連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. みんなのイチオシ! “怪盗レッドのナンバー1人気の巻” 前後編を全文ためし読み!
  5. みんなのイチオシ! “怪盗レッドのナンバー1人気の巻” 前後編を全文ためし読み! 第1回

みんなのイチオシ! “怪盗レッドのナンバー1人気の巻” 前後編を全文ためし読み! 第1回

写真

3 いやしのチョコチップクッキー

次の日の放課後。
 また、テスト勉強のために学校の図書館に行ったけど、自習机はいっぱい。
 みんな、考えることは、いっしょなんだよね。
「だれかの家に行く?」
 優月がきく。
「あー、うちはダメなんだよね。今日、おじさんが夜勤明けなんだ」
 ケイのお父さんの、圭一郎おじさん。
 今日の昼間に帰ってきて、今はぐっすり寝てるはず。
「うちも、今日はお母さんのお客さんがくるって……」
「じゃあ、わたしの家にくる?」
 水夏は言うと、さっそくスマホで、家に連絡をとってる。
 水夏は、しばらく話していたかと思うと、
「勉強会に使っていいって」
 右手でオーケーサインを、出す。よかった!
 どこかのお店でもいいけど、ガヤガヤしてて集中できないんだよね。
 それに、お金がかかるのが、おこづかいにきびしい。
 そんなわけで、わたしたちは、水夏の家にむかうことにした。
 水夏の家は、きれいな赤い屋根の一軒家。
 水夏のお母さんが出むかえてくれて、リビングを使わせてもらうことになった。
 わたしの家のリビングより、2倍ぐらい広くて、中央にソファとテーブルがおいてある。
 壁に液晶テレビ、窓際には、観葉植物がかざってあって、すごく整理されてる。
 うちとは、大ちがいだよ。
 お父さんたちが、けっこう物を置きっぱなしにするんだよね。
 圭一郎おじさんが、見たことのない小型の機械とかテーブルに置いたままにしてて、下手にさわれなかったり、することもあるし。
 そういうわけで、準備万全。テスト勉強をはじめたわけだけど……。
 時間がたってくると、だんだんと集中が切れてくる。
 う~ん……。
 さっきから、数学の問題で手がとまったまま、10分ほどたってる。
 ムダにシャーペンを、指で回したりしても、答えは頭にうかんでこない。
 教えてもらおうにも、みんな集中してて、話しかけづらいんだよね。
 そんなタイミングで、
「……ちょっと休憩する?」
 実咲が顔をあげた。
「やったあ!」
 わたしは、すぐに飛びつく。
「あれ? アスカがそんなに元気なら、やっぱり休憩はいらないかな?」
 実咲が、わたしの顔色をうかがうように見る。
「ええええっ! すっごくつかれてるって。めちゃめちゃ集中力が切れてるから!」
 わたしは、あわてて実咲に言う。
「もうアスカってば。そんなに必死にならなくても。冗談だよ」
「そんなに休みたかったんだ」
 水夏が、肩をすくめてる。
 うぅ……すっかり、見すかされてるよ。
「わたしも、少し、つかれちゃったかも。水夏ちゃん。キッチン借りていい? くる途中でお菓子とジュース買ってきたから、用意するね」
 優月が立ちあがる。
「わたしも行くよ。カップの場所とかわからないでしょ」
 水夏も優月といっしょに、キッチンにむかう。
 わたしは実咲を見る。
「そういえば、試験が終わったら行きたいところ、実咲の希望を、きいてなかったよね?」
「試験が終わったら?」
「ほら、昨日話したテスト明けのお休みに、遊びにいく話」
「あっ、そのことね。そうだなあ……」
 実咲だけ、意見きいてなかったし。
「どこでもいいんだけど……私も、遊園地がいいかな。UFパークなら、電車でそんなにかからないし。ジェットコースターや、観覧車やお化け屋敷とか、いろいろあるでしょ」
「たしかに、1日中いろんなことで遊べるから、お得かも!」
 問題は、混んでることだけど、テスト明けのお休みの平日に行くから、だいじょうぶそうだし。
 水夏と優月が、お菓子とジュースを持って、もどってくる。
 おーっ! おいしそうな、クッキー!
 わたしは、さっそくお皿から手にとって、ぱくりとひと口。
 ふわ~、おいしい~!
 バターの香りとチョコチップの甘さが口に広がって、つかれた脳が、いやされる感じ……。
「それで、なに、話してたの?」
「試験後のお休みのことだよ。UFパークがいいかなって」
「そうだね。ジェットコースターは、ちょっと苦手だけど、ほかにも色々あるし」
「それじゃあ、UFパークで決まりってことでいい?」
 わたしは、あらためて3人にきく。
「「「うん!」」」
 実咲、優月、水夏が、同時にうなずく。
 やった! なにに乗ろうかなぁ。
 今から、ワクワクしてきちゃうよ。
「ところでアスカ。ケイくんはさそわないの?」
 あ~~、ケイか。
 べつに、声をかけてもいいんだけど……。
「きいても行かないって言うよ。遊園地は、ケイにとって天敵みたいなもんだもん。行くまでに電車に乗らなきゃならないし、遊園地の中も、乗り物だらけじゃない?」
 自転車でさえ、気持ちが悪くなるんだよ。
 ジェットコースターに乗るわけないし。
 観覧車も、だめなんじゃないかな?
「あ~、そうだっけ」
 優月と水夏も、納得という表情になってる。
「それにしても、ちゃんと、おこづかいは残ってる? 遊園地に決めたのはいいけど、当日になってお金がないとかは、ダメだからね」
 水夏が、わたしを見ながら言う。
 なんでそこで、わたしを見るの?
「だいじょうぶだって! ちゃんとムダづかいしないで、ためてあるから」
 あんまり、使うこともないっていうのも、あるんだけど。
 トレーニング関係や、お菓子とかは、お父さんがお金を出してくれるし。
 レッドで必要なものも、ケイがお父さんたちに請求してるみたい。
 おこづかいを使うのって、たまにマンガを買うぐらいかなぁ。
「じゃ、そろそろ勉強にもどろう。テストの調子がわるいと、思いっきり遊べなくなるよ?」
 実咲が、おどかすように言う。
 そ、それもそうだね……。
 補習決定だったら、どよ~んと、暗い気持ちで遊園地に行くことになるもん。
 わたしたちは、そろって真剣な表情になると、さっそくテスト勉強にもどることにした。
「みんなで、がんばろう!」
「「「お――――っ!」」」

次のページ

関連記事

関連書籍

怪盗レッド14 最強の敵からの挑戦状☆の巻

怪盗レッド14 最強の敵からの挑戦状☆の巻

  • 【定価】 770円(本体700円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046317759

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER
怪盗レッド15 最高のパートナーを信じろ☆の巻

怪盗レッド15 最高のパートナーを信じろ☆の巻

  • 【定価】 748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046317766

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER
怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

  • 【定価】 704円(本体640円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046310705

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER