連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. 【先行連載】海斗くんと、この家で。
  5. 【先行連載】海斗くんと、この家で。 第1回

【先行連載】海斗くんと、この家で。 第1回


「1%」「スキ・キライ相関図」で大人気! 
このはなさくらさんの新シリーズ『海斗くんと、この家で。』を一足早く公開中!
『海斗くんと、この家で。 ①初恋はひとつ屋根の下』は、2022年2月9日発売予定です!

 

 人生にこんなビックリなことが起こるとは、夢にも思っていなかった。

 わたしが恋をするなんて。

 

 そのひとは、学校中が夢中になっちゃうほどカッコいい。

 ちょっぴり意地悪でガンコなとこがあるけど、ホントはとってもやさしいんだ。

 そして、同じ家でいっしょに暮らしているの。

 どうしてかっていうと、きょうだいだから。

 

 そう、わたしの好きなひとは『ぜったい好きになっちゃダメなひと』なんだ……!

 

 もしよかったら。

 だれにも言えない、ヒミツの恋のお話、聞いてくれる?

 

 

      1 人魚じゃなくて王子さま


 青い空。
 まぶしい太陽。キラキラ光る水面。
 それから、うきわでプカプカ浮いているだけの、わたし、小倉詩衣(おぐら しい)――。
 あーあ、夏休み、あと二週間かあ。思ったより、短いなあ。
 ユーウツな気分で、空を見あげているときだった。ザブンと水音がたって、横からぬっと手がでてきた。
「しーい!」
「わわっ!?」
 浮かせていた両足を下げて、あわてて立つ。ふうー、ビックリした!
 そこにいたのは、わたしのイチバンの親友、中嶋和花(なかじま わか)。
「詩衣、もう泳がないの? せっかく来たのにもったいないよ」
と、大きな目をパチパチしばたたかせている。
ドキッ。
「え、ええっと! つかれたから、ひと休みしてるとこ……!」
わたしは指をもじもじしながら答えた。
今日は、和花のお父さんに、市営のレジャープールに連れてきてもらっているんだ。
でも、わたし、五年生になっても十五メートル泳ぐのがやっと。
少しでも長く泳げるようになりたいキモチはあるのだけど、つい休憩を多めにとっちゃう。
「ねえ、泳ぎの上手なひとを見つけて、そのひとのマネしてみたら? あたし、うきわ持っててあげるよ!」
和花のアイディアに心が動いた。
「うん、やってみる。だれか、いいひといないかな」
 さっそく、まわりをきょろきょろしてみると……いた!
 プールの真ん中をスイスイと泳いでいる、ひとりの男子を発見。彼は長い手足をなめらかに動かして、ゆったり前に進んでいる。
 うわあ、人魚みたい……。
 ポーッと見とれてしまった。
 でも、ここからじゃ細かい動きが見えにくい。
「もっと近くで見てくる!」
 ジャブジャブ水をかきわけていったら。
「詩衣、待って! そっちは……!」
 うしろから和花がさけんだ。
 ふり返ろうとしてギクッとした。
 いつのまにかアゴの下、ギリギリのところまで水がきている。
 そうだ、このプール、真ん中は深くなっているんだった……!!
 わたしの身長じゃ、足が届かない。
 ヤバいっ! おっ、泳がなくちゃ!
 あわてて水をかいたのだけど、かくたびに鼻や口から水が入ってきて大洪水!
 こんなんじゃ息ができない……!
 もがけばもがくほど、どんどん苦しくなっていって、意識がボーッとしてきた。

 ポコポコと空気の泡が、いくつもあがっていくのが見えた。
 まわりの景色がゆらゆらと波打っている。
 あ、あー、わたし、死んじゃうのかなあ。
 水のなかでボンヤリ思った、ちょうどそのとき、ガッとうでをつかまれた。
 うしろから強い力でひっぱられていく。

 あ、れ……?
 わたし、泳いでる……?

      *

「おい、生きてるか!?」の声で目をうすくあけると。
 鼻と鼻がくっつきそうな距離に、男の子の顔が!
 ええっ、だれ!?
 ゴホゴホとセキがでる。く、苦しい!
「だいじょうぶだ。水、あまり飲んでない。落ち着いて大きく息を吸うんだ」
 彼に言われたとおり、ゆっくり深呼吸をする。すると、呼吸をするのが楽になって、自分の身に何が起きているのか、だんだんわかってきた。
 わたしはプールサイドに寝かされ、見知らぬ男子に介抱されていた。そして、わたしたちを囲むように、そのまわりにもひとがいる。みんな心配そうにこちらをのぞきこんでいる。
「あ……」
 もう少しで、死んじゃうところだったんだ……。閉じていた回路が急に通じたみたい。恐怖と寒さにおそわれて、全身がガタガタふるえだす。
 そうだ! 和花は? どこにいるんだろう。
「す、すみません!」
 焦ってからだを起こすと、頭がふらついた。思わず、「うっ」と頭を手で支える。
「急に動いちゃダメだ。休まなきゃ」
 ふわり、やわらかなものが肩にかけられた。
 気づくと、男の子が、わたしのからだをバスタオルでくるんでいた。
 息がかかりそうなほど近くで見た彼の瞳(ひとみ)は、ハッとするほどキレイ……。
 なめらかな額(ひたい)、くっきりとした鼻筋。浅黒い肌に、スラリとのびた長い手足。
「!」
 あらためて彼を見たとたん、胸の奥がキュッとなった。
 このひと、さっき見てた泳ぎの上手な男の子だ。
 そのときは人魚みたいって思ったけれど、人魚じゃなかった。

 お、王子さまだ……!

 じわじわ恥ずかしさがこみあげてきた。
 ひええ、どうしよう。どうしよう!
 彼に助けてもらっちゃったんだ!
 心臓までドキドキいっている。
 ここは水のなかじゃないのに、呼吸ができなくて。
 おおぜいのひとに見られているのも恥ずかしくて。
 プツン!
 頭のなかで何かが切れる音がした。
 「だ、」

「だいじょうぶですから~~~~!」

 そこにいあわせたひとたちは、みんな、あぜんとしていた。
 もちろん、助けてくれた男の子も……。
 あわわ!
 わたし、なんて大声っ!
「詩衣、だいじょうぶ!?」
 和花の真っ青な顔が、わたしの視界にあらわれる。
「お騒がせしましたー!!」
 わたしは、和花の手をつかんで、ビューン! といちもくさんにその場を逃げだした。

      *

「うう、ゴメンね。せっかく連れてってくれたのに、だいなしにしちゃって……」
「気にしないでいいって。詩衣、次でおりるよ」
 和花が手をのばして、窓の横にあるブザーを押す。
 わたしたちが乗ったバスは、やがて停留所でとまった。
「明日は登校日だね」
「また学校でね。おじさん、今日はありがとうございました」
 二人とわかれ、家に向かってトボトボ歩いていった。
 アパートに着いた。カギを差しこんで、くるっとまわし、「ただいまー」とドアをあける。
 けれど、だれかが待っているわけじゃない。わたしはお母さんと二人暮らし。
 お母さんは、自転車で十分行ったところのスーパーで働いている。
 お父さんは――知らない。顔も名前もわからないんだ。
 きょうだいもいない、ひとりっ子。
 だからってわけじゃないけど。
 静かな部屋に帰ってきたら、また、プールでのことを思いだしちゃった。
「きゃー、やめてー!」ってさけびながら、床を転げまわりたくなっちゃう。
 もーう、スッキリ忘れたいよー!
 こんなキモチになったときは……。
 水着バッグをちゃぶ台に置いたまま、押し入れの前に直行した。ふすまをあけ、なかからプラスチック製のピンク色の箱をとりだす。
 これは、わたし専用のソーイング・ボックス(おさいほう箱)。だいじなたからものなんだ。
 収納ケースから使い古したタオルを一枚ひっぱりだして、ぬいものを始めた。
 こうしてチクチクぬっていると、キモチが落ち着いていく。
 頭のなかが空っぽになる。
 針を動かしているあいだは、何もかも忘れられる――。

「ようし、できた!」
 ぞうきんの完成だ。うふふ、うまくできた!
 でも……。
 チラッと横目で見ると、部屋のすみにぞうきんが山のように積まれていた。全部、わたしが作ったものだ。だいぶたまってきたなあ。そろそろなんとかしないと。
 ふいに、あの男の子の顔が浮かんで、盛大にため息をついてしまった。
 あのひとにも、わるいことしちゃった。
「ごめんね」ってあやまりたくても、二度と会うことはないだろうなあ。
 持って帰ってきてしまったバスタオル、どうしよう。交番に届けたほうがいいかな。
 それよりも「だいじょうぶですから~~~~!」のほうが、ぜったいマズイよね。
 はあー、やだやだ! 忘れちゃいたいのに、また思いだしちゃってる!
「気にしない気にしない、ケセラセラ、ケセラセラ、きっとだいじょうぶ!
 と、くり返しブツブツ唱えた。
 この「ケセラセラ」とは、小さいとき、だれかが教えてくれた言葉。
 日本語では「なるようになる」「肩の力を抜いて、前向きにいこうよ」って意味なの。
 落ちこんだり、不安でいっぱいになったとき、おまじないみたいにいつも唱えているんだ。
 でも、だれに教えてもらったのか、わたし、ぜんぜん覚えていないんだよね。お母さんでもないらしい。
 どうして覚えてないんだろう。不思議だなあ。
 教えてくれたひとがだれか、いつか、わかるといいんだけど……。

 ――このときのわたしは、まだ知らなかった。
 王子さまみたいな彼と、再会することになるなんて。

 

<第2回へつづく> 

今回のお話はどうだったかな? 感想を聞かせてね!

  感想を送る   ((回答期限:2022年2月8日(火)23:59)

 

次回の更新は12月31日(金)を予定しているよ☆
楽しみに待っててね!

 

※実際の書籍と内容が一部変更になることがあります。

 


海斗くんと、この家で。 (1)初恋はひとつ屋根の下

  • 作:このはな さくら 絵:壱 コトコ
  • 【定価】748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【ISBN】9784046321367

紙の本を買う

  • カドカワストア

電子書籍を買う

冬はつばさ文庫一気読み! 今だけ!1冊丸ごと無料公開&最速!新シリーズおためし読み連載


関連書籍

1% 1 絶対かなわない恋

1% 1 絶対かなわない恋

  • 【定価】 704円(本体640円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046315403

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER
スキ・キライ相関図 (1)“恋組”のヒミツ探ります!

スキ・キライ相関図 (1)“恋組”のヒミツ探ります!

  • 【定価】 726円(本体660円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046319593

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER