかもだけど、『とおのしゅうご』って同姓同名の人違いでは……。

「知らないよ、そんなの。いいから早く代わってよ」

 なにやら不気味なモノを感じとったのか、玲(れい)がぐいぐいとスマホを押しつけてくる。

 やめろよ、玲が拾ったんだろ、まったく!

「あぁもう、わかった、わかったから」

 根負けしたオレは、かなりビビりつつスマホを受けとる。

 画面には『千夜』と表示されてあった。電話をかけてきた人物の名前だろう。

 ……ん? 千夜?

 頭の中のすみっこのすみっこで、カチッとなにかのカギが開く音が響いたような気がした。

  この名前……たしかどこかで……と、首をかしげつつ、おそるおそるスマホを耳に当てる。

「……え、えっと、も、もしもし」

“もしもし?”

 すこしあまえたようなおさない声が、オレの耳をなつかしくくすぐった。

“わたし千夜(ちよ)だよ。ちーちゃんだよ”

 え……?

 頭の中でパッとなにかがはじけた。



 

 脳みその奥の奥にしまいこんでいた記憶の箱のふたが、おおきくパカッと開いた……って、そんな感じ。

 同時にノスタルジックな温かみが、胸の中から全身に、じゅわあっと広がる。スマホを持つ手がしびれたようになって、全身に軽く震えが走った。

「……え、え、ひょっとして?」声も震える。

“ふふ、その『ひょっとして』だよ、シュゴくん”

 う、う、う、うわぁぁぁあ。

 十二年ほど生きてきたけれど、オレのことを『シュゴくん』って呼ぶのは、後にも先にもただ一人だけ。

 もう間違いない。

「幼稚園の……よいこの森幼稚園のちーちゃん……だよ、ね」

“おぼえててくれたんだ、良かったぁ”

 女の子は――ちーちゃんは、オレの記憶に残るあのころの声そのままに、ホッと安心した息をついた。

「うわ、すごいすごい。ひさしぶりっ! わぁあ、マジかぁ」

 こっちの声もおおきくはずむ。

“うん、お話するのは五年とちょっとぶり、だね”

「そうだよな。いやいや、なつかしすぎるってコレ、いやホント」

 なんだかめちゃくちゃ興奮して、すこし鼻息も荒くなる。

「ねぇ」

 すっかり蚊帳の外となった玲が、不機嫌そうな顔でオレのわき腹をつんつんとつついた。

「だれ?」

「あ、ああ、えーっと、同じ幼稚園にいた千夜って名前の子。オレ、小学校に入る前はN県に住んでただろ? そのとき通っていた幼稚園の一つ年下のクラス……」

 そこまで言ったところで、オレは、「ん?」と言葉をつまらせた。

 あ、あれ?

 なんだかヘンじゃないか、これ?

「ひさしぶり」とか「なつかしい」なんて軽い言葉で、キャッキャしていい話じゃないような気がする。

 すこしとまどいながら、ふたたびスマホを耳に当てる。

 「あ、あのさ、このスマホって、ちーちゃんの……スマホ?」

“うん。借りものだけどね”

 あっさりと返してくる。

「え、えっと、じゃ、じゃあさ、これがココに落ちてたってことは、ちーちゃんは今、M市に住んでるってことなのか?」

“ううん、違うよ”

「そ、そう……なんだ」

 でもそれって、やっぱりおかしすぎるんじゃないか?

 奇妙な違和感に頭をひねっていると、ちーちゃんが、

“あのね、わたし、シュゴくんにお願いがあるんだ”と言った。

「お願い? なに?」

“そのスマホ、すこしの間、シュゴくんにあずかっておいてもらいたいの”

 え? コレを? 「あ、う、うん、それはまぁいいけど……」

“あと、そのスマホってちょっと特殊(とくしゅ)なの”

 特殊?        

“だから、その……気を悪くしないでもらいたいんだけど、あんまりあちこちさわらないでほしいんだ”

「あ、う、うん」

 まぁ、むかしの知り合いとは言え、オレとちーちゃんは他人同士だ。

 当然に個人情報とかプライバシーとか知られたくない秘密があるだろうから、その要求はあたりまえのことだろう。

“特にカメラ機能で人間を撮(と)っちゃダメだからね。自撮(じど)りもダメ。絶対のぜったいダメだから。ねっ”

 妙に力が入ったお願いだ。

 けど、人を撮影しちゃダメってどういうことなんだ?

“お願い、そうでないと、すっごく困ったことになるの。それだけは約束して”

 ちーちゃんの必死さにとまどいながらも、

「あ、う、うん。わかった」と約束する。

“ありがとシュゴくん。じゃあまた今夜、えーっと八時に電話するよ。くわしい話はそのときにね”

「ああ、わかった。じゃまたな」

“バイバイ”

 別れの言葉を交わして、ふつと電話が切れるなり、

「ねぇ」と、玲がまたわき腹をつついてきた。「それどうするの? 交番に届けないの?」

「いや、コレ、ちーちゃんのモノみたいだから」

「ふぅん。じゃあその子ンちに届けに行くわけ?」

「いや、オレがあずかっておくことになった。ちーちゃんの家はN県だから、すぐには取りに来られないし……」

「え? なんで?」と、玲が目を丸くした。「なんでN県に住んでる子のスマホが、ここに落ちてんの?」

 う、うーん……そう言われても。

 けど、このシチュエーションならだれだってまず、その疑問を抱くよな。

  オレが今住んでいるのはH県M市だ。N県とは、電車や新幹線を使って数時間かかるくらいの位置関係にある。

 夏休みや冬休みでもないこの時期に小学生が……いや小学生でなく大人であっても、たやすく行き来できる距離じゃない。お金だって、そこそこかかるわけだし。

 それなのに、なぜかたまたまオレたちの通学路にN県のちーちゃんのスマホが落ちていて、たまたまそれを見つけて拾ったのがオレたちで、そのタイミングでたまたまオレあての電話がかかってきた。

  そんな怖いほどに奇跡的な偶然って、はたして起こりうるものなのか?

  宝くじの一等を当てるほうが、まだ確率が高いような気がする。

「ね、ねぇ、いろいろヘンだよ、そのスマホ。だいじょうぶなの?」と、玲はすこし気味悪そうに顔をしかめた。

 う、うん。言われるまでもなく、オレもそう思ってる。

 でも……。

「夜の八時に、また、ちーちゃんから電話がかかってくることになってるんだ」

 そう予告されていては、さすがに交番に持っていくわけにはいかない。

「とにかく今夜、ちーちゃんと話してみるよ。あんがいあっさりと真相がわかるかもしれないしね」

「ふぅん」

「いやぁ、それにしても懐かしすぎるって」

 オレはスマホをなくさないよう、ランドセルのポケットにしまいながらきげんよく笑った。「ちーちゃんって、すっごくちいさくて、かわいい女の子でさぁ……」

 数年ぶりのちーちゃんとの会話で、オレはすこしうきうきと浮かれていたようだ。

「あ、そ」

 玲はおもしろくなさそうに唇をとがらせると、プイとそっぽをむいた。

「あたし、先に帰るね。バイバイ秀悟」と、スタスタと歩きだす。

「え、ちょ、なに言ってんだよ?」

 オレと玲の家は道路をはさんで向かいあっている、いわゆるご近所さんだ。なにか特別な事情がないかぎり、小学一年生のときからほとんどいっしょに登下校してるってのに。

「あたしだってたまには一人で帰りたいこともあるの。じゃあねっ!」

 ぷくとほっぺをふくらませた玲は、すこし荒めの口調でそう言い残して、さっさと行ってしまう。

 ……なんなんだよ、いったい。

 オレはポカンとしながら、乱暴に縦揺れする赤いランドセルを見送ったのだった。

 

 

〈第3回へと続く〉
 

次回の更新は2月21日(月)を予定しているよ☆
楽しみに待っててね!

 


しゅご☆れい探偵(1) ふたりで、ふしぎな事件を解決します!

  • 作:床丸 迷人 絵:雨宮 もえ
  • 【定価】748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046321527

紙の本を買う

  • カドカワストア

電子書籍を買う

人気作家・床丸迷人さんのシリーズ作品!


四年霊組こわいもの係

  • 作:床丸 迷人 絵:浜弓場 双
  • 【定価】770円(本体700円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書変形判
  • 【ISBN】9784046313430

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER

キミト宙ヘ(1) 食いしんぼ王女のボディガード

  • 作:床丸 迷人 絵:へちま
  • 【定価】748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046318107

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER

このはなさくらさんの新シリーズ『海斗くんと、この家で。』も一足早く公開中!


関連記事