連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. みんなのイチオシ! “怪盗レッドのナンバー1人気の巻” 前後編を全文ためし読み!
  5. みんなのイチオシ! “怪盗レッドのナンバー1人気の巻” 前後編を全文ためし読み! 第1回

みんなのイチオシ! “怪盗レッドのナンバー1人気の巻” 前後編を全文ためし読み! 第1回

写真

2 ケイが「判断不能」って!?

家に帰ってくると、わたしは部屋にまっすぐにむかう。
 ドアを開けると、いつものようにケイが、パソコンにむかって、作業していた。
 ほんと、ケイはテスト勉強する必要がなくて、うらやましいよ。
 そんなことを思っていると、ケイが作業にひと区切りついたのか、手をとめる。
「…………」
 だけど、そのまま、だまってる。
 ケイがだまってることはめずらしくないんだけど、考えこんでたりするから、声をかけるタイミングを迷うんだよね。
 そんなことを思っていたら……。
「…………~~~~~~~~!」
 ケイがとつぜんいらだったように、乱暴に頭をかきむしる。
「!?」
 な、なにごと!?
 ケイのこんなしぐさ、はじめてみるよ。
「ど、どうかしたの? ケイ」
 わたしはおそるおそる、声をかけてみる。
 ケイは、ぐるりとイスを回転させて、ふり返る。
 けわしい顔をしてるけど、そのいらだちは、こっちにむいてる感じがしない。
 ということは……いらだちの相手は……自分?
「--アスカ、次のターゲットが決まった」
 ケイが、言う。
 ターゲット、という言葉に、わたしは怪盗レッドの仕事だとわかり、気持ちを引きしめる。
 でもケイがこんな表情をしてるってことは……。
「もしかして、次のターゲットが、むちゃくちゃむずかしいとか?」
「……いや、その判断を、しかねている」
 ケイは目をふせ、あごに手をあてて、考えこむ。
 判断をしかねるって、どういうこと?
「次のターゲットは、ある取引の阻止だ」
 取引?
「盗品売買の取引が行われる、という情報をつかんだ」
「ふーん」
 それなら、べつに、仕事の内容としては、いつもとあまり変わらないよね。
 ケイが、いらだつ理由がさっぱりわからない。
「なにか、おかしいところがあるの?」
「いや、なにもない」
 へ? な、ないの!?
 なら、どうして迷ってるわけ!?
「それが、わからない……なにかおかしい……そう感じるんだ。その理由がわからないから、こまっている」
 へえ?
 わたしは「なにかおかしいけど、わかる」って、けっこうあるけどな。
「アスカの勘は、動物並みだからな」
 むっ、またそれ?
「じゃあケイのそれも、怪盗としての勘なんじゃない? 怪盗をやるようになってから、けっこう長くなってきたし」
 中学1年になる直前からだから、もう1年以上だもんね。
「……」
 ケイはふきげんそうな顔で、髪をかきあげる。
 もう……髪の毛、ぼさぼさだよ。
 でも、ケイがなんでいらだってるのかは、少しわかったかも。
 勘にたよるなんて、ケイの性格からいって絶対したくないはず