連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. みんなのイチオシ! “怪盗レッドのナンバー1人気の巻” 前後編を全文ためし読み!
  5. みんなのイチオシ! “怪盗レッドのナンバー1人気の巻” 前後編を全文ためし読み! 第2回

みんなのイチオシ! “怪盗レッドのナンバー1人気の巻” 前後編を全文ためし読み! 第2回


2022年3~5月におこなわれた 「キミの好きな巻はどれ!? 怪盗レッド総選挙」で、見事に第1位にかがやいた15巻!
その前編となる14巻から、15巻のラストまでの2冊分を、連続して公開します。
アスカとケイの「レッド結成以来の大ピンチ」を描いた、この2冊。
ラストには感動まちがいなし! ぜひ読んでみんなの「イチオシ」の理由を、たしかめてね!



6月22日(水)~7月6日(水)は、『怪盗レッド14 最強の敵からの挑戦状☆の巻』が毎週更新!

写真

7 変わりたい気持ち

 大学にむかう道は、いつもさわがしい。
 大学生たちが、にぎやかに話しながら、街路樹の植わる歩道を歩いている。
 そんなすがたを横目に、1人歩いていたあたし――宇佐美桜子は、大学の門にたどりつく。
 門のむこう側には、テーマパークのような広さの敷地。
 そこに、小中学校の校舎を、何十校も寄せ集めたように、建物がならんでいる。
 いつ見ても、少しびっくりする。
 門の横には、警備員のおじさんが立っている。
 いつも見かける、50代ぐらいのおじさんで、警備員にしては、優しげな雰囲気がある。
 今日こそは…………あいさつしたい。
 これまでずっと、かるく会釈するだけで、通りぬけていたけど……。
 そういうのは、やめにするって、決めたから。
 あたしは、警備員のおじさんに近づいていく。
「……あ、あの、こ、こんにちは」
 つっかえながら言うと、
「こんにちは。桜子ちゃんは、今日もF—3棟の北澤教授の研究室だね」
 警備員のおじさんは、あたしを見て、にこやかな笑顔で返事をしてくれた。
 名前まで覚えられていて、あたしはびっくりする。
 ここは、国立の理数系の大学だから、広いし、警備も充実してる。
 そんなたくさんいる、警備員のおじさんたちが、なんであたしのことを?
「はい。あたしのことを、知っているんですか?」
「学生の顔は、なんとなく覚えておくんだよ。出入りが自由な場所だから、へんなやつが入りこまないようにね。それに……ほら、桜子ちゃんはめだつだろう? もうここに通うようになって、2年ぐらいたつだろ。きみのことを知らない警備員なんかいないよ」
 警備員のおじさんは、そう言って肩をすくめる。
 いつも、警備員の人たちのことは、自分とは関係ないと思って、通りすぎてきたけど、むこうは色々と知っててくれてるんだ。
 ちょっと不思議な感じがする。
「最近は、なんの研究をしてるんだい?」
「ええと、素粒子物理学の観点から、ダークマターについての研究、です」
「お、おう……おじさんには、さっぱりわからないな」
 警備員のおじさんは、ほおをかいている。
「じゃあ、そろそろ時間なので、失礼します」
「ああ、引きとめてわるかったね。あんまり根を詰めすぎないようにね」
 おじさんに、ぺこりとおじぎをして、あたしは門の中に入る。
 ふうぅ……。
 あたしは、心の中でホッと大きく息をつく。
 知らない人との、ごくふつうの、日常会話。
 ただそれだけなのに、やたらと緊張して、手に汗までかいてる。
 やっぱり、こういうことはぜんぜんなれない。
 研究についてだったら、大人相手でも気負わずに、話せるんだけどなぁ。
 歩いていくと、大学生が、こちらをチラチラと見てるのに気づく。
 それもそのはずで、あたしは高校の制服すがただから。
 前は、その視線にイライラすることもあったけど、今はそういうふうに見られるのも、しかたないのかな、と受けとめてる。
 昔のあたしだったら、絶対にこんなことを思わなかった。
 そんなことを思うようになったのも、警備員さんにあいさつしたことも、……あいつの……、ケイのおかげかもしれない。
 ケイか……。あたしは、くすりと笑う。
 中学生なのに、あたしと同じ大学の研究室に、出入りするようになった天才。
 それなのにケイは、そのことをあまり重要だと思っていないような、変わったヤツ。
 とんでもなく、無愛想だしね。
 なにを考えてるのか、あたしにも読み切れない。
 だけど、とんでもなく頭が切れるのは、まちがいない。あたしに匹敵するぐらいに。
 一方的にあたしが意識してるうちに、ケイに研究で先を越されて、くやしい思いをしたり……ちょっとした事件での借りもある。
 だからこそ、次に会うときは、ケイが目を丸くするぐらい、変わっていたいと思う。
 ――ライバルとして。
 大きな笑い声が近くできこえて、チラリと視線をむける。
 大学の中にある芝生で、大学生たちが飲み物を飲みながら、楽しそうにおしゃべりしている。
 カフェテリアやレストランもあるけど、今日の陽気なら、外のほうが気持ちいいにちがいない。
 あたしの場合は、おしゃべりじゃなくて、読書をしたら気持ちよさそう、という感じだけど。
 おしゃべりする、友達もいないし。
 ……自分で言ってて、少し悲しくなったから、これ以上はやめとこう。
 あたしは、幼稚園のころから、理数系のことに強かった。
 3歳くらいで方程式がとけたり、理数系の大学受験の問題も、パズル感覚でといて遊んでたし。
 それでも、パパとママはあたしのそういう能力を、とくに気にしない人だった。
 でも、中学校の理科の先生が、あたしの能力におどろいて、大学の教授に紹介してくれた。
 それで研究室に顔を出しているうちに、大学の『特別研究員』になったんだ。
 まだ高校1年生だけど、こうして週に2~3回は、大学の研究室に通ってる。
 ケイもそうだったけど、最近はいそがしいとか言って、ほとんど顔を出していない。
 大学の研究室での研究より、おもしろいことがあるのかって、あたしは思うけどね。
 ……でも、ケイには、あるのかも。
 昔のあたしなら、こんなことは絶対に、認めたくなかっただろうけど。
 ――変わりたいな。
 ケイに出会ってから、あたしはそう思うようになった。
 さっき門の前で、警備員の人と言葉を交わしたりしたのも、その1つ。
 あたしは、研究とか勉強をはさまずに、人と会話するのが苦手。
 そういうところを変えた自分を見てみたい、と今は思ってる。
 ……ま。それもケイの影響だっていうのが、ちょっと腹が立つけどね。
 そんなことを考えている間に、「北澤研究室」と書かれたプレートのかかる、部屋の前につく。
 あたしは、ひと呼吸してからドアをノックする。
「はい、どうぞ~」
「こんにちは~」
 あたしは、あいさつをして、ドアを開けた。
 研究室の中には、北澤教授と大学生が4人、全部で5人いた。
「こんにちは。待ってたよ、桜子くん。さっそくだけど、きみにいくつか質問や相談をしたい学生がいるから、答えてあげてほしい」
 白衣すがたで作業をしていた北澤教授が手をとめて、人のよさそうな笑みで、あたしを見る。
 北澤教授は、小柄で小太りで、やさしい雰囲気がにじみでてる、50代のおじさん。
 中学生のころとか、今よりもっと話下手だったあたしに、根気よく声をかけてくれたりした。
 今、研究室で大学生の人たちとも、コミュニケーションがとれてるのは、北澤教授のおかげといってもいい。
「わかりました」
 あたしは、バッグから白衣をとりだし、さっそく身につける。
 白衣をまとうと、キュッと気分が引きしまる。
「桜子くん、ここの計算式についてなんだけど……」
 待ってました、とばかりに質問してくる大学生に、あたしは答えていく。
「はい、これは、こっちの式をあてはめると……」
 昔は、こんなふうに大学生相手に、怖気づかずに話すことはできなかった。
 答えることはわかっていても、言葉が出てこないなんてことは、よくあったけど、今ではすっかりなれた。
 30分ぐらい答えたところで、
「あ、あたし、そろそろ行かないと」
 あたしは、腕時計を確認する。もうすぐ2時半。
 そろそろ出ないと、おくれちゃう。
「なにか用事?」
 大学生たちが、不思議そうな顔をしてる。
 いつもは、大学の学食で夕飯を食べていくぐらい、けっこうおそくまで研究を続けているからね。
「ええ……バイトなんです」
 あたしが答えると、大学生たちが「へ?」と間のぬけた声を出す。
 ……そんなに、びっくりしなくても、いいと思うんですけど。
「そういうわけだ。今日は桜子くんには、これ以上たよれないぞ」
 北澤教授が、大学生たちを見まわして言う。
 北澤教授には、バイトの話はしてあった。
 だけど、研究室の大学生たちには、話すタイミングがなくて、気になってたんだけど……。
 あたしは、大学生たちの顔を、チラッとうかがう。
 あたしの頭脳がたよりにされてることはわかるから、がっかりされるかもしれない。
 勝手だって、怒られるかも。そんな不安を感じる。
 でも。
「桜子くんが、バイトかあ。いいんじゃないか?」
「おれも去年までは、バイトはよくやってたよ」
「やってみると、社会勉強にもなるし、なによりお金が手に入るしな」
「どうせ、あんたはムダづかいしたんでしょ」
「そんなことないって」
 みんなの、あっさりした反応に、びっくりして、あたしは目を丸くする。
「今度、バイトがどうだったか、きかせてくれよ。失敗談も歓迎だ」
「なにそれ。縁起のわるいこと、桜子に言わないでよ」
「そんなつもりじゃないって」
 この人たちは、あたしの頭脳だけじゃなくて、「あたし」自身を見てくれてるんだ……。
 そう感じられて、あたしはうれしくなる。
 北澤教授を見ると、笑顔でうなずいてる。
「それじゃあ、行ってきます!」
 あたしは、あいさつすると、かろやかな気持ちで研究室を出た。


