ニュース

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 「自分の顔を一番よく見ている人間は自分」? メイクの力で「なりたい」を後押しする『なりたいアナタにプロデュース。』

「自分の顔を一番よく見ている人間は自分」? メイクの力で「なりたい」を後押しする『なりたいアナタにプロデュース。』

「自分の顔を一番よく見ている人間は自分」? メイクの力で「なりたい」を後押しする、小中学生向けエンタメ小説が角川つばさ文庫より発売!

メイクはどんな人がしてもいい、勇気をくれる《魔法》。
『なりたいアナタにプロデュース。(1)』浪速ゆう・作 相崎うたう・絵




なりたい自分を後押しする、勇気の魔法・メイク

もし、夢や目標、かなえたい願い、努力していることがあったとき。
メイクやおしゃれをして見た目を変えることは、不要で、余計なこと。
――そうでしょうか?


かつて、自分に自信がなかった主人公・ゆずは。トップメイクアップアーティスト・Keiから直々にメイクを受け、身をもって魅力を体感。メイクアップアーティストを目指すようになります。

一人独学で練習を重ねるある日、思わぬ形ではじめての「メイク仲間」と出会い、交流がはじまって……?

この本を通して分かることは、「人はちょっとしたきっかけで『変わる』ことができる」。そしてメイクは、その人が変わる勇気や自信を出す「きっかけ」をくれる、小さな「魔法」。

角川つばさ文庫 3月発売の新シリーズは、そんな、メイクの力で「なりたい」をかなえていく、きらめく応えんストーリーです。




発売前から期待の声


「見ただけで、これは絶対に面白い!って、わかります!!」(小5・セキレイさん)
「イラストと紹介文見ただけで読みたくなりました!」(小6・ねこさん)
「メイクで『なりたい』を叶えるってすごい!メイクの知識とか知れたらいいなぁ〜!」(小5・Mたろさん)

 

など、現役小学生のみなさんから、発売まえから期待の声が続々届いています。


メイクのパワーは無限大!

今巻ゆずはがメイクを通して向き合うのは、3人の同級生。
ひとりはメイク初心者の友人。ひとりは敏感肌の親友。もうひとりは、メイクが好きなことをかくす転校生。

どんな状況だって、誰だって「変わりたい」「なりたい」気持ちをあきらめなくてもいい。でも一体どう向き合えば?
平易な解説やトライしやすいアイデアの連続で、小学生でも楽しく、一緒に考えたり手を動かしながら読み進められます。



メイクは偽り?

そんな彼女に作中で立ちはだかるのは、風紀委員の男の子。

「メイクはしょせん、自分の素肌と素顔を隠すための道具だろ?」
「メイクをして、うわべだけ着飾って、自分に自信を持てた”つもり”になるんだろ?」


変わることができた、と思っていた。だけどそれは、まやかし?
もしかして、見た目が変わっても、中身はあの頃のまま?
メイクは本当に「魔法」?


悩み葛藤するゆずはが最後にたどり着く答えに、ぜひご注目ください。

きらめく応えんストーリー

令和の小中学生に向けた、メイクと勇気の物語。

トータルビューティーの国際資格を持つ浪速ゆう。メイクのもつパワー、楽しさを明るく軽やかに描きます。


学生当時、メイク科の先生が言っていた「自分の顔を一番よく見ている人間は自分」という言葉が今でも頭に残っています。
顔を洗う時、髪を整える時、歯をみがく時など、自分の顔を一番見るのって、自分ですよね?
だから他の人が気付かない小さな変化でも、自分にとっては大きなものだったりすると思うんです。
メイクはその変化を、良い意味で手助けすることができる魔法だと思っています。

                                      (本文あとがきより)

イラストを手掛けるのは、気鋭の漫画家・相崎うたう。
児童文庫初挑戦のタッグが手掛ける本作を、ぜひご高覧ください!

 

書誌情報


なりたいアナタにプロデュース。(1) きらめく魔法、はじめます!

  • 作:浪速 ゆう 絵:相崎 うたう
  • 【定価】748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046321480

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER

関連記事