連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. 星のカービィ ディスカバリー 新世界へ走り出せ!編
  5. 【スペシャルれんさい】『星のカービィ ディスカバリー 新世界へ走り出せ!編』第3回 ワドルディをさがせ!前編

【スペシャルれんさい】『星のカービィ ディスカバリー 新世界へ走り出せ!編』第3回 ワドルディをさがせ!前編


大人気ゲーム『星のカービィ ディスカバリー』が、角川つばさ文庫から小説になって登場! プププランドにとつぜんあらわれた、ナゾのうずに吸いこまれ、『新世界』にたどりついたカービィたちの冒険を、大ボリュームでためし読みれんさいしちゃいます!(全5回)

◆第3回

ビースト軍団にさらわれたワドルディたちみんなを助けるため、冒険の旅に出発したカービィ、バンダナワドルディ、エフィリンの三人組。
どこからか、かすかに、ワドルディたちの声が聞こえてきました。早く見つけて、助け出してあげなくちゃ!

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・


 ワドルディをさがせ!前編

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

 トンネルは、山をくりぬくように掘(ほ)られていた。

 三人は、あたりに気をくばりながら、暗いトンネルにふみこんだ。

 あちこちに、工事の道具や、見たこともない文字が書かれた看板(かんばん)などが放り出されている。ずいぶん昔のものらしく、どれも古びていた。

 ワドルディたちの泣き声が、奥のほうから聞こえる。

 それにまじって、聞き覚えのあるうなり声も、あちこちから聞こえてきた。

「ガルルルル……!」

 エフィリンがさけんだ。

「ガルルフィだよ! 気をつけて!」

「よぉし!」

 バンダナワドルディはヤリをかまえ、周囲(しゅうい)をうかがった。

 カービィたちの侵入(しんにゅう)に気づいたガルルフィが、次々におそいかかってくる。

「たぁぁ!」

 今のカービィには、コピー能力はないけれど、ガルルフィが相手なら、すっぴんでじゅうぶん。

 バンダナワドルディも、勇敢(ゆうかん)にヤリを振りまわして、ガルルフィをけちらした。

 エフィリンは、目をまるくした。

「ほんとに強いんだね、二人とも! ボク、バンダナくんがこんなに強いなんて、知らなかった!」

 バンダナワドルディは、てれくさそうに言った。

「カービィといっしょにいると、力がわいてくるんだよ。さあ、この調子で、みんなを助けよう!」

「うん! 声が近くなってきたよ!」

 三人は、ワドルディたちの泣き声のほうへ、進んでいった。

 しかし、とちゅうで、高いカベにぶつかってしまった。

「あれ? 行き止まりかな……?」

「カービィ、上を見て。ほら、あそこまでのぼれば、先へ行けるみたいだよ」

 バンダナワドルディの言うとおり、カベの上にとびらが見える。

 ホバリングではとどかないほどの高さだった。

「どうしようか……?」

 考えこんだとき、エフィリンが言った。

「カービィ、あそこに、かいだんがあるよ! あれを持ってきて、のぼろうよ!」

 エフィリンが見つけたのは、工事現場で使われていたものらしいかいだんだった。

 たしかに、あれを使えば、とびらにとどきそうだ。

 とびらの下まで運ぼうと、三人で力を合わせて押したり引いたりしてみたが、かいだんはとても重かった。顔をまっかにしてがんばっても、びくともしない。

 バンダナワドルディが、息をはずませて言った。

「動かないね……他の方法を考えるしかないのかな……」

「うーん……」

 カービィは考えこんだが――そのとき、すばらしいアイデアがひらめいた。

「そうだ! あの車と同じように、ほおばってみたらどうかな!?」

「え? ほおばる……って?」

かいだんほおばりだよ。見てて!」

 カービィはかいだんに向き直り、思いっきり息を吸いこんだ。

 ごぉぉぉぉぉ!

 重いかいだんが、ガタガタと動き出し、ふわりと宙(ちゅう)に浮いた。

「……え!?」

 バンダナワドルディとエフィリンは、目をみはった。

 すいこみを受けたかいだんが、カービィめがけて飛んでいく!

 バンダナワドルディは悲鳴を上げた。

「あぶない! よけて、カービィ!」

 しかし、カービィはかまわずに吸いこみ続けた。

 カービィの口が、信じられない大きさに広がったかと思うと――かいだんを、すっぽりほおばってしまった。

 バンダナワドルディはまっさおになり、かいだんの形になったカービィに駆けよった。

「カービィ! だいじょうぶ!? 返事をして!」

 かいだんをほおばったカービィは、しゃべることはできないが、ぴょんぴょん飛びはねてみせた。

 心配のあまり、なみだぐんでいたバンダナワドルディは、あっけにとられた。

「カービィ、無事なんだね?」

 カービィは、返事のかわりに、よたよたと進み始めた。

 とびらの真下にやってくると、気合いをこめて、かいだんをはき出した。

 三人がかりでも動かなかったかいだんが、ちょうどいい場所へと移動した。

「ぷはーっ! うまくいったね!」

 カービィは満足して、かいだんを見上げた。これなら、カベの上のとびらに入れそうだ。

 エフィリンは、飛び回りながらさけんだ。

「すごい、すごいよ、カービィ! こんなことまでできちゃうなんて!」

 バンダナワドルディは、ドギマギしたようすで言った。

「びっくりしたぁ……こんなの、初めて見たよ。あ、ひょっとして、さっき言ってた『おもしろい能力』って……」

 カービィは、うなずいた。

「うん。大きなものをほおばると、からだがビヨーンとのびてね、ほおばったものの形になっちゃうんだよ!」

「そんな力、プププランドにいたときは、なかったよね?」

 カービィは、うずの中での体験を思い出して、言った。

「ナゾのうずの中で、からだがぐーんとのびたり、ねじれたりしたんだよ。でも、ちっとも痛くなかった。たぶん、うずの力で、からだがのびちぢみできるようになったんじゃないかな」

「すごい力だね……でも、無理しちゃダメだよ、カービィ。からだがのびすぎて、元にもどらなくなっちゃったら困るよ」

「へーきへーき! さあ、行こう!」

 三人は、カービィを先頭に、かいだんをのぼっていった。

☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

 トンネルのいちばん奥に、ワドルディたちはとらえられていた。

 三人いる。オリにつめこまれて、そのまわりをガルルフィたちが見はっていた。

「うう……うわああん……大王様……」

「せんぱい……ひっくひっく……バンダナせんぱい……」

 ワドルディたちのすすり泣きが、ひびいている。ときおり、ガルルフィたちが「うるさい」とばかりにほえかかるが、ワドルディたちは泣きやまなかった。

 ものかげでようすをうかがっていたカービィたち三人は、目を見合わせて、うなずいた。

 まず、飛び出したのは、バンダナワドルディ。ヤリをかまえて、大声を上げた。

「みんな、助けに来たよ!」

 カービィも、駆け出しながらさけんだ。

「行くぞ! たぁぁぁ!」

 戦う力のないエフィリンは、声を張り上げておうえんした。

「がんばれ、バンダナくん! がんばれ、カービィ!」

 とつぜんの襲撃(しゅうげき)に、ガルルフィたちは大あわて。飛びかかろうとしたが、カービィたちの前には、ひとたまりもない。

「キュウゥゥゥン……!」

 なさけない声を上げて、逃げ出してしまった。

 オリの中のワドルディたちは、うれしそうにさけんだ。

「わあ、バンダナせんぱい! エフィリンも!」

「それに、カービィさん!? カービィさんまで、ここに!?」

 バンダナワドルディが、オリの戸を開けた。

「話は、あと! さあ、出て! 敵の援軍(えんぐん)がくる前に、逃げるよ!」

「はい!」

 ワドルディたちは、オリから飛び出した。

 みんなそろって走り出そうとしたとき、ひとりのワドルディが声を上げた。

「待ってください、バンダナせんぱい!」

「え? どうしたの、ものしりくん?」

 ものしりくんと呼ばれたワドルディは、他のワドルディたちとは少しちがったようすをしていた。

 学者のようなぼうしをかぶり、メガネをかけている。

 ものしりワドルディは、メガネをくいっと押し上げて言った。

「あの、ついたてのかげに、なにか良いものがかくされているものと思われます」

「え?」

「ガルルフィたちの様子を観察していて、気づいたのです。彼らは、戦っている間もずっと、ついたてを気にしていました。まるで、そこにある宝物を守ろうとするように」

 バンダナワドルディは、うなずいた。

「ものしりくんが言うなら、まちがいないね。探してみよう」

 カービィは、ふしぎに思ってたずねた。

「えーと、きみは、ものしりくんっていうの?」

「はい、カービィさん。以後、お見知りおきを」

 ものしりワドルディは、うなずいて言った。

「ぼくは、以前から本を読むのが好きだったのですが、この世界に来て、考える時間が増えたためか、ますます頭がさえるようになったのです。みんなから、ものしりくんとよばれています」

「そっかぁ。すごいね。よろしくね、ものしりくん」

「こちらこそ!」

 二人が話している間に、バンダナワドルディとエフィリンは、ついたての後ろをのぞきこんだ。

 エフィリンが言った。

「宝物なんて、ないなあ。ぼうしがあるだけだよ」

 しかし、バンダナワドルディは大声で叫んだ。

「このぼうしは、まさか……!」

     


ものしりワドルディのおかげで、見つけることができた『ガルルフィたちの宝物』は、ぼうし!?
ぼうしを見たバンダナワドルディは、いったい何に気づいたの?
気になる真相は、次回で明らかに! 第4回をお楽しみに!

『星のカービィ ディスカバリー 新世界へ走り出せ!編』れんさい第4回(8月26日更新予定)に続く


星のカービィ ディスカバリー 新世界へ走り出せ!編

  • 作:高瀬 美恵 絵:苅野 タウ 絵:ぽと
  • 【定価】792円(本体720円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046321800

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER


大人気発売中『星のカービィ くらやみ森で大さわぎ!の巻』ためし読み公開中!




大人気発売中『星のカービィ あぶないグルメ屋敷!?の巻』1冊まるごとためし読み公開中!




大人気発売中『星のカービィ 天駆ける船と虚言の魔術師』ためし読み公開中!




その他のカービィの本は以下のバナーからチェック♪



©Nintendo / HAL Laboratory, Inc. KB22-P3926