キャンペーン

  1. ホーム
  2. キャンペーン
  3. ためし読み
  4. 【第1章ためし読み】廣嶋玲子『おっちょこ魔女先生 魔女修業は危険がいっぱい!』

【第1章ためし読み】廣嶋玲子『おっちょこ魔女先生 魔女修業は危険がいっぱい!』


アニメ絶賛放送中!「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」の著者・廣嶋玲子最新作!『おっちょこ魔女先生 魔女修業は危険がいっぱい!』が11月26日に発売!新しい魔法のものがたり第1章を公開です!

 花丸(はなまる)小学校には、(おつ)()()()先生という()(けん)(しつ)の先生がいます。あだ名は、おっちょこ先生。あまりにドジでおっちょこちょいだからです。

 でも、このおっちょこ先生は、じつは()(じょ)でした。悪い魔女ではなく、子ども(たち)を魔物から守ったりするいい魔女です。

 そして、この()(みつ)を知っているのは、二人だけ。五年生の(まつ)(たに)いさなと(ゆき)(むら)()(ぐさ)です。二人はおっちょこ先生によって、この世に()(ほう)()(もの)(そん)(ざい)することを知りました。

 でも、それは魔女の秘密。

 そして、魔女の秘密は、どんなことがあっても人間に知られてはいけないものだったのです。



 いさなは目をきらきらさせながら、体育館に立っていました。

 今日は終業式。明日(あした)からは夏休みです。もちろん、頭の中はこれからの夏休みのことでいっぱいで、(だん)(じょう)にいる校長先生のありがたいお話など耳に入ってきません。

「とりあえず、毎日プールに行くでしょ。それからお祭り。お父さんは海とキャンプに()れてってくれるって(やく)(そく)してくれてるし。夜は花火も(ぜっ)(たい)したい。あ、今年はスイカを(なん)()食べられるかな? うへへへ」

 一方、いさなの(あい)(ぼう)()(ぐさ)も、目をうっとりさせて、これまた上の空でした。

「明日から夏休み。すばらしい。体育の(じゅ)(ぎょう)がないと思うと、本当に心が軽くなるよ。とりあえず、毎日図書館通いだな。クーラーの()いた図書館で本に(かこ)まれる。ああ、最高(さいこう)だ。むふふ」

 そんなこんなで終業式は終わり、今学期最後のホームルームも終わり、いよいよ解散(かいさん)となった時です。

 いさなはふと、()(ぐさ)に言いました。

「おっちょこ先生は夏休みをどう()ごすんだろうね?」

()(じょ)の夏休みか。なにか気になるね。ちょっと聞いてみようか」

 ()(けん)(しつ)の先生、(おつ)()()()先生こと、おっちょこ先生はじつは魔女なのです。ひょんなことからその()(みつ)を知ってしまったいさなと()(ぐさ)は、なんとなくおっちょこ先生のことが気になってならないのです。

「あ、それと、おっちょこ先生にメガネを返さないと」

「ああ、そうだったね。一組の(はや)(かわ)さんに()いていた魔物を(つか)まえるのに、()りたままだった」

 二人はおっちょこ先生に教えてもらったおかげで、世の中には魔物というものがいて、人に取り憑いては悪さをするということを知りました。だから、だれかが急にいつもと(ちが)感じになった時は、おっちょこ先生から魔物を見ることができるメガネを借りて、魔物が憑いていないかを調べ、憑いていたら、それを捕まえるようにしているのです。

 二日ほど前にも、急に()きだすようになった子から「()(むし)」をひっぺがしました。でも、メガネを返すことをうっかり(わす)れていたのです。

 そこで、ほかの子ども(たち)がどんどん家に帰っていく中、二人は保健室に向かいました。

「おっちょこ先生、いるー?」

「入りますよ、おっちょこ先生」

 声をかけて保健室に入ると、おっちょこ先生がそこにいました。()(がら)で、えくぼのかわいいおっちょこ先生は、にこりとしました。

「いらっしゃい、二人とも。今日はどうしたんですか?」

 いつものとおりのおっちょこ先生。でも、二人にはなにか引っかかりました。

 ()(ぐさ)がそっと聞きました。

「もしかして……身代わり先生ですか?」

 おっちょこ先生は魔女の用事があって、ちょこちょこ保健室からいなくなることがあるのです。その時は、わら人形に自分そっくりに化けてもらい、身代わりになってもらうのです。

 はたして、おっちょこ先生はうなずきました。

「そのとおりです。……どうしてわかりました?」

「うーん。なんとなくです」

「そう。なんか、ちょっと違うなって感じがするんだよね」

「ふむ。その違いとやらをクリアしなければいけませんね。()(やぶ)られてしまうなんて、身代わりわら人形として(しっ)(かく)です」

 本物のおっちょこ先生より、身代わりのほうがずっとまじめだなあと、いさなと()(ぐさ)(わら)いました

関連記事

関連書籍

おっちょこ魔女先生 魔女修業は危険がいっぱい!

おっちょこ魔女先生 魔女修業は危険がいっぱい!

  • 【定価】本体920円(税別)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】四六判
  • 【ISBN】9784041100424
おっちょこ魔女先生 保健室は魔法がいっぱい!

おっちょこ魔女先生 保健室は魔法がいっぱい!

  • 【定価】本体900円(税別)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】四六判
  • 【ISBN】9784041089422