連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. 【先行連載】しゅご☆れい探偵
  5. 【先行連載】しゅご☆れい探偵 第4回

【先行連載】しゅご☆れい探偵 第4回


80万部突破の「こわいもの係」や「キミト宙へ」シリーズの
人気作家・床丸迷人さんの新シリーズ「しゅご☆れい探偵」を一足早く公開中です!

しゅご☆れい探偵 床丸迷人・作


『たからさがし』
 

4 折り入ってのお願い

 

 ……え? 怒らせた? 

「あれ? あのとき玲(れい)って怒ってたの?」

 たしかに、ちょっぴり不機嫌(ふきげん)そうではあった……かもしれないような、そんな気がしないでもないようなあるような……。

“怒ってたよ”

「そ、そうなんだ。でもなんで? オレ、なにかしたっけ?」

“わたしと電話でお話して、シュゴくんがうれしそうにしてたから、だよ”

 ……?

 なんでそれで玲が怒るの?

“うわぁ、シュゴくん、ニブすぎっ”

 ちーちゃんがあきれたような悲鳴をあげた。

“シュゴくんのことが好きだからに決まってるでしょ!”

 ……へ? だれが?

“玲さんだよっ!”

 え? え? え?

  えっと、好きってのはいわゆる、その、れ、恋愛的な意味?

 ってことは、それってつまり俗っぽい言い方をすれば、玲がちーちゃんにヤキモチを焼いたってこと?

“だよ”

 いやいやいやいや。

「ないない、それはないよ」と、笑い飛ばす。

「オレと玲はたまたま家がおむかいさん同士で、小一からたまたま六年間ずっと同じクラスだけどさ。玲がオレのことを恋愛対象として見てるとか、そんなの全然あるわけ……」

 そこまで言って、軽く息をのむ。

「……え、えっと。ひょっとして、そうなの?」

“『ひょっとして』じゃないよ、まったく。シュゴくんって、そっち方面は、からっきしなんだから。恋愛検定は0点の赤点の再試験確定だよっ!”

 

 



 

 い、いや、そんなこと言われましても。

 そもそもそういうのって、オレ、あんまり意識したこともなくって……。

“あーぁ。そんなんじゃ、わたしをおよめさんにしてくれるって約束したことも、忘れてるでしょ?”

……は? へ? は?

「え、オレ、そ、そんなこと言った?」

“言ったよ。積み木でお城作ってるとき、わたしが『シュゴくんのこと、すき』って言ったら、『じゃあ、おおきくなったらけっこんしようね』ってプロポーズしてくれたもん”

 ぶふっ……と、思わず噴きだす。

  いやいやいや、ぜんぜんまったく一ミリも覚えてないし。そもそも、それをプロポーズって言っていいのか?

“ええー!?”ちーちゃんが非難の声をあげる。

“じゅうぶんプロポーズだよぉ。それともまさかシュゴくん、純粋な乙女心をもてあそんだだけなの?”

「いやいやいやいや、そそ、そういうのじゃなくって……」

 せっかくお風呂に入ったのに、めちゃくちゃ冷や汗をかいてしまっている。

“ショック。わたし真剣だったのに”

 ちーちゃんの声色がずどんと落ちこむ。

“あのときシュゴくんも、『ぼくもちーちゃんのこと、だいすき』って言ってくれたんだよ……”

「え、えっと、あの、その……ごめん」

 オレがしどろもどろで謝ると、ちーちゃんは、えへへと明るく笑った。

“いいよいいよ、許してあげる。若気の至りってヤツだよね。それに大変残念なんだけど、いろいろ事情があってわたし、シュゴくんのプロポーズ受けられなくなっちゃったんだ。こっちこそごめんね”

  ……え?

 それって、だれか別に好きな人ができたってこと、かな?

 まぁ、幼稚園のころのちーちゃんのかわいさから考えれば、小学五年生になった今現在、男子にモテモテであろうなんてことは、かんたんに想像がつくけれど。

“ふふ、それは秘密だよ。でもシュゴくん、もうすこし女の子のこと勉強しなくちゃダメだよ”

 なぜ、こんなことでダメ出しされなくてはならないのか。

“明日、玲さんにちゃんと謝るんだよ、わかった?”

 はい。なんか、すみません……と、一人頭を下げつつ、あの泣き虫でおどおどしていたちーちゃんが、これだけハッキリしゃきしゃき話すようになったってのが、うれしくもあった。

「ちーちゃん、すっごく元気そうで安心したよ。昔、身体弱かっただろ? オレが卒園するころはずーっと休んでて、会えなかったし」

“えへへ、ご心配なく”

 スマホを当てた耳にひときわ元気で明るい声が響いた。“最近は病気知らず。ここ数年は風邪(かぜ)一つ、ひいてないよ”

 力強さを感じさせるもの言いに、ホッとうれしいため息が出る。

“でも、シュゴくんの低すぎる恋愛偏差値(れんあいへんさち)をまのあたりにして、今ちょっとだけ頭痛がしてるけどね”

 ケッコー口が悪くなっている……ような気がする。

「ところでこっちにはいつ、何の用で来たの? 観光?」

“ううん、遊びには来てない”

 ……え? それじゃなんで、ちーちゃんのスマホが落ちてたんだ?

 頭に浮かんだ疑問をぶつけようと口を開きかけたところで、しかし、ちーちゃんが、

“ごめんシュゴくん。昼間は『いろいろくわしく話す』って言ったけど、ホントは話せないことがいっぱいあるんだ。だから、なにも聞かないでほしいの”と、まるでオレの思考を読みとったかのように先手を打ってきた。

“今はこまかい事情は話せないの。そのスマホのこともふくめて。ごめんなさい”

「……あ、あぁ」

 そう言われると、もはやなにも言えなくなる。

“それで、すっごく勝手なんだけど、シュゴくんに折り入っての頼みごとがもう一つだけあるんだ”

「へ? 頼みごと?」

“あ、一つじゃなくって四つになるのかな。んで、できれば……ううん、絶対、玲(れい)さんもさそっていっしょに動いてほしいの”

 玲も? なんで?

“二人で力を合わせてほしいから。だって二人がケンカしたままじゃ、わたしが困るんだよ。仲良くしてもらわないといけないんだから”

 ……意味不明すぎる。

 そもそもケンカなんかしてないし。たぶん。

“もう、そんなのんきなこと言って。そう思ってるのはシュゴくんだけだよ。とにかく明日、玲さんに謝ってお願いして、それから、シュゴくんと玲さんでいっしょに事件を解決してください”

 へ? 事件? 解決? なんだか物騒なワードが飛びかっている。

「頼みごとって、いったいなんなんだ?」

“あ、う、うん。えーっとね、シュゴくん、わたし今からかなりヘンなこと言うけど……その、びっくりしないで聞いてね”

 ちーちゃんはすこし口ごもった。

“あ、あのね……”

  

 

〈第5回へと続く〉
 

次回の更新は3月7日(月)を予定しているよ☆
楽しみに待っててね!

 


しゅご☆れい探偵(1) ふたりで、ふしぎな事件を解決します!

  • 作:床丸 迷人 絵:雨宮 もえ
  • 【定価】748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046321527

紙の本を買う

  • カドカワストア

電子書籍を買う

人気作家・床丸迷人さんのシリーズ作品!


四年霊組こわいもの係

  • 作:床丸 迷人 絵:浜弓場 双
  • 【定価】770円(本体700円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書変形判
  • 【ISBN】9784046313430

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER

キミト宙ヘ(1) 食いしんぼ王女のボディガード

  • 作:床丸 迷人 絵:へちま
  • 【定価】748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046318107

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER

このはなさくらさんの新シリーズ『海斗くんと、この家で。』も一足早く公開中!


関連記事