連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. 【先行連載】『君のとなりで。』最終9巻 ためし読みれんさい!
  5. 【先行連載】『君のとなりで。』最終9巻 ためし読みれんさい! 第1回 序奏

【先行連載】『君のとなりで。』最終9巻 ためし読みれんさい! 第1回 序奏


大人気の恋愛&部活ストーリー『君のとなりで。』シリーズ、ついに完結!10月13日発売の最終巻『君のとなりで。(9)この道を、ずっといっしょに』を、いちはやくスペシャルれんさいでお届けします。
※このお話は、『君のとなりで。(8) ふたつのさよなら、ひとつの始まり』を読んでから読み進めてね!

まだ『君のとなりで。』を読んでない方は1巻から3巻まで読める『君のとなりで。』スペシャルれんさい!が期間限定で復活中なので読んでくださいね。

きょうは、伊吹先輩の卒業式の日。これでもうお別れ…?と思っていたけれど、そうじゃなかった。卒業式のあと、駅までの道を、先輩のとなりを歩くさくらに、先輩が話したことって、いったい…?

****************

さよならとともにはじまった、

ふたりの恋。

 

がむしゃらに追いかけて、

たどり着いたのは、

ずっと夢見てた、あなたの「となり」。

ここから見る景色は、

すべてがキラキラ輝いているんだ。

 

あなたがくれた、

たくさんの言葉と思い出を胸に、

どんな壁だって乗り越えていこう。

この先もずっと、

あなたのとなりにいたいから。

 

 

****************

 

♪序奏 

 

****************

 

 卒業式の帰り道。

 

 あたたかな春の日差しをあびながら、私は伊吹先輩といっしょに歩いていた。

 

 先輩と帰るのは、何度目だろう。

 

 先輩が私を待っていてくれたことや、雪の降る中、カサに入れてもらったこともあったっけ。

 

 いっしょに帰るときは、いつも先輩の背中を追いかけてた。

 

 でも、今日は、今までとは違う。

 

 先輩とカレカノになってから、初めて、先輩のとなりを歩いてるんだ。

 

 すぐそばから私を見下ろして、先輩が優しい声で言う。

 

「卒業式の入退場の演奏、よかった」

 

「ありがとうございます! 先輩にそう言っていただけてうれしいです」

 

 私は、先輩を見上げて、笑顔でこたえた。

 

 卒業式の演奏には、3年生の先輩たちがいない。

 

 初めて1、2年生だけで演奏したんだ。

 

 心細かったけど、先輩たちにほこってもらえるような演奏をしたくて、練習をがんばった。

 

 それに、伊吹先輩に届くよう、心をこめて吹いたから、『よかった』って言ってもらえて、とってもうれしい。

 

 私の言葉にほほえんでこたえてくれた先輩は、つないだ手を、きゅっと軽くにぎった。

 

 先輩がつないでくれている手は、大きくて、頼もしくて、あたたかい。

 

 だけど、駅はもう目の前。

 

 この手を、もうすぐはなさなくてはいけない。

 

 先輩といっしょの時間は、いつもあっという間で、なごりおしいよ。

 

 駅の少し前で、先輩が足を止めた。

 

「卒業式の帰りは、さすがに人が多いな」

 

「そうですね」

 

 先輩が言ったとおり、改札の前には卒業生がたくさんいる。

 

 それだけじゃない。

 

 私服姿の女子たちも、駅の前で誰かを待っているみたいに、きょろきょろしてる。

 

「もしかして……」

 

 あの人たち、伊吹先輩のファンかも!

 

 卒業式に出席できる在校生は、入退場の曲を演奏する吹奏楽部員だけ。

 

 だから、卒業式に出られなかったファンの人たちが、伊吹先輩をひとめ見たくて待ってるのかな。

 

「まぁ……そうだろうな」

 

 伊吹先輩も私と同じことを考えているみたい。

 

 私の心の中は、『どうしよう!』って大あわて。

 

 だって、伊吹先輩と手をつないで歩いてるところを見られたら、間違いなく大さわぎになって、先輩に迷惑をかけてしまう。

 

「時間差で帰りましょう。私、しばらく時間をつぶしてから駅に行きますから、先輩は先に……。いえ、私が先に帰って、先輩はみなさんがいなくなってから帰るほうが安全でしょうか」

 

 どちらにしても……私はここで先輩とお別れだ。

 

 はなそうとした手を、先輩がぎゅっとにぎってひきとめた。

 

「えっ、……先輩?」

 

 おどろいて先輩を見上げると、先輩は少し困ったような顔をして聞いてきた。

 

「もうちょっと歩くけど、次の駅までつきあってくれる?」

 

「……っ!」

 

 私といっしょに、このまま、次の駅まで歩いていこう……ってこと?

 

 先輩も、まだ私といっしょにいたいって、思ってくれているのかな。

 

「はい! もちろんです」

 

 先輩の気持ちがうれしくて、とびきりの笑顔を向けると、先輩はふっと笑ってくれた。

 

 次の駅に向かって、私たちは、ふたりでならんで歩き出した。

 

 初めて歩く道も、先輩といっしょだと、景色がぜんぶキラキラして見える。

 

「明日、どっか行きたいところある?」

 

 とつぜん、先輩が口にしたその話題に、ドキッとしちゃった。

 

 明日は、私の誕生日。

 

 伊吹先輩はさっき、デートにさそってくれたんだ。

 

 先輩が私の誕生日を覚えてくれていただけでうれしいのに。

 

 誕生日に、伊吹先輩と初めてのデートができるなんて……!

 

 それだけで、最高の誕生日プレゼントをもらった気分だよ。

 

「お前の誕生日だから。行きたいとこあるなら教えて」

 

「ありがとうございます……!」

 

 先輩といっしょなら、どこでも楽しいにきまってるから、逆に、どこへ行こうか迷ってしまう。

 

 うーん。どうしよう。あっ! そうだ!

 

 前に、さっこや加代ちゃんといっしょに、『理想のデート』で盛り上がったとき、私は、
 

『遊園地に行ったり、買い物したりかな』

 

 って、言ったんだった。

 

「私、先輩と買い物デート……したいです」

 

 はずかしくて、だんだん声が小さくなっちゃったけど、先輩にはちゃんと届いたみたい。

 

 先輩はくいっと口のはしをあげた。

 

「りょーかい」

 

 その声とほほえみに、キュンって胸がふるえた。

 

 ああ、もう。かっこよすぎて心臓がもたないよ。

 

「明日、楽しみにしてます」

 

「ああ」

 

 先輩は少し目を細めながら、

 

「俺も」

 

 そう言って優しく笑ってくれた。

 

 先輩も、明日のデートを楽しみにしてくれているんだ。

 

 そう思ったら、トキメキがとまらない。

 

 いつまでも、こうして話していたかったけれど……。

 

 あっという間に、次の駅についてしまった。

 

 改札の前で立ち止まって、手をはなす。

 

「じゃあ、また明日。気をつけて帰れよ」

 

「はい!」

 

 ――また明日。

 

 その言葉がうれしくて、一瞬でさみしさが吹き飛んだ。

 

 明日も、先輩と会える。

 

 先輩が、私の『理想のデート』をかなえてくれる。

 

 会える約束があるって、こんなにうれしくて幸せなんだね。

 

 いつも切なくなる『さよなら』の瞬間を、心からの笑顔ですごすことができるんだって、私は初めて知ったんだ。

 

明日は、さくらの13歳の誕生日で、さくらの『彼氏』になった、伊吹先輩との初デート!
ドキドキの次回を、おたのしみに!(9月28日公開予定)

 


最新刊『君のとなりで。(9)』10月13日発売!



「一生、となりにいてください」――さくらと伊吹先輩の物語、完結編!
吉川さくら、12歳。ずっと想い続けてきた伊吹先輩が、吹奏楽部を引退。
そして、ついに中学校を卒業する日がやってきた。
これでお別れ…じゃ、ない!? 卒業式の次の日・さくらのお誕生日に、先輩とデートすることに。
でも、伊吹先輩ファンクラブのメンバーに見つかってしまって、大ピンチ!
ふたりの関係は、どうなっちゃうの…!?
さくらと伊吹先輩、いっしょにすごした時間と絆、そして想いがいっぱいの、シリーズ最終巻です!


君のとなりで。(9) この道を、ずっといっしょに

  • 作:高杉 六花 絵:穂坂きなみ
  • 【定価】 748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046321657

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う


『君のとなりで。(1)~(8)』も好評発売中!


関連記事