連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. みんなのイチオシ! “怪盗レッドのナンバー1人気の巻” 前後編を全文ためし読み!
  5. みんなのイチオシ! “怪盗レッドのナンバー1人気の巻” 前後編を全文ためし読み! 第7回

みんなのイチオシ! “怪盗レッドのナンバー1人気の巻” 前後編を全文ためし読み! 第7回

写真

17  新たな強敵!

 走りながら、これでもかっていうぐらい、頭をフル回転させる。
 今手に入る情報で、大型ビジョンに映った場所を探しだす方法。
 それがわからなきゃ、どうにもならない。
 必死に考えて、なんとか1つだけ、思いついた。
 案内図から、スタッフ専用の部屋がありそうな場所に、見当をつけるという方法。
 そもそも、お客さんに開放されない場所だから、そこだけが案内図だと空白になってたりするしね。
 これなら、いけるはず!
「きみにしては、上出来だ」
 恭也の言葉に、パッとふりかえる。
 本気でほめてるみたい……引っかかる言い方だけど。
「もっとうまい方法もあるんじゃないかって、言いたいんでしょ」
「いや。今いる人間で最善のことをする、というのは、おれは好ましく思う。いない人間の力を惜しんでも、しかたがない」
 恭也が、暗にケイのことを言っているのはわかったけど、わたしはそれには反応しない。
 今は、ケイのことを考えてる場合じゃないのは、恭也の言うとおりだし。
 混乱状態のおかげで、わたしと恭也が、人をぬうように走っても、それほど目立たずにすんでる。
「次で6つめね」
 スタッフ専用の部屋を見つけて、案内図に赤で○をつける。
 今度の建物は大きめで、3階建てのスタッフ用の事務所らしい。
 入り口の前には、UFパークの警備員にしては、目つきが悪い警備服の男が2人、立っている。
 いかにも、あやしい。
 さすがに、いきなり近づいたりはせずに、恭也が持ってきた単眼鏡を使って、中の様子を見る。
「ここって!」
 わたしは確認すると、恭也にも見てもらう。
「どうやら、あの大型ビジョンで映っていたのと、同じ場所のようだね。ただ……」
「まったく、人の気配がないわ」
 中の人は、だれも見えなかった。
 死角にいるのか、本当にだれもいないのかは、ここからだと判断はできないけど。
「それに、あそこに立ってる警備員って、絶対にあやしいでしょ」
「タキオンがおれたちをさそっているのか……それとも本当に目つきが悪いだけの、善良な警備員かもしれない」
 善良な警備員だなんて、絶対思ってないくせに。
 とにかくアタリを引いたなら、ここからは、レッドとして動いたほうがよさそうだよね。
「ちょっと、着替えてくるから待ってて」
 わたしは恭也に言って、Tシャツとショートパンツを、その場でぬぐ。
 こんなときのために、レッドのコスチュームを、下に着こんでおいたんだ。
 こっちには、お客さんもいないから、レッドのすがたを見られる心配はなさそう。
 だれかに見られてもいいように、レッドのすがたになったんだけど、これ以上さわぎを大きくしたくないし。
「さて。準備が整ったし、さっそく忍びこんで……って、恭也!?」
 恭也がスタスタと、警備員にまっすぐにむかっていく。
「やあどうも。あなた、マジックはお好きですか?」
 恭也が、警備員に話しかける。
「なんだおまえ? そこで止まれ! これ以上近づくな」
 警備員がさけぶ。
「そういうわけにも、いかないものでね」
 恭也は、一気に間合いをつめる。
「……ぐはっ!」「げほっ!」
 恭也が有無を言わせずに、パンチと手刀をはなって、警備員2人を気絶させる。
「せっかく、ばれないように行こうと思ってたのに、なにしてるの!?」
 わたしは、恭也のもとに駆けよって、怒る。
「それはむりだな。おれたちがきていることは、ばれている。タキオンの新幹部には、きみの相棒のように、広く深い知識をもち、ハッキングに長けた人間がいる。監視カメラの映像はもちろん、どこにカメラがしかけられているか、わかったものじゃない」
 恭也が、近くにあった監視カメラを、にらみつける。
 いわれてみれば、タキオンのワナにはまったとき、ケイとハッキングで互角にわたりあっていたヤツがいた。
 あの新幹部がいるのなら、たしかにこっちの行動なんて、バレバレにちがいない。
「そういうことなら、しょうがないか。……でも、前もって言ってよね。びっくりするでしょ」
 わたしは小声で文句を言うと、事務所のドアをそっと開ける。
   ギイィ
 ドアがわずかにきしむ音をたてて、開く。
 気配でわかっていたけど、中には人気がない。
 やっぱり、だれもいない……。
 部屋には、事務仕事用の机がならび、その上にパソコンや書類がおかれている。
 人がいない以外は、変わった様子はなさそう。
「もぬけの殻だな。予想してはいたが、すでに移動したか」
 恭也が、2階の給湯室をのぞいて、肩をすくめる。
「映像に映した場所に、いつまでも留まるわけがないか……」
 それはわたしも予想してた。
 タキオンが、そんな間のぬけたことを、するとは思えないし。
「だけど、時間はそうかけられなかったはずだし、なにか手がかりがあれば……」
 ケイなら、そう考えるかもと思ったんだけど……。
 考えながら、3階に上がる。
 映像に映っていた部屋だ。
 指令室のような役割なのか、通信設備らしい機材が備えつけられてるけど、それ以外はけっこう広々としてる。
 ここにも人の気配はないし、手がかりもなさそ…………ゾクッ!
 部屋に入った瞬間、背すじに寒気が走って、一歩体を引く。
   ビュン!
 目の前に、木の棒がするどく突きたてられる。
 なに!?
 木の棒がのびてきたほうに、視線をむけると、そこには背の低い、白髪交じりの黒髪の、茶色い着流しすがたの50代ぐらいのおじさんが、立っていた。
「わしの棍をかわすとは、なかなかやるのう」
 着流しのおじさんが、2メートルはありそうな木の棒を、手もとに引きもどす。
 その流れるような動きに、目の前にあったはずの木の棒を、つかむタイミングを失う。
 棍……?
 中国武術の1つに、棍術というのがあるって、前にお父さんに教えてもらったことがあったっけ。
 でも、それよりもなによりも、一番おどろくべきなのは、気配を感じなかったこと。
 この部屋に、だれか潜んでいる気配はなかった。
 そんなことができるのは、ファルコンとかの一部の達人たちだけ。
 つまり、目の前にいるおじさんは、そういう人だってことになる。
「さすがは、怪盗レッドということかのう」
 なんでそれを!?
 わたしは、おじさんをにらみつける。
 わたしのことを怪盗レッドだと、迷いなく言った。
 つまり、タキオンの関係者の可能性が高いってことだよね。
 わたしは、ちらりと恭也を見る。
 タキオンの関係者なら、恭也が知っているかもしれない。
 そう思ったんだけど……。
「藤堂伊織……まさかあんたがいるとはな」
 恭也はおどろいた表情で、おじさん――藤堂伊織を見ている。
「久々じゃのう、ファンタジスタ」
 ひょうひょうとした調子で、伊織は言う。
 会話している間も、一見してすきだらけなのに、間合いをつめられる気がしない。
 すきだと思って飛びこんだら、たぶんやられるのは、こっちだ。
「……知り合いなの?」
 わたしは、恭也にきく。
「ああ、そうだ。おれが知っていたときは、タキオンの武術顧問をしていた。棍術の達人だ。こんな話し方だし、見た目だが、だまされるなよ」
「そんなの、動きを見ればわかる」
 わたしは、うなずく。
 ファルコンのような、圧倒するプレッシャーはない。
 だけど、静かにこちらをジリジリとしめあげるような、そんなプレッシャーは感じつづけてる。
「今は新幹部らしいがの。レッドよ。この間のあいさつのときには、行けずに悪かったのう。ちと用事があって、行けなかったんじゃよ」
 タキオンの新幹部!? このおじさんが?
 だけど、今むかい合うだけでも、その実力の高さは、幹部と言われても十分にうなずける。
 しかも、この間のあいさつって言ってた。
 たぶん、タキオンにワナにはめられたときのことを、言っているんだと思う。
 あのとき、さらにこんな達人がいたりしたら、脱出は絶望的だったかもしれない。
「さて、話もこれぐらいにしようかの。わしの相手を、少しばかりしてもらおうかの。逃げられるとは、思わんことじゃ」
 そう言って、伊織は棍をかまえる。
 一気にプレッシャーがふくれあがる。
 やばいっ!
 この相手に、様子見や手加減なんてしてたら、すぐにやられるっ!
 わたしは、半身になってかまえをとる。
 そのすきをついて、恭也が動く。
 予備動作なしに、切り口するどいカードを、伊織に投げつける。
「ほい、ほい!」
 伊織は、棍の真ん中あたりで、カードをかるくはじく。
 もちろん、恭也も当たるとは思っていなかったはず。
 わたしは、恭也のカードに一瞬おくれて、一気に間合いをつめる。
 全力の発勁をためるすきは、たぶんくれない。
 だけど、威力をおさえた発勁なら!
「はあっ!」
 わたしは、走るいきおいのままに、発勁をはなつ。
「ふうっ!」
 伊織は、わたしの発勁の右手を棍で受け止めると、そのままななめに、受け流す。
 う、うそでしょ!
 体勢をくずされたところに、伊織の棍が上からふってくる。
「くっ!」
 ギリギリで、体をそらしてかわす。
 そのまま、右足でけりをはなつと、棍でかんたんに受け止められる。
 ダメだ!
 わたしは一度、距離をとる。
 2メートルはある長い棍なのに、伊織はそれを上下左右にうまく使ってくる。
 まさか、接近戦でも圧倒されるなんて……。
 キュッと、くちびるをかむ。
 だけど、勝って爆弾の情報を手に入れるしか、今は方法がない!
 わたしは、恭也と視線をかわす。
 もう一度、間合いをつめようと、ふみだすのと同時に、棍がするどく飛んでくる。
 それをギリギリでかわしつつ、さらに間合いをつめる。
「なかなかいい動きじゃ!」
 伊織が、棍を横になぐように、わたしにたたきつけてくる。
 とっさに右手でガードする。
「ぐうぅ……!」
 痛みに顔をしかめて、足が止まる。
 だけど、それだけ時間がかせげれば十分。
 恭也が、伊織の目の前まで近づいてる。
「これなら、どうかな」
 恭也の手から、どこから出したのか、風船が次々と飛びだしていく。
 風船は伊織にむかっていくと、
   パンッ パンッ
 と、次々と割れていく。
 そして、風船の中から、粉が舞うようにばらまかれる。
「麻痺性の薬だ。吸いこめば、藤堂伊織といえども動けなくなる」
 恭也は、自分が薬を吸いこまないように、距離をとる。
「それがどうかしたかのう」
 伊織は、あわてる様子もなく、棍を手もとまでもどすと、一気に回転させる。
 ブンブン、と風切り音をたてて、棍が扇風機のようにまわる。
 すると、恭也がまいた薬が、散っていく。
「とんでもないな。常識外れをするのがイリュージョニストだが、さらに上をいかれるとはね」
 恭也が、ため息まじりに言う。
「そんなこと言ってる場合?」
 わたしは、ジロリと恭也をにらむ。
「どうしたかのう。もう攻めてこんのかな?」
 伊織は、よゆうたっぷりに棍をふって、挑発してくる。
 正直、打つ手なしだ。
 正面から攻めても、受け流されるし、そもそも棍はリーチが長いから、近づくのすら難しい。
 恭也のからめ手も、力業でねじふせられる。
 伊織を倒す手が、見つからない……。
「じゃが、想像以上に粘っているのう。もっと早くに床にふしていると、思っておったが。その褒美に、いいことを教えてやろう」
 いいこと?
 わたしは、急な伊織の言葉に、まゆをしかめる。
「爆弾がしかけられているのは、観覧車じゃよ」
 えっ!?
 とつぜんの情報に、わたしは耳をうたがう。
 なんで、いきなりそんなことを……。
 わたしたちを、まどわすため?
 どっちにしろ、信じられるわけない。
「なぜ、こんなことを教えるかわかるか?」
 わたしも恭也も答えない。
「それはのう、爆発時刻は2時ちょうど。あと3分しかないからじゃよ。ここからじゃ、もう間に合わん。だから、教えたまでじゃよ」
 そんな!
 わたしは時計を確認する。
 たしかに、2時まであと3分。
 しかも観覧車って、実咲たちと待ちあわせしてる場所じゃない!
 約束にあわせて、実咲たちは観覧車の近くにいるはずだよ!
 わたしは、あわてて部屋を飛びだそうと、ドアにむかう。
   ビュン!
 その目の前に、伊織の棍がつきだされる。
「そうかんたんに行かせはせんよ」
 カッ、と体全体の血が熱くなる。
 そんな場合じゃないって、言ってるでしょ!
 わたしは、伊織をにらみつける。
 そのときだ。
『冷静になれ』
 ふと、ケイの言葉が頭の中をよぎる。
 いつだって、熱くなりそうなわたしを、ケイはおさえてくれてた。
 そうだ。今はケイは近くにいない。
 だけど、冷静にならなくちゃダメだ。
「恭也。わたしがしかけて、すきを絶対につくるから、アイツを動けなくして」
 わたしは、まっすぐに恭也の目を見て言う。
 どうやって? とか話してる時間はない。
「わかった。きみを信じるとしよう」
 恭也がうなずく。
 わたしは、思いっきり床をけって、前に出る。
 作戦? そんなのない。
 みんなイノシシだって言うんだから、イノシシになってやろうじゃない!
 わたしは、まっすぐに伊織に突進する。
「読みやすい攻撃じゃな」
 伊織は棍でついてくる。
 わたしは、それを両腕をクロスして、受ける。
「ぐっ!」
 衝撃に顔をしかめつつ、棍に手をのばす。
 だけど、伊織はすばやく棍を引いて、わたしにつかませない。
 もう一度、わたしは突進をしかける。
「しつこいのう!」
 今度は、棍の連撃が飛んでくる。
 目でとらえられるかどうか、あやしいぐらいの速さだ。
「くうぅ……」
 だけど、一発一発はさっきよりかるい。
 それに……!
 わたしは、わざと右のわきばらにすきをつくる。
 調子よく攻撃していた伊織は、さそわれるように、そこに攻撃を加えようと棍をのばす。
「しまっ……!」
 伊織がさけぶ。
 いくら速い攻撃でも、予測できるなら対処は可能だよ!
 わたしは、わきばらと腕ではさむように、棍をおさえつける。
「恭也!」
 わたしが言うのと同時に、恭也は伊織にせまる。
「あなどったのは、そっちだったようだね!」
 パチン、と恭也が指をならすと、伊織の頭上に巨大な風船があらわれる。
   パンッ!
 風船が派手に割れて、さっきと同じ麻痺薬が伊織にふりそそぐ。
 今度は棍をわたしが、おさえこんでいるから、ふせげない。
「それならば!」
 伊織は棍を手放して、逃げようとする。
「させないよ」
 恭也が、伊織の足にむけて、カードを放つ。
 スパッと伊織の右足に切り傷をつくり、動きをにぶらせる。
 その動きが止まった一瞬で、伊織は麻痺薬を吸いこむ。
「ぐううぅ……なかなか……やりおるのう……」
 伊織が、体をけいれんさせて、床に倒れこむ。
「命に別状はないものだから、心配はいらない。いずれ回復する」
 恭也が、床に倒れた伊織に言う。
 わたしはすでに、階段をおりて、事務所を飛びだしてる。
 ――のこり時間は1分。
 観覧車は……見えた!
 400~500メートル先に、観覧車を見つける。
 わたしは観覧車にむけて、全速力で走る。
 途中にある、モニュメントの銅像を乗りこえて、噴水をとびこえる。
 一直線の最短コースをとる。
 お客さんが、おどろいたように、わたしをふり返る。
 それを無視して、走る。とにかく走る。
 そうじゃなきゃ、実咲たちが……!
 ――のこり30秒。
 ダメだ。間に合わない。
 まだ観覧車は、200メートルは先にある。
 爆弾を見つける時間も、近くにいる人を避難させる時間もない。
 たどりつけもしない。
 やっぱり、わたし1人じゃダメなんだ!
 大切な人を守りきれないんだ!
 ――のこり10秒。
 もう間に合わない。
 わたしは、足が止まりそうになる。
 そのときだった。
『ガガガガッ』
 通信相手のいないはずのインカムから、ノイズがきこえる。
『アスカ、きこえるか?』
 それは、ひさしぶりにきいた、ケイの声だった。

次のページ

関連記事

関連書籍

怪盗レッド14 最強の敵からの挑戦状☆の巻

怪盗レッド14 最強の敵からの挑戦状☆の巻

  • 【定価】 770円(本体700円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046317759

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER
怪盗レッド15 最高のパートナーを信じろ☆の巻

怪盗レッド15 最高のパートナーを信じろ☆の巻

  • 【定価】 748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046317766

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER
怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

  • 【定価】 704円(本体640円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046310705

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER