連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. 星のカービィ 天駆ける船と虚言の魔術師
  5. 【スペシャルれんさい】『星のカービィ 天駆ける船と虚言の魔術師』第1回

【スペシャルれんさい】『星のカービィ 天駆ける船と虚言の魔術師』第1回


◆第1回
4月27日発売の「星のカービィ Wii」ノベライズ『星のカービィ 天駆ける船と虚言の魔術師』を、ひと足先に試し読み!

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

プロローグ

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

 火山の下の大迷宮は、地上の熱気(ねっき)がうそのように冷え切っていた。

 ごつごつした溶岩が複雑な迷路を作り上げ、地下深くへと続いている。

 その真っ暗な迷路を、ふわふわとおどるように進んでゆく者があった。

 ランプもたいまつも持っていないが、彼の周囲は、ほんのりと明るい。魔法で光を灯ともしているのだ。

 冥府(めいふ)へと続くかのような急な下り坂なのに、魔術師の足取りは、まるで天に上るように軽やかだ。

 なぜなら、彼は知っているから。

 深い深い闇の底に、希望が眠っていることを。

 地下へ、地下へと下っていくうちに、しだいに、音のひびき方が変わってきた。

 前方に、巨大な空間が開けているためだ。魔術師は息をはずませ、小走りになった。

 まもなく、地下道はとぎれた。そこから先は、暗黒の大空洞(だいくうどう)だ。

 その大空洞(だいくうどう)に、横倒しになっているのは、巨大な船。

 魔術師は、両手から光を放ち、船のすみずみまでじっくり見渡した。

 心ゆくまで見届けると、彼は、感嘆(かんたん)のため息とともに叫んだ。

「ローア! ホントに、ホンモノの、ローアだァ……うわァァ!」

 ローア――それは、はるかな太古(たいこ)に作られたという、伝説の船の名。

 かつて、この星には、きわめて高度な技術力をもつ文明がさかえていたといわれている。

 いたるところに、天をつくような建物が建ち並び、その合間を超高速の乗り物が走り回っていた。街角では機械仕掛けの音楽がかなでられ、幾台ものロボットが街路(がいろ)をぴかぴかにみがき上げていた。

 ちり一つなき、かんぺきな都(みやこ)。

 ローアは、その栄華(えいが)を見守るかのように、いつもゆうゆうと空を渡っていた。

 古代の住民たちは、ローアを見上げては手を振り、時には祈りをささげた。彼らはローアを、ただの船とは考えていなかった。

 心をもつ船。天空の王。

 自分たちの文明が生み出した奇跡(きせき)の船ローアを、古代の住民たちは愛し、うやまい続けた。

 突如(とつじょ)として破滅(はめつ)が降りかかり、華やかな文明があとかたもなく滅ほろび去る、その最後の日まで。

 魔術師は、しばらくの間、うっとりして立ち尽くしていた。

 ローアからは、何の反応もない。

 ローアの動力は遠い昔に停止し、その意識は永(なが)いねむりについていた。

 魔術師は、ふわりと宙(ちゅう)に浮いて、眠れる船へと近づいていった。

「待っててネ、ローア。ボクが……ボクが、キット、キミをよみがえらせル。キミのチカラがあれば、ジャマなアイツをたおしテ、スベテがボクのモノに……!」

 魔術師は、割れた船窓(せんそう)をくぐってローアの内部にもぐりこんだ。

 船の中は、古代の遺跡のように静かで、冷たく、よどんでいた。

 魔術師は慎重(しんちょう)に進んで行き、ローアの中心――動力室を見つけた。

「ココだ……!」

 魔術師は座りこみ、夢中になって、ローアの修理に取りかかった。

 幸い、重要なパーツはほとんど壊れていなかった。ローアを眠らせている封印(ふういん)さえとければ、あとは、かんたん。
 
しばらく作業を続けた後、魔術師は顔を上げた。

「これで、ヨシ……目覚めヨ、ローア……!」

 魔術師の声に応じて、どこかで歯車が回り出す音がした。

 永遠とも思えるような時をへて、ついにローアの封印が解かれたのだ。

 制御パネルがさんさんと輝き、スクリーンにめまぐるしく古代文字が浮かび上がった。

 魔術師は両手を広げ、歓喜(かんき)の声でさけんだ。

「ワァァイ! ハジメマシテ、ローア! ボクは、マホロア。キミの……キミの、新しいご主人サマだヨォ!」

 

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

彼方(かなた)からの旅人マホロア 前編

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

 気持ちのいい風が吹く、プププランドの昼下がり。

 草原の小道を走っていく三人組がいた。

 先頭はカービィ。その次にデデデ大王。いちばん後ろがバンダナワドルディだ。

 カービィは、頭の上に大きなショートケーキをのせている。

 デデデ大王が、ハラハラした声でさけんだ。

「気をつけろ、カービィ! もっとゆっくり走れ。ころんだらゆるさんぞ!」

「だいじょーぶ、だいじょーぶ!」

 カービィは、大はしゃぎ。飛ぶような勢いで走ってゆく。

 ショートケーキは、バンダナワドルディが作った、本日のおやつだ。デデデ大王はひとりじめしようとしていたのだが、運悪く、遊びに来たカービィに見つかってしまった。

 大喜びのカービィが「いいお天気だから、丘の上で食べようよ!」と提案し、大王が「なんで、きさま、オレ様のおやつを食べる気満々なんだー!?」と猛抗議(もうこうぎ)したものの、結局押し切られて、三人でピクニックをすることになったのだ。

 カービィとデデデ大王の大声は、草原いっぱいにひびき渡った。

 それを耳にして、うるさそうに顔を上げたのは、メタナイトだった。

 彼は、木陰(こかげ)で読書にふけっていた。久々に戦艦ハルバードを離れ、部下たちとも別行動を取って、プププランドで休暇(きゅうか)を過ごすことにしたのだが――。

「そうぞうしいことだ」

 仮面の下で、つい苦笑がもれる。

 彼は、プププランドの美しい風景をこよなく愛しているのだが、ここで暮らす住民たち――特にカービィとデデデ大王――の騒がしさには、常々、あきれている。

 読書に集中しようと、本に視線を戻したときだった。

 ふいに、強い光がさした。

 メタナイトも、カービィたちも、驚いて顔を上げた。

 青い空に、奇妙(きみょう)なゆがみが生じていた。

 巨大な力が、プププランドの空を突きやぶろうとしているかのようだ。空間が星形にさけ、その向こう側から強い光が差し込んでいる。

 その裂け目から、巨大な何かが飛び出してきた。

 カービィはびっくりして、頭にのせていたケーキを落っことしてしまった。

 バンダナワドルディが、悲鳴を上げた。

「わああああ! だ、大王様! あれは……!?」

 その何かは、煙(けむり)を吹き上げながら落下していく。デデデ大王はさけんだ。

「船だ! 空飛ぶ船だぞ!」

 デデデ大王は、船が落ちていく方角(ほうがく)へ、走り出した。

 カービィもわれに返って、大王を追いかけた。もちろん、バンダナワドルディも。

 その間にも、船は落下を続けている。太いマストが折れ、二枚のウイングとオールが吹き飛び、船首のエムブレムがはがれ落ちてゆく。

「大変だ……! あんな物がだれかにぶつかったら、大ケガをするぞ!」

 デデデ大王は血相(けっそう)を変え、スピードを上げた。

 巨大な船は、轟音(ごうおん)を立てて墜落(ついらく)した。森の木々がなぎ倒され、大地がゆれた。

 カービィたちが息を切らせて駆けつけたとき、ちょうど、メタナイトも追いついた。

「カービィ!」

「あ、メタナイト!」

 カービィはメタナイトを振り返って、たずねた。

「この船、なんだろう? 見たこともないよ。メタナイト、知ってる?」

「いや、私も初めて見た。空が突然さけて、飛び出してきたように見えたが……」

 四人は、そろって空を見上げた。

 先ほど生じた星形のさけ目は、もう消えている。頭上に広がっているのは、いつも通りの、のどかなプププランドの青空だった。

 デデデ大王が言った。

「乗組員(のりくみいん)は無事か?」

 四人は、あらためて船を見た。

 もとは帆船(はんせん)のようだが、ほとんどのパーツが吹き飛んで、むざんな姿だった。マストもウイングも失って、船というより、大きな建物のように見える。

「とにかく、助け出すぞ。きっと大ケガをしているだろうから、手当てをしてやらないと……」

 デデデ大王が、一歩前へ踏み出したときだった。

 まるで、その言葉が通じたかのように、船のとびらが音もなく開き、短いタラップが下りてきた。

 船の中は、明るい光に満たされている。

「お、開いたぞ!」

 デデデ大王は、なんの疑問(ぎもん)も持たずに、タラップを上ろうとした。

 メタナイトが止めた。

「待て。ワナかもしれない。中へ入る前に、よく調べたほうがいい」

「ああ? のんきなことを言ってる間に、手遅(ておく)れになるかもしれんのだぞ!」

「だが、うかつに近づくのは危険だ。よく考えたまえ。この船の出現の仕方は、あまりに異常だったではないか。それに、今の扉の開き方もみょうだった。まるで、私たちを中へ招き入れようとしているかのようだ」

「それが何だ! ケガ人を放っておけるか!」

 二人が言い争っている間に、カービィがタタタッとタラップを駆け上がって行った。

 バンダナワドルディが、あわててさけんだ。

「待って、カービィ! 一人で行っちゃダメだよ、あぶないかもしれないから……!」

 しかし、カービィは足を止めない。

 メタナイトとデデデ大王は顔を見合わせ、言い争いを中断して、カービィを追いかけた。
 

とつぜんプププランドに落ちてきた、空飛ぶ船。
船の乗組員(のりくみいん)は無事? そして、いったいだれで、どこから来たの?
次回、カービィたちが、ふしぎな船の中に踏みこみます!

『星のカービィ 天駆ける船と虚言の魔術師』れんさい第2回(4月1日更新予定)に続く
 


『星のカービィ 天駆ける船と虚言の魔術師』は4月27日(水)発売予定!
購入特典もあるからぜひチェックしてみてね☆



書籍情報

あくびが出るほど平和な、プププランドの昼下がり。
ショートケーキを持って仲良くピクニックをしようとしていたカービィ、デデデ大王、バンダナワドルディそしてメタナイトの目の前で、晴れた青い空を切り裂いて、突如、巨大な船が落ちてきた。
ふしぎな光につつまれた、その船の名は――ローア。
すでに滅びた超古代文明ハルカンドラが生み出した、奇跡の船。
カービィたちは、船の持ち主だという旅人マホロアに助けを求められ、墜落とともに失われてしまった、船のパーツを探すことになった。
遺跡や海の底に雪の中…そして異空間をかけめぐる、大冒険が始まる!
【解説:熊崎信也「星のカービィ」シリーズ ゼネラルディレクター】


星のカービィ 天駆ける船と虚言の魔術師

  • 作 高瀬美恵 絵 苅野タウ 絵 ぽと
  • 【定価】1,320円(本体1,200円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】B6判
  • 【ISBN】9784041116197

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン

電子書籍を買う


その他のカービィの本は以下のバナーからチェック♪



©Nintendo / HAL Laboratory, Inc. KB22-P3926