連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. コラム・エッセイ
  4. これから大人になる君たちへ
  5. みんなに読んでほしい 大人になるのが楽しみになる本!~池上彰さんからのメッセージ~

みんなに読んでほしい 大人になるのが楽しみになる本!~池上彰さんからのメッセージ~


法律改正で成人年齢が「18歳」に! だからみなさんは、お父さんお母さんより2年も早く“大人への準備”をしなければなりません。この本は、これから大人になっていくみなさんに知ってほしい「世の中の大切なこと」満載の一冊!
特別ためし第1回は、池上彰さんからのメッセージ。

小中高生から、その家族まで
みんなに読んでほしい、大人になるのが楽しみになる本!

法律の改正により、2022年4月から成人年齢は「18歳」に。これによって18歳から、たとえば「親の同意なく契約を結ぶ」「自分で不動産を借りる」といったようなことも可能になります。でも、成人年齢が引き下げられることは「大人になるまでの時間」が短くなるということ。そこにはいろいろな不安もあるはずです。
この本は、そうしたことを背景に、これから大人になっていくみなさんに向け、「世の中を渡っていくために最低限知っておくべきこと」をわかりやすくお伝えしようとまとめられましたが、監修の池上彰さんに本書の意義について語っていただきました。

池上彰さんからのメッセージ

2022年の4月から、成人になる年齢は「18歳」です。今までは20歳でしたから、これまでより2年も早く大人になるわけですね。

でも、そもそもなぜ「18歳」に引き下げられたのか? 
それは、世界の多くの国が「18歳=大人」としているので、日本もそれに合せる意味があったからです。また、日本の社会は高齢者が増え続けている一方で、若い人が減っている。社会が元気になるためには若い人たちの行動が必要ですが、絶対数が少なくなれば、日本の先行きは暗くなってしまいます。そこで、「大人としての自覚を早く持ってもらって社会を動かしてもらおう」と大人たちが考えたわけですね。

私はこれまで世界各地を取材で飛び回ってきましたが、日本に戻ってくると、18歳や19歳、さらに20歳でもあまりに幼く見えてしまって驚きます。世界では18歳にもなれば社会の一員としての自覚が生まれ、もう大人びているからです。

「そんなこと期待されてもなぁ」と思うでしょうか? 「大人になる」ことって不安なことばかりに見えますからね。でも、もし「大人になること」に不安を持っているとすれば、それは「いまの世の中を生きていく」ための知識が不足しているからかもしれません。

じつは、学校の教科書で学ぶことはどれも社会に出てから役に立つことばかりなのですが、とくに小中学生の間はそのことがなかなかわかりにくい。大人になってから「あぁ、そうだったんだ!」と気づくことが多いのです。

だったら、教科書とは別に「世の中を渡っていくために最低限知っておくべきこと」をいまのうちにざっと学んではどうだろう、そんな思いを込めてこの本は生まれました。

この本を通じて、あなたが「大人になるのが楽しみ」と思ってくれることを心から願っています!
 

書籍情報

「18歳成人時代」到来。大人になるまでに知りたい世の中の常識が満載!
法律改正により、2022年4月で成人年齢が「18歳」に。「成年」の定義が変わるのは実に約140年ぶりのことで、これによって18歳から、たとえば「親の同意なく契約を結ぶ」「パスポートを取得する」「不動産を契約する」といったことも可能になります。
でも、成人年齢が引き下げられることは「大人になるまでの猶予期間」が短くなるということであり、みなさんは現実として、今までより2年も早く“大人になる準備”をしなくてはなりません。
この本は、そうしたことを背景に、これから大人になっていくみなさんが「世の中を渡っていくために最低限知っておくべきこと」を伝えるべく、未来を生き抜くためのヒントを図版満載でわかりやすく展開していきます。
「大人になるの、面白そう」と、“期待と楽しみ”が湧いてくる一冊です!


これから大人になる君たちへ 学校では教えてくれない未来を生き抜くヒント

  • 監修:池上 彰
  • 【定価】1,650円(本体1,500円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】B5変形判
  • 【ISBN】9784046055347

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER

作家プロフィール