書籍情報

  1. ホーム
  2. 書籍情報
  3. その他
  4. 100年後も読まれる名作(4) 怪人二十面相と少年探偵団

100年後も読まれる名作(4) 怪人二十面相と少年探偵団

100年後も読まれる名作(4) 怪人二十面相と少年探偵団

名探偵と大泥棒の、歴史に残る名勝負をオールカラーで!感想文の書き方付き

『何度もおどろく大どんでん返し!!』

探偵七つ道具、ハトのピッポくん、そして、ちょっとばかりの知恵と勇気。
それさえあれば、子どもだって、悪い大人を、たおせるんだ!

日本を代表する名作ミステリーが、さくさく読めるオールカラー版になった!


【あらすじ】
小林君はある事件で両親を亡くし、名探偵・明智小五郎にひきとられ、小学生ながら探偵助手になる。そんなある日、大事件が発生! 犯人はいま日本中をさわがしている大どろぼう・怪人二十面相。羽柴家から、ロマノフ王朝のダイヤを盗み、息子の荘二君まで誘拐したという。ところが明智先生は海外出張中。小林君はひとり事件の捜査にのりだすが…。歴史にのこる名作ミステリーがオールカラーで登場!


【この本のおすすめポイント4】
1.お話にはいりやすい『物語ガイドまんが』
2.わくわく読書できる『カラー絵+ポスター』
3.ビリギャル先生がおしえる『読書感想文の書きかた』
4.面白さをぎゅっとしぼった『さくさく読める版』

  • 【定価】 968円(本体880円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】A5判
  • 【ISBN】9784048928656
  • 【レーベル】その他

もくじ

1 怪人二十面相、あらわる!
2 盗まれたダイヤモンド
3 おばけ屋敷
4 探偵七つ道具
5 小さな勝利
6 少年探偵団
7 怪人からの挑戦状
8 消えた名探偵
9 二十面相の魔術
作者と物語について 那須田 淳
読書感想文の書きかた 坪田信貴
いま、100年後も読まれる名作を読むこと 坪田信貴
お知らせ

怪人二十面相

変そう名人の大どろぼう。素顔はだれにも知られてない。

明智先生

まだ二十代ながら、日本を代表する名探偵。

小林くん

かしこく勇かんな小学生。明智先生の探偵助手。

文代さん

明智事務所があるアパートの大家さんの娘。

中村警部

警視庁一の刑事。二十面相にやられっぱなし。

井上

小林くんの同級生。少年探偵団を作ろうと声をかける。

ビリギャル先生の読書感想文教室

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER