連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. 【先行連載】海斗くんと、この家で。
  5. 【先行連載】海斗くんと、この家で。 第4回

【先行連載】海斗くんと、この家で。 第4回


「1%」「スキ・キライ相関図」で大人気! 
このはなさくらさんの新シリーズ『海斗くんと、この家で。』を一足早く公開中!
『海斗くんと、この家で。 ①初恋はひとつ屋根の下』は、2022年2月9日発売予定です!

4 だいじょうぶかな

 

 

 引っ越しの日。

 段ボール箱に荷物をつめていると、「プップー!」とクラクションの音が鳴った。

 ドアをあけて外を見てみたら、一台の見慣れない車がアパートの前に停車していた。前方がふつうの車のようなボンネット、うしろがトラックのような荷台になっている車だった。

 そこからおりてきたのは、海斗(かいと)くん!

「あっ、お母さん、ケンさんたちだ! 海斗くんたちが来たよ!」

 海斗くんは自分がおりたあと、歩夢(あゆむ)くんのチャイルドシートのベルトを外しているようだった。

 運転席からおりてきたケンさんが、ニコニコと部屋の前にやってくる。

「モーニン、詩衣(しい)ちゃん!」

 ケンさん、朝から元気だなあ。

「おはようございますっ」

 わたしもつられて、大きな声でアイサツしちゃう。

 それから、ケンさんは部屋のなかに入って、

「マリコ!」

 感動したみたいに名前をよびながら、お母さんにハグをした。

 う、わあ!

 スゴーい! ここに和花(わか)がいたら、「いい題材になる!」ってメモをとるところだよ。

 そこに、海斗くんが歩夢くんを連れてやってきた。

「モーニン、しーちゃん!」

 と、元気な歩夢くん。

「……おはよう、入っていい?」

 海斗くんがボソッとたずねてくる。

「うん、ちょっと待って!」

 勝手に閉じてしまわないように、ストッパーでドアをおさえてから、「どうぞ!」と、二人を招きいれた。

 すると、海斗くんは歩夢くんに英語で何か話しかけた。そうしたら、歩夢くんはうなずいて、ちょこん、と部屋のすみにすわったんだ。

 危ないからすみで待ってて、とでも言われたんだろうな。

 まだ小さいのに、おりこうさんだなあ。

 ピコン、とメッセージアプリの着信音が鳴った。

 ポケットからスマホをとりだし、トーク画面を見てみると、和花からだった。

和花【引っ越しは順調?】

 つづけて、ピコン、ピコン。

和花【それにしてもビックリ!】

和花【こんなことがあるんだね!】

詩衣【うん、ビックリだよね】

 わたしもそう返した。

 こないだ和花にメッセージアプリで報告をしたときもそうだった。

 自分の身に起きたことが、まだちゃんと信じられない。

詩衣【海斗くんもね、二学期から同じ学校にいくんだよ】

 事実をたしかめるように、文字を打ったら。

和花【わあ、おもしろくなりそう! 岡野(おかの)さんたちがどんな顔をするか楽しみだね!】

詩衣【どうして?】

和花【これからひとつ屋根の下で暮らすわけでしょう? 絶対くやしがるに決まってるじゃん!】

 

 ひとつ屋根の下!

 

 その言葉に、ドキンってしちゃった!

 そうだ、今まではお母さんと二人きりだったけど、これからはちがう。

 男の子といっしょに暮らすんだ……!

 だ、だいじょうぶかな。今ごろ気づくなんてー。

 わたしの頭の回転、自分が思ってるよりずっと、ずっと、遅いのかもしれない……!

 

      *

 

 引っ越し先は、海の近くの一軒家。学校からは、前にすんでいたアパートよりちょっと遠くなっちゃうけど、バツグンのロケーション! 潮風が心地いい。

「ここなら、いつでも好きなときにサーフィンができるよなあ」

 海斗くんは車からおりると、満足そうに海をながめた。

 落ち着いた口調なのに、新しい生活にワクワクしているのが、わたしにもわかった。

 ……夢中になれるものを持ってる男の子って、カッコいいかも。

 車からおろした段ボール箱を持って、ぼうっと見ていたからかな。

 彼が突然こっちをふり返って、ニヤッと笑った。

「ついでに泳ぎ方を教えてやろうか?」

 かあっと耳まで熱くなった。

「けっこーです!」

 思わずツンケンしたような言い方、しちゃった。

 すぐに後悔したけれど、引っ込みがつかない。

 海斗くんにサッと背中を向け、プンプン怒りながら家に入る。

 広い玄関を通り、右手の部屋に入ったら、大きなソファとテレビがあった。

「どうしたの、ムスッとして」

 お母さんがあきれた顔をしていた。

「だって海斗くんが……」

 いつもそうしているように「聞いて聞いて!」という感じで話しだしたら。

 クマのぬいぐるみやオモチャの飛行機を抱えた歩夢くんが、トコトコ目の前を通りすぎていった。

 ダメじゃん、わたし!

 歩夢くんは、ちゃんとやっているのに。

「ううん、なんでもない! あの、ケンさん、わたしの部屋は二階でいいですか?」

 お母さんの横で、段ボール箱のフタをあけていたケンさんにたずねる。

「詩衣ちゃんの荷物は、あらかた運んであるからね」

「ハイ、わかりました! ありがとうございます!」

 わたしは、さっそく自分の部屋を見にいった。

「うれしー! ベッドだ~!!」

 段ボール箱を床に置いて、ベッドにダイブ。夢みたい。これからは毎日ここで眠るんだ。

 ウットリ目を閉じて、聞こえてくる波の音を数えていると。

 コンコンとドアをノックされた。

「はじめてのひとり部屋はどう?」

「お母さん!」

 ガバッと飛び起きて、部屋に入ってきたお母さんに抱きつく。

「ありがとう! スゴくうれしい!」

「フフッ、よかった! 片づけがまだのとこわるいけど、歩夢ちゃんを見ていてくれる? しばらく玄関と窓をあけっぱなしにするから」

 おねえさんとして、はじめて任されたお手伝いだ。

「わかった!」

 はりきって返事をして、再び一階におりる。

 だからって、いきなり『おねえちゃん』面(づら)するのはよくないよね……?

 うーん、どうしよう。考えつつ、さっきのリビングルームへ。

 大きなソファに、ちょこんとすわっている歩夢くん。

 なんだかつまらなそう。荷ほどきの最中だから、まだ遊べないもんね。

 わたしは、そのとなりに腰(こし)をおろした。

「ねえ、歩夢くん。おうちのなかを探検してみない?」

「たんけん!?」

 歩夢くんの目が大きくなった。

「わあ、する~!」

 よかった、よろこんでくれた~!

「じゃあ、行こう。手をつないで探検しようね」

「うん! ぼくのおへや、こっちだよ」

 歩夢くんの部屋は、お母さんとケンさんの寝室の真向かいだ。

「おじゃましまーす」

 と、なかに入った。

 わたしの部屋の色はアイボリーがメインだけど、ここはとってもカラフル。壁の色が青で、白い雲と虹が浮かんでいる。天井からは飛行機の模型(もけい)がいくつか、糸と棒(ぼう)でぶらさがっていた。

 なんてかわいい部屋だろう!

 歩夢くんは、飛行機が大好きなんだね。

「あのね、ここに、ぼくのテントおくの! ダディがあとでつくってくれるの」

 と言いながら、歩夢くんは真ん中の床をパンパンたたいた。

「テント? わあ、いいなあ」

「できたら、いっしょにあそぼうね」

「うん、遊ぼう!」

 歩夢くんと笑顔で約束をかわす。

「カイトのおへやにも、いこっ!」

 ええっ、海斗くんの部屋に?

 パッと和花の言葉が頭に浮かんだ。

『ひとつ屋根の下で暮らすわけでしょう?』

 汗がたらたらでてきた。

 いくらおにいちゃんでも男の子の部屋だもん。

 それはちょっとマズイんじゃ……!

「あっ、歩夢くん! 探検はわたしの部屋にしない?」

 と言う前に、歩夢くんはタタッと走って、部屋をでていっちゃった!

 た、大変!

「待ってー!」

 あわてて追いかけ部屋をでたら、歩夢くんはちょうど海斗くんの部屋に入るところ!

 パタンとドアが閉じる。

 あーあ、まにあわなかった……。

 くぐもった二人の会話が聞こえてくる。英語だった。会話の内容はわからない。

 こうなったら、行くしかないじゃん。わたしは海斗くんの部屋の前に立った。けど、やっぱりノックをするのをためらっちゃう。

 男の子の部屋なんて、はじめてだもん。緊張して、胸がドキドキする……。

「詩衣と探検?」

 海斗くんが日本語でけげんそうに言う。

 歩夢くん、わたしと遊んでいること、海斗くんに説明してたんだ!

 わたしは急いでドアをノックした。

「し、詩衣です。歩夢くん、そこにいると思うんだけど……!」

 ちょっとたって、ガチャッとドアがひらいた。

「ああ、来てるよ」

 海斗くんは、ジッとわたしを見つめてきた。

「どうしたんだ? 探検しにきたんだろ? なかに入れよ」

 とドアを大きくあける。

「!」

 一瞬、ドキッと大きく鼓動(こどう)が鳴った。足が動かなかった。

 でも、歩夢くんの面倒をちゃんと見なきゃ。

 そうだよ、わたしは歩夢くんのおねえちゃん。

 そして、海斗くんはわたしのおにいちゃん。

 意識するほうがおかしいんだ!

 きょうだいとしてなかよくなるためにも、親睦(しんぼく)を深めよう!

「おっ、おじゃまします!」

 わ、ちょっと力が入りすぎちゃった。不自然だったかも。

 言いなおすのもおかしいので、がんばってなんでもない顔をした。

 ただ、ドギマギする胸のほうだけは、どうにもできなかった。これ以上ドキドキしないよう、慣れる必要があった。そろそろ歩いて、少しずつゆっくり海斗くんの部屋のなかへ。

 歩夢くんのとちがって、こざっぱりとした部屋だった。

 壁にはウエットスーツがかけられ、ボードも立てかけられている。

 あっ、あのときのだ。波をすべる、彼のカッコいい姿を思いだした。

「サーフィンが好きなんだね……」

「泳ぐのも好きだけどな」

 海斗くんはフッと笑った。

 好きなコトを話しているからかな。その瞳(ひとみ)は、やさしげで。

 ちょっとドキッとしてしまった。

「ふ、ふうん……」

 何も言えず、わたしはあいづちをうつだけ。

 すると、

「しーちゃん、これね、かわいいよ!」

 歩夢くんが何かを持ってきた。

 見ると、それはイルカのマスコット。

 鼻先が丸く、なだらかなカーブの背中、ピンとのびた尾っぽ。グレーと白の二色の生地でぬいあわされている。ひと目で手作りだとわかった。

「わあっ、かわいい!」

 わたしもさわってみたい!

 手をだして受けとろうとしたら、

「歩夢!」

 海斗くんに取りあげられちゃった!

「これにさわっちゃダメだって、いつも言ってるだろ」

 海斗くんが「めっ」としかるように、声をとがらせた。

「ごめんなさい……」

 歩夢くんは、しょんぼり。

 わたしは、なんとなく、いっしょに怒られたような気分になった。

 歩夢くんは、わたしに見せてくれようとしただけなんだよね。

 わたしもさわりかけたし……。

「ちょっとさわっただけなのに、そこまで強く言わなくても……」

「ダメだ。していいことといけないこと、ちゃんと教えなきゃ」

 海斗くんはキッパリと首をふった。

 くやしいけど、返す言葉がない。

 よっぽど大事なものなんだな。

 ハワイにガールフレンドがいて、その子からのプレゼントだったりして……。

 どんな子だろう。髪がロングの子かな? それともショートの子?

「どうした?」

 その声でハッとした。海斗くんがうで組みをして、わたしをうかがうように見ている。

 やだ、わたし……!

 会話のとちゅうなのに、いつのまにかもの思いにふけっていた!

 うそー、信じらんない!

「なっ、なんでもないっ」

 めちゃくちゃ焦って、思いっきり笑みを浮かべた。

 これで、ごまかせたかな……。

 いやいや、ツッコまれたら、言い訳できる自信がないよう。

 海斗くんに何か言われる前に、くるっ、と歩夢くんのほうを向いた。

「歩夢くんっ、おなかすいたでしょう。おやつ食べにいこうかっ。海斗くん、おじゃましました!」

 ふり返らずに、歩夢くんをつれて海斗くんの部屋をでていく。

 はあ、ビックリした!

 海斗くんのガールフレンドが気になるなんて、へんなの……。

 トゲに刺されたように、胸の奥がチクチクしてきた。

 ホントにわたし、こんな調子でだいじょうぶかな。

 海斗くんとうまくやっていけるかな。

 

<第5回へつづく> 

今回のお話はどうだったかな? 感想を聞かせてね!

  感想を送る   ((回答期限:2022年2月8日(火)23:59)

次回の更新は1月21日(金)を予定しているよ☆
楽しみに待っててね!

※実際の書籍と内容が一部変更になることがあります。

 


海斗くんと、この家で。 (1)初恋はひとつ屋根の下

  • 作:このはな さくら 絵:壱 コトコ
  • 【定価】748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【ISBN】9784046321367

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

冬はつばさ文庫一気読み! 今だけ!1冊丸ごと無料公開&最速!新シリーズおためし読み連載


関連記事

関連書籍

1% 1 絶対かなわない恋

1% 1 絶対かなわない恋

  • 【定価】 704円(本体640円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046315403

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER
スキ・キライ相関図 (1)“恋組”のヒミツ探ります!

スキ・キライ相関図 (1)“恋組”のヒミツ探ります!

  • 【定価】 726円(本体660円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046319593

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER