連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. 怪盗レッド スペシャル
  5. 怪盗レッド スペシャル 第10話 初代怪盗レッドの活動記録

怪盗レッド スペシャル 第10話 初代怪盗レッドの活動記録

中学生だけど、みんなにはヒミツで「正義の怪盗」をやってる、アスカとケイ。
そんな2人のかつやくを描いた「怪盗レッド」シリーズは、累計125万部を超える、つばさ文庫の超・人気シリーズです!

今回は、アスカとケイが、お父さんたち、「初代怪盗レッド」の活動記録を発見するお話です。

           

 

「ケイ、そのパソコンどうしたの?」

 土曜日の午後2時。

 わたしは、家のリビングで、ノートパソコンを使っているケイに声をかける。

 いつもは、部屋においてある自分のパソコンを使っているのに、リビングにいるし、さわっているのが、見かけないパソコンだから、気になったんだよね。

「……父さんに借りた」

 ケイが、パソコンのほうを向いたまま、こたえる。

(けい)(いち)(ろう)おじさんから? 自分のはどうしたの?」

 わたしは、ケイとわたしがいっしょに使っている部屋のほうを見る。

「……あっちには今、べつの作業をさせてる。そのあいだに、ほかの調べものをしておきたかった」

「なるほど」

 わたしはうなずきつつも、『パソコンにべつの作業をさせてるって、どういうことだろう?』と頭の中で首をかしげる。

 まあ、でも、はじめの質問にはこたえてもらったし、あんまりケイのじゃまをするのも悪い。

 わたしは、部屋に向かおうとする。

 ――と。

「これは……!」

 ケイが、めずらしく、少しおどろいたような声を出す。

 その声が気になって、ケイのほうをふり返る。

「どうかしたの?」

「アスカ……これ」

 ケイは、自分がさわっていたおじさんのノートパソコンの画面を、わたしに見せるように、少しずらす。

 説明するより、見せたほうが早いってことかな?

 わたしはケイのそばまで行って、ノートパソコンの画面をのぞきこむ。

「なになに……このフォルダ……え、『怪盗レッド活動記録』? なにこれ、ケイがつくったの?」

「ぼくじゃない。これは……父さんのパソコンに、元から入っていたデータだ」

 ん? それってつまり……。

「初代怪盗レッドの、活動記録ってこと!?」

 わたしはびっくりして、思わず声が大きくなる。

「そういうことになる」

 ケイが、うなずく。

「で、でもさ。おじさんも不用心じゃない? こんなに簡単にフォルダが見つかるようにしておくなんて」

 パソコンの画面を見ると、フォルダの中には、ナンバーがふられたファイルが、たくさん入っている。

 まちがって、だれかに見られたりしたら大変だ。

「いや、簡単じゃなかった。見えないようになっていたフォルダを見つけて、セキュリティがかかっていたのを、ぼくがさっき、こじ開けた」

 …………へ?

「そ、それって、おじさんは隠しておいたのに、そのフォルダをケイが無理やり開けちゃったってこと?」

「そう」

 ケイは、なんでもないことのようにうなずく。

「怒られるよ」

 やさしいおじさんだけど、そんなことをしたら、さすがに怒ると思う。

「いや。父さんはいつも、『侵入されるようなセキュリティにするのが悪い』って言ってるから」

 お、おじさん……。

 それでいいの?

 いや、すごくケイとおじさんらしいけどさ。 

「父さんのセキュリティを破れたのは、これで3回目」

 ケイは、心なしか、うれしそう。

 というか、ケイでも、3回しかセキュリティを破れたことがないんだ……。

 前にケイが、『パソコンのあつかいは、まだ、父さんにかなわない』って言ってた気がしたけど……。

「……それで、これを見る?」

 ケイが、わたしにきいてくる。

「見たいけど、本当にいいのかなぁ?」

 わたしは、人のパソコンの中身を、勝手に見ちゃうことに、(てい)(こう)をおぼえる。

「……父さんが、絶対に見せたくないと思うなら、このファイルが入ったパソコンを、ぼくに貸したりしなかった」

 そういうものなのかな。

 おじさんについては、当然だけど、息子であるケイのほうがくわしい。

 そのケイが言うんだったら……。

 それに正直、わたしも初代怪盗レッドの活動って、どんなだったのか、気になるし。

「じゃあ、ちょっとだけ」

 わたしの言葉に、ケイがマウスを操作して、フォルダの中のファイルから、1つを選んでダブルクリックする。

 画面に、ファイルの中身がうつしだされる。

 

 怪盗レッド活動記録⑯ (つばさ)15歳 圭一郎13歳 ()()()10

 

 タイトルと、その次に、わたしのお父さん―翼―や、ケイのお父さんの圭一郎おじさん、そして2人の妹で、わたしたちのおばさんにあたる、美華子さんの年齢が書いてある。

 この活動をしたときの、それぞれの年齢ってことかな?

 ということは、お父さんたちがまだ、小中学生だったってことだ!

 怪盗レッドを結成したばかりのころかも。

 わたしはさらに興味をひかれて、ケイといっしょに、その記録を読みすすめていった。

 

     2

 

「――圭一郎、本当にここから入るのか?」

 ぼく――圭一郎の指示に、翼兄さんが顔をしかめている。

 その気持ちもわからなくもない。

 ぼくが潜入ルートとして考えたのは、(えん)(とつ)だからだ。

 今回、ぼくたち「怪盗レッド」が動いたのは「古い屋敷で、(ぬす)まれた美術品のオークションが開かれる」という情報をつかんだためだ。

 下調べで、ほぼまちがいないとはいえ、出品されるのが(とう)(ひん)だという(しよう)()はない。

 だから、その証拠をつかむために、オークション会場の屋敷に(せん)(にゆう)する必要があった。

 そこで、ぼくが考えた潜入ポイントが、煙突だったわけだ。

 この古い屋敷は、今の家にはほとんどない煙突がついている。

 煙突は、今はもう使われてはいないと調べがついているから、潜入するにはちょうどいい。

「すすだらけに、なりそうだな……」

 どんよりした表情で、翼兄さんが言う。

 夜の12時をまわっていて、あたりは暗い。

 (やみ)()にまぎれて、3人で屋敷の煙突前まで無事にやってこられた。

 問題は、ここからだ。

「翼お兄ちゃん、ファイト!」

 美華子ちゃんが、明るく翼兄さんをはげます。

「美華子、おまえなぁ……自分はここから入らなくていいから、ほっとしてるだろ」

「そんなことないよ~」

 妹の美華子ちゃんは、そっぽを向いてこたえる。

 この煙突から、中に入るのは、翼兄さんだけだ。

 ぼくには、煙突から潜入するような身体能力はないので、翼兄さん1人で煙突から入ってもらい、中から屋敷の部屋の窓を開けてくれることになっている。

 美華子ちゃんには、その間、ぼくの()(えい)として、ついていてもらうことになる。

 ……小さな女の子に守られるっていうのも、複雑だけどね。

 さすがに、これまでに何回も経験して、なれてきたけど。

「じゃあ、行ってくる。そっちも気をつけろよ」

 翼兄さんは、ため息をつきつつ、煙突の中に、するりと入っていく。

 ぼくと美華子ちゃんは、このまま待機だ。

 近くの部屋の窓までいくのに、それほど時間はかからないはずだ。

 だけど……。

 3分、5分、10分たっても、翼兄さんからの通信がこない。

「どうしたんだ? なにかあったんじゃ……」

「う~ん……翼お兄ちゃんのことだから、だれかに見つかっても大丈夫だとは思うけど」

 美華子ちゃんは、首をかしげる。

「いや。今回の作戦では、だれにも見つからないで、窓を開けてほしいんだけど……」

 そんなことを話していると、屋敷の中から、さわぎのような声がきこえてくる。

 これって、まさか……。

『おっ、圭一郎か』

 翼兄さんから、通信が入る。

「なにがあったの、兄さん」

『すまん、屋敷の中を迷ってたら、見つかった……はあっ!』

 通信機の向こうで、翼兄さんとだれかが(だい)(らん)(とう)をくりひろげているようすが、すぐに頭に思いうかんだ。

 こっそり潜入して、盗品売買の証拠をおさえて、もどるだけのはずだったんだけど……。

 当初の計画が、くずれている。

「翼兄さん、なんで迷ったの? ルートは説明してあったはずだけど……」

『すまん! 煙突の中ですすが目に入ったから、洗面所に行こうと思ったら、あやしいヤツらとはちあわせた』

 そうか。つかわれていないから大丈夫と思っていたけど、ろくに掃除もされていないことまでは考えていなかった。

作家プロフィール

関連記事