 バイト先は、歩いて20分ぐらいの場所にある。
 予定は4時だから、まだ余裕がある。
 それにしても、生まれてはじめてのバイトか。
 自然と緊張してきて、手がちょっとふるえる。
 でも、自分で決めたことだから。
 バイトといっても、さすがに接客業は、あたしにはハードルが高そうだから、やめておいた。
 バイトの内容は、自分のスキルを活かせそうな、データ入力のバイト。
 あまりくわしくは知らないけど、数字とか文書とかの書類に書かれているものを、パソコンでデータ化するのと、ちょっとしたプログラミングもするってきいてる。
 事前に受けた面接で、プログラミングの実技テストがあったけど、そのあたりは研究室でも使うから、まったく問題なかった。
「ここか……」
 あたしは、バイト先のビルにたどりつく。
 5階建ての薄茶色のビル。
 そこまで古くはなさそうだけど、新しいってわけでもない。
 ビルの中に入ると、受付があって、女の人が2人すわっていた。
 バイトにきたことを話すと、3階に行くように案内される。
 エレベーターをつかって3階に行くと、「アルバイトはこちら」と書かれた紙が、ドアにはってあるのを見つけた。
 緊張で、足が重くなるのを感じつつ、ドアの前まで行く。
 大きく深呼吸してから、ドアを開ける。
 部屋の中は、長机とパイプイスがならんでいた。
 中にいるのは、20人ぐらいかな。大人の人ばっかり。
 男の人が多めだけど、女の人も3分の1ぐらいはいる。
 高校の制服を着てるような人は、ほかにいなくて、チラチラと、こちらに視線をむけられる。
 大学で感じるのとは、またちがった視線に、ギュッと心臓がしめつけられるような、緊張を感じながら、近くのあいている席にすわる。
 ……はあ……ドキドキするなぁ。
 それぞれバイトの人たちは、スマホを見たり、ぼーっとしたりして、すごしている。
 話したりはしないみたい。
 ほっとしたような、がっかりしたような……。
 バイト先での、人付き合いがあるんじゃないかって、緊張してたんだけど。
   ガチャ
 2~3分して、スーツすがたの30代ぐらいの、男の人が入ってくる。
「みなさん、お集まりですね」
 スーツすがたの男の人は、部屋の中を見まわしながら、よく通る声で話す。
「さっそくですが、今回の仕事内容についてお話しします。みなさんにしていただくのは、パソコンでのデータ入力です。作業はシンプルです。おわたしする書類を、データ化してください。当然ですが、入力内容は外部にもらさないように、お願いします。それでは、こちらにどうぞ」
 スーツすがたの男の人が、ドアを開けてろう下に出ていく。
 あたしも、ほかのバイトの人たちも、あとにつづく。
 案内されたのは、同じ3階にあるパソコンがならぶ部屋。
 ずらりと30台ぐらいの、パソコンがならんでいて、圧倒される。
 社員の人が席を指定して、順番にすわっていく。
 全員が席にすわり終わると、今度は何人かの社員の人が、あたしやバイトの人たちに、ずっしりとした書類の束をわたす。
 ペラリと、紙をめくると、表や数字、それに文章がびっちりと書かれている。
 これだけ入力するとなると、たしかに大変かもしれない。
 でも、いつも似たようなことは、研究室でもしているし、こまることはないかな。
 よし! はじめてのバイトだし、がんばろう。
 あたしは、心の中で気合を入れると、キーボードの上に、指をおろした。

次のページ



総選挙の結果発表と、みんなからのコメントはこちら!




マサキ・桜子も登場する最新刊!『怪盗レッド21』プレゼントキャンペーン実施中



怪盗レッド21 通りすがりの救世主☆の巻

  • 作:秋木 真 絵:しゅー
  • 【定価】770円(本体700円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046321718

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER

関連記事

関連書籍

怪盗レッド14 最強の敵からの挑戦状☆の巻

怪盗レッド14 最強の敵からの挑戦状☆の巻

  • 【定価】 770円(本体700円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046317759

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER
怪盗レッド15 最高のパートナーを信じろ☆の巻

怪盗レッド15 最高のパートナーを信じろ☆の巻

  • 【定価】 748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046317766

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER
怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

  • 【定価】 704円(本体640円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046310705

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER