連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. みんなのイチオシ! “怪盗レッドのナンバー1人気の巻” 前後編を全文ためし読み!
  5. みんなのイチオシ! “怪盗レッドのナンバー1人気の巻” 前後編を全文ためし読み! 第7回

みんなのイチオシ! “怪盗レッドのナンバー1人気の巻” 前後編を全文ためし読み! 第7回

写真

18  ラッキーカラーは、赤

 ど、どうしてケイが?
 今までどこでなにを……ううん、ちがう!
『――全部、わかっている』
 ケイは、まるでいなくなったことなど、なかったかのように、いつもの調子で言ってくる。
 でも、その声はわたしを心の底から、安心させてくれる。
「ケイ、爆弾が!」
『すでに、取りかかっている。爆破阻止は、こちらからはむりだ。だが、通信機器で起爆するのを妨害している』
 それってつまり、どういうこと?
『時間はかせげる、ということだ』
 ケイの言葉に、パッと、目の前が明るくなった気がした。
「十分だよ!」
 足に力をこめて、観覧車にむけて、また走りだす。
『かせげる時間は、5分ほどだ。あまりよゆうはない』
 その5分で、爆弾をとりのぞくか、まわりの人を避難させるかしないといけないってことね。
 でも、ケイでも5分しかかせげないのって……。
『タキオンの新幹部のハッカーが、思いのほか手ごわい。技術はおれと拮抗している。そうでなければ、もっと時間をかせげていた』
 くやしさをにじませる声で、ケイが言う。
 でも、ケイがいなかったら、もう爆弾は爆発してた。
 なら、その希望を、わたしがつなげるだけだよ!
 わたしは、観覧車にたどりつく。
 まわりを見まわすと、実咲たちのすがたがある。
 やっぱり、ここにいた!
 でも、レッドのすがたをしてるから、気づかれてない。
「みなさん、この観覧車に爆弾がしかけられている可能性があります! 避難してください!!」
 わたしは声色を変えて、まわりにむけてさけぶ。
「え、ウソでしょ……」
「そもそも、あの人だれよ?」
 さすがに、いきなりそんなこと言っても、信用してもらえないか……。
 先に爆弾解除にむかうべき?
「えっ、怪盗レッド……どうしてここに?」
 そのとき、実咲が言った言葉が、静まりかえった観覧車前にひびく。
「え? 怪盗レッドって……あの?」
「そういえば、あのすがたって怪盗レッドに似てるよ。テレビの特集で、あんなかっこうだってやってたから」
「じゃあ爆弾の話も、本当の話?」
「あの怪盗レッドだ。本物なら、ウソをつくわけがないだろ」
 観覧車の近くにいた人たちの顔が、青ざめていく。
「に、逃げるぞ!」「早くしろー!」
 近くにいた人たちが、観覧車から離れていく。
 その中に、実咲たちが落ちついた様子で、混ざっているのが見えた。
 実咲がちらりと、心配そうにこっちを見ていたけど、水夏に引っぱられて走っていく。
 これでひと安心……ってわけには、まだいかないか。
 爆弾をどうにかしないと。
 わたしは、観覧車を見あげる。
 白、青、赤、黄、緑、紫、橙の色のゴンドラが2台ずつ、合計14台ある。
「どうするつもりだい?」
 いつの間にきたのか、恭也がとなりに立っている。
 人が少なくなるのを待っていたみたい。
 今の恭也は、ファンタジスタのかっこうをしていないしね。
『爆弾は、観覧車のゴンドラのどれかに、設置されている。あと3分だ。いそげ! ファンタジスタと2人なら、間に合う』
「りょーかい!」
 わたしはうなずくと、観覧車のゴンドラにとびついて、屋根にのぼる。
「恭也。このゴンドラのどれかに爆弾があるそうよ。わたしは時計回り、恭也は反時計回りで見ていくっていうのはどう?」
 そういえばケイ、恭也がいっしょにいるって知ってた。
 どうして? とちょっと気になったけど、今はそれどころじゃない。
「のこり時間は?」
「3分……ううん、あと2分45秒」
 わたしは答えると、さっそく1つめの白のゴンドラを、探しはじめる。
 広くないゴンドラの中を、一目で確認してから、唯一かくせそうな、座席の下を調べる。
「ないっ、次!」
 わたしは、すばやく次の黄色のゴンドラにとびうつる。
 動きを止めているゴンドラが、ガタンと大きくゆれる。
 2つめの黄色のゴンドラ、3つめの青のゴンドラにも、爆弾が見つからない。
 のこりは、1分30秒。
『落ちつけ。アスカのスピードなら、全部見てまわれる』
 ケイが、わたしのあせりに気づいて、言ってくる。
 口に出してないのに、本当によく気づくよね、ケイは。
 わたしは、小さく笑って、次の橙色のゴンドラに入りこむ。
「レッド! こっちにあったぞ!」
 恭也が、反対側の紫のゴンドラから、声をあげてる。
 その手には、30センチ四方の鉄製の箱がある。
 あれが、爆弾らしい。
 よかった! あとは、あの爆弾をどうにかすれば……。
『待て、アスカ。まだ時間がある。爆弾が1つとはかぎらない。すべてのゴンドラを探すんだ』
 そっか。しかけられたのが、1つだとはかぎらないよね!
 恭也にも同じことを伝える。
 4つめ、5つめ……とゴンドラを調べて、最後の7つめ。
 最後にのこったのは、一番高い場所にある、赤のゴンドラ。
 赤は、わたしの――そして怪盗レッドのカラー。
 最後が赤なんて、運命みたいって言ったら、ケイに笑われるだろうか。
 赤のゴンドラに乗りこむ。
 見える場所にはない。次に座席の下だけど……あれ?
 イスの下の閉じられたスペースに、銀色の箱らしきものが見える。
 もしかして、これが2つめの爆弾!?
 わたしは、イスの下の金属板をはずして、箱をそーっととりだす。
 さっき恭也が持っていたのと、同じものだ。
『のこり30秒だ、アスカ』
 ケイの声に、いそいで銀色の箱をとりだして、赤のゴンドラの外に出る。
 恭也も、すべてのゴンドラを調べ終わったところらしい。
 どうする!? 爆弾を解除してる時間は、もうない!
『100メートル先に池がある! まわりに人はいない』
 ケイの指示がきこえると、同時に、わたしは赤のゴンドラから飛びおりる。
 べつのゴンドラにのりうつり、それをくり返して、地面までたどりつく。
「なにか方法があるのか、レッド」
 恭也も同じように、おりてきてる。
「池があるから、そこに投げこむ」
「なるほどな」
 わたしと恭也は、全速力で走りながら言葉をかわす。
『のこり10秒』
 9、8、7、6、5……。
 ケイのカウントをききながら、走る。
 池が見えてきた。
 半径50メートルぐらいはありそうな大きな池だ。
 わたしは、銀色の箱をふりかぶる。
「いっけええええええっ!」
 思いっきり、箱を池にむかって投げる。
 同時に、恭也からも箱が投げられる。
 2つの箱は、池にむかって飛んでいく。
『3、2、1……』

 ズド――――ン!
 箱が池に落ちた瞬間、大きな水柱をあげて、爆弾が爆発する。
 池の水が舞いあがり、パラパラと雨のようにふってくる。
「ま、間に合った……」
 わたしは、池のほうを見つめる。
 水柱もおさまり、あらためて、まわりに人がいないことを確認する。
「水の中で爆発させることで、威力を最小限にとどめたか。とっさだというのに頭がまわるな」
 恭也が、感心したように言う。
 だって、ケイだから。
 それぐらいは、とうぜんだよ。
「きみの手柄じゃないのに、ずいぶんとうれしそうだな」
 恭也が、からかうように言う。
「だって、『怪盗レッド』のやったことだもの。どっちの手柄とかじゃないから」
「そういうものか……ん? 連絡か」
 恭也のスマホに連絡がきたらしく、電話で話し始める。
 すぐに切ると、わたしのほうを見た。
「タキオンの幹部たちは、早々に撤退したそうだ。人質の無事も確認してある」
「それって、恭也の仲間?」
「ラドロの人間の話だ」
 ラドロ……!
 そういえば、恭也はラドロのメッセンジャーって、言ってたっけ。
 そして、ケイもそのラドロに……って、ケイは?
 さっきから、声がしないけど……。
「ケイ!」
 わたしはあわてて、インカムにむかって話しかける。
『どうした?』
 すぐに返事がある。
 よかったぁ……。今度はいなくなってない。
「また、いなくなったかと思った」
『いなくなった、わけではない。居場所は言ってあった』
 それをいなくなった、って言うの!
 しかも、居場所ってラドロでしょ!
「事情はちゃんと、説明してもらうからね!」
 わたしは、ケイに言う。
 タキオンも撤退したのなら、わたしも引きあげないと。
『アスカ、待て』
 ケイに止められる。
 なに?
『ここに、きてくれ』
 ……へ?
「ここって、ケイは今どこにいるの?」
 わたしの質問に、ケイは少し時間をあけてから、答えた。
『ラドロのボスの目の前だ』

次のページ

関連記事

関連書籍

怪盗レッド14 最強の敵からの挑戦状☆の巻

怪盗レッド14 最強の敵からの挑戦状☆の巻

  • 【定価】 770円(本体700円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046317759

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER
怪盗レッド15 最高のパートナーを信じろ☆の巻

怪盗レッド15 最高のパートナーを信じろ☆の巻

  • 【定価】 748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046317766

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER
怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

  • 【定価】 704円(本体640円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046310705

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER