書籍情報

  1. ホーム
  2. 書籍情報
  3. 角川つばさ文庫
  4. ナガサキの命 伝えたい、原爆のこと

ナガサキの命 伝えたい、原爆のこと

ナガサキの命 伝えたい、原爆のこと

吉永小百合の平和への思いあふれる一冊、長崎編が登場。読書感想文に最適!

長崎で「あの日」起こったおそろしいこと、それは──。

1945年8月9日、それはとても静かな、夏の日でした。
せみの声しか聞こえません。
──ピカッ グォーッ! 
とつぜん投下された一発の原子爆弾によって、
長崎の町は一瞬で廃墟となりました。
そしてたくさんの命が炎に焼かれました。
3歳で実際に原爆を体験した筒井茅乃さんのお話「娘よ、ここが長崎です」で語られる
突然の母との別れ、混乱する浦上の町のようす、救助に当たる父の姿……
これらはすべて「本当にあったこと」なのです。
この物語のほかに、原爆詩6編と手記2編も収録。
“核のない世界”を強く願う、吉永小百合の平和への思いあふれる一冊!

  • 【定価】 704円(本体640円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書変形判
  • 【ISBN】9784046315519
  • 【レーベル】角川つばさ文庫

もくじ

【第一部】
「娘よ、ここが長崎です」 作・筒井茅乃

【第二部】
手記
萩野美智子(当時十歳)
深堀葉子(当時十一歳)

原爆詩集
「母を恋うる歌」福田須磨子
「帰り来ぬ夏の思い」下田秀枝
「入浴」福田須磨子
「原爆のうた」福田須磨子
「あの雲消して」香月クニ子
「花こをは心のいこい」福田須磨子

【あとがき】
吉永小百合

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER

関連書籍

こちらもおすすめ!