ニュース

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【最新作をさき読み!】『からくり探偵団 懐中時計の暗号を解け!』第1章公開!

【最新作をさき読み!】『からくり探偵団 懐中時計の暗号を解け!』第1章公開!

(いろは歌)に隠された「暗号」いっぱいのミステリー、君には解けるかな?3月26日発売予定『からくり探偵団 懐中時計の暗号を解け!』第1章を先行公開!



1 (あん)(ごう)()()()()()(しょう)(ねん)

 ()(さか)タクミはテーブルにほおづえをつき、(くち)をへの字にぐいと曲げ、マンガ(ざっ)()をパラパラとめくっていた。

 ここは、タクミの(いえ)(きん)(じょ)にあるスーパー(せん)(とう)だ。(しょう)(ぎょう)ビルの(じょう)(そう)(かい)にある(せん)(とう)で、(かん)(ない)()(てん)()()からは(とう)(きょう)スカイツリーが()(ぢか)()える。ジェットバスや()たせ()といったさまざまな()()のほか、サウナ、(しょく)()(どころ)などもあって、()もとの(じゅう)(みん)だけでなく、おおくの(かん)(こう)(きゃく)(おとず)れるいやしの()となっている。

 そしていま、タクミがいるのは(せん)(とう)(ない)(きゅう)(けい)コーナーだ。ちいさいテーブルと()()のセットが(じゅっ)(くみ)ほどと、リラックスできる()()()がいくつかならんでいて、(たな)につまったマンガ(ぼん)は、どれもみな()(ほう)(だい)になっている。

 タクミのとなりにすわっているのっぽの(しょう)(がく)(せい)は、タクミの(ゆう)(じん)(しま)()(そう)(すけ)老舗(しにせ)(てん)(どん)()〈しまだ〉の息子(むすこ)で、いつもはしっかりしているのだが、いまはだらしなく(くち)もとをゆるめ、ときおり「グフッ」と不気味(ぶきみ)(わら)いをもらしつつ、マンガに()(ちゅう)になっている。

 

 とにかく今日(きょう)、タクミは(あさ)から、ありえないほどツイてなかった。

 まずは、(かい)(だん)からまっさかさまに()ちる(ゆめ)()()めた。そのときベッドからズデンと(ころ)()ち、したたか(こし)()ってしまった。トイレに(はい)ればペーパーは(しん)だけで、()()もない。(かあ)さんが()いたトーストは()(くろ)こげ。(もん)()をつけたら、(ぎゃく)()(ごと)をかえされるわ、()ようと(おも)ってタンスからひっぱりだしたシャツのボタンはとれているわ、()(ねこ)・フクのしっぽをふんづけてひっかかれるわ……。もうさんざんな(いち)(じつ)のスタートだった。

 そしてとどめが、さきほどの(とう)さんの(げい)だ。タクミの(とう)さんは(げい)(にん)で、(げい)(めい)()(さか)ヨージロー。ずっとひとりで(しば)()やコントを(えん)じていたのだが、(さい)(きん)おぼえはじめた()(じな)(ひょう)(ばん)になり、ときおり(えん)(かい)などに()ばれるようにもなってきた。今日(きょう)もこの(せん)(とう)の〈()(ぜん)()〉の()(よう)ショーの(ぜん)()としてまねかれ、一人(ひとり)(しば)()()(じな)()(ろう)しにきたのだった。

 が、しかし。

 (とく)()のサラリーマンネタの一人(ひとり)(しば)()はさておき、あとの()(じな)(さい)(あく)だった。

 (たたみ)()きの広い(ひろ )(えん)(かい)(じょう)には、(あさ)()()あがりの(きゃく)(じゅう)(すう)(にん)。タクミと(そう)(すけ)(とう)さんの()(びと)ということで()(りょう)(にゅう)(かん)させてもらい、()にゆったりとつかってきた。そしてさっぱりしたあと、(かい)(じょう)のすみっこにちんまりすわって、(とう)さんの(えん)()をながめながら、パチパチと()をたたいていた。

 (きゃく)のほとんどが(ねん)(ぱい)の人だった。(ひる)まえだというのに、ビールを()(じゃく)()みながら(けい)()(しん)(ぶん)()ているおじいさん、()しだまってもくもくと(さし)()()べている(ろう)(ふう)()、グループできているおばあさんたちはおしゃべりに()(ちゅう)になっている。

 そんななか、(とう)さんがひときわ(おお)きな(こえ)(きゃく)(せき)にむけて()びかけた。

「はあーい、お()たせしました! ()(さか)ヨージロー! これからみなさま(たい)(ぼう)()(じな)()(ろう)いたしまーす!」

 さきの一人(ひとり)芝居(しばい)はまあまあ()けていて、(わら)いもそれなりにあがっていた。それで()をよくしたらしく、(とう)さんは()あいいっぱいに(ひと)(くみ)のトランプをとりだした。と、そのとたん、トランプの(ふだ)()からこぼれ()ち、(だん)(じょう)()らばった。(きゃく)はそれがひとつの()()だと(おも)いこんでくれたのか、()(せん)をさらに(とう)さんにそそぐ。

 だが、タクミはもちろん()っている。いまのはただのポカミスでしかない。ほんとうだったら、()(ぎわ)よく()ったカードの(たば)から一枚(いちまい)(きゃく)にとってもらい、そのカードの(すう)()をピタリとあてるという()(じな)のはずなのだ。

「あああっ! すみませんね。いやはや、どうしたものか。カードが勝手(かって)にとび()っちゃって……」とタクミの(とう)さんが(ちょう)(しん)(からだ)をかがめてトランプを(ひろ)いはじめる。

 タクミがハラハラしながら()(まも)るなか、ようやく(とう)さんの()にカードがそろい、()(じな)がはじまるか……と(おも)ったとたん、またもやカードが(さん)(らん)してしまった。

「あっちゃあ!」と(とう)さんはまた(こし)をかがめてカードを(ひろ)う。

 あろうことか、おなじようなことがこのあと(よん)()もつづいてしまったのだ。


関連書籍

からくり探偵団 懐中時計の暗号を解け!

からくり探偵団 懐中時計の暗号を解け!

  • 【定価】本体900円(税別)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】四六判
  • 【ISBN】9784041089446
からくり探偵団 茶運び人形の秘密

からくり探偵団 茶運び人形の秘密

  • 【定価】本体850円(税別)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】四六判
  • 【ISBN】9784041077009