ニュース

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【最新作をさき読み!】『からくり探偵団 懐中時計の暗号を解け!』第1章公開!

【最新作をさき読み!】『からくり探偵団 懐中時計の暗号を解け!』第1章公開!

「おいおい、トランプを(ひろ)うのがおまえさんの(げい)なんかい?」という(こえ)なども(きゃく)(せき)からあがってしまう()(まつ)(けっ)(きょく)、つぎの()(よう)ショーの()(かん)がきてしまい、(とう)さんは「いやあ、どうもすみません……」と(ちょう)(はつ)(あたま)をかきかき、()(たい)をおりてでていった。

 タクミのとなりのテーブルのおばあさんたちが(かたち)ばかりの(はく)(しゅ)(おく)りながら、ひそひそと(はな)している。

「こんなにドキドキした()(じな)ははじめてだわ」

「ほんとにねえ。(しん)(ぞう)(わる)かったねえ」

 まったくもって、()(ざま)としか()いようがない。

 タクミは(そう)(すけ)をうながして、そそくさと(かい)(じょう)をあとにすると、(ひか)(しつ)にいる(とう)さんにはあいさつもせず、このマンガコーナーにやってきたのだった。

 (あさ)からつづいた()(うん)と、まのあたりにした(とう)さんの(しっ)(たい)……。タクミがかなり()()(げん)なのも()()はなかった。

 

「ねえねえ」と(そう)(すけ)(わら)いをかみ(ころ)しながら、タクミに(はな)しかけはじめた。

「……なにさ?」

 タクミの仏頂(ぶっちょう)づらなどには()づきもしないようすで、(そう)(すけ)は手にしたマンガ(ざっ)()(ゆび)さしながら(はなし)をつづける。

「この(さい)(しん)(ごう)の〈(あん)(ごう)()()〉、()んだ?」

「……ああ」

「おもしろかったねえ。あのビリーがじつは(がい)(こく)(おう)()さまだった! なんて、びっくりだよ。でも(こん)(かい)(あん)(ごう)は、けっこうむずかしいよなあ」

(あん)(ごう)()()〉というのは、いま(だい)(にん)()(れん)(さい)マンガだ。(あん)(ごう)()くことだけが(ちょう)(とく)()で、ほかのことはダメダメの(しん)(まい)(けい)()(つう)(しょう)(あん)(ごう)()()が、(しょう)(たい)()(めい)()(はつ)(きん)(ぱつ)(しょう)(ねん)・ビリーとともにコミカルに()(けん)()()かす……というストーリーで、(まい)(かい)ラストに()(ごう)()ちこす(あん)(ごう)がしくまれている。そして、(どく)(しゃ)がその(あん)(ごう)を解いて(かい)(とう)(ざっ)()(しゃ)(おく)ると、(せい)(かい)(しゃ)のなかから(ちゅう)(せん)(いち)(めい)(さく)(しゃ)のサイン()(しき)()(おく)られることになっているのだ。タクミも(そう)(すけ)も、(せい)(かい)()いたはがきをなんども(おく)っているが、サインはいちどもあたったことはない。

 (そう)(すけ)(ざっ)()(あん)(ごう)文をメモにひき(うつ)しつつ、うなっている。

「うーん、()んぼの()だろ? つぎはひらがなの〈な〉、で、こっちは(なや)みその(ひょう)(ほん)(しゃ)(しん)、また〈な〉、(さい)()が、()とり(せん)(こう)()……。いったいなんのこっちゃ? やっぱりぜんぜん、わかんないよ」

「そんなにむずかしくもないよ」とタクミ。

「そう?」

「ほら、まえに(ぶん)(しょう)(ぎょう)(さい)(しょ)(もじ)字をつなげると()()(つう)じる(あん)(ごう)があったじゃない?」

「ああ、あったね」

(こん)(かい)のは()(しゃ)(しん)がまざってるけど、()(ほん)はおんなじさ」

「あ! そうか!」

 (そう)(すけ)()(かがや)かせて、メモにペンを(はし)らせる。

「なるほど、()んぼだから、〈た〉でつぎはそのまま〈な〉、で(のう)みその〈の〉……。ああ、そうか。〈たなのなか〉ってことか!」

「そ。かんたんだろ」

「うう。まあわかっちゃえば、そうだなあ」

(そう)(すけ)はさ」とタクミがちょっとさとすように言う。「もうすこし(ちゅう)()(ぶか)(かんが)えたほうがいいよ」

「まあ、そうだよな」と(そう)(すけ)()(なお)(あたま)()れている。

 (そう)(すけ)とは(よう)()(えん)のときからのつきあいだ。ケンカもいままでほとんどしたことがない。いつものタクミなら、(わら)ってすませるはずなのだが、今日(きょう)のタクミはちがった。()(ぶん)でも(おも)いもよらないほどきつい()調(ちょう)で、(そう)(すけ)にかみつきはじめた。

「そうだよ。おまえさ、いっつも()(ぶん)(かんが)えないじゃんか」

「……うん」

「このまえだって、(けっ)(きょく)オレが()つけた(こた)えを()(うつ)してたよね。ああいうのよくないよ」

「……なんなんだよ」うつむいていた(そう)(すけ)()()にした(かお)をあげ、(くち)をとがらせ(はん)(ろん)しはじめた。「そりゃ、タクミは(あん)(ごう)()いたりするの(とく)()だよね。でも、ぼくは(かんが)えても(かんが)えても、ぜんぜんわかんないんだから、しょうがないだろ!」

「いろんな(ほう)(こう)から(かんが)えなきゃダメなんだよ」とタクミもひかない。ぐいっとあごをつきだして(そう)(すけ)にむきあう。「(そう)(すけ)はいっつもうわっつらしか()ないで、まっすぐにしか(かんが)えないから、()めが(あま)いんだ」

(ひと)には、()()()き、()()()()()ってのがあんだよ。タクミだって、ダメなところあるだろ! からくりのしかけはパッとわかっちゃうかもしれないけど、()()(よう)だったり、とかさ」

「……! そんなの、わかってるよ! だから、()(りょく)してるんじゃないか!」

「さっきのおじさんの()(じな)(しっ)(ぱい)しちゃったから、()(げん)(わる)いのはわかるよ。でもだからって、ぼくにあたってもしょうがないだろ」

「な! (とう)さんは(かん)(けい)ない!」

「そうかな?」

「そうだよ!」

 いつしか、タクミと(そう)(すけ)はつばをとばして()いあいをはじめていた。たしかにタクミは〈からくりじかけ〉のしくみを()()かすのが(とく)()だ。そのおかげか、からくり人形(にんぎょう)がらみの、(まち)(ろう)(じょ)をだまそうとする()()()(けん)(かい)(けつ)(ひと)(やく)()って、タクミと(そう)(すけ)たちは〈からくり(たん)(てい)(だん)〉などと()ばれたこともある。

 そして、おそろしく〈()()(よう)〉だということも、ほんとのことだ。タクミはそれを(こく)(ふく)しようと、()(がみ)(まい)(にち)()ったり、()のおもちゃをつくる()()()(ごと)手伝(てつだ)いをしたりしているが、それでも()さきは(おも)うようにテキパキと(うご)いてくれない……。

 (そう)(すけ)もそのことはようく()っているはずだった。()()(よう)なタクミをかばってくれたこともある。()(りょく)していることも()っているはずだ。それなのに、いまさらそんなことを()うなんて……。それも、(とう)さんのことまで()ちだして……。

関連書籍

からくり探偵団 懐中時計の暗号を解け!

からくり探偵団 懐中時計の暗号を解け!

  • 【定価】 990円(本体900円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】四六判
  • 【ISBN】9784041089446

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER
からくり探偵団 茶運び人形の秘密

からくり探偵団 茶運び人形の秘密

  • 【定価】 935円(本体850円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】四六判
  • 【ISBN】9784041077009

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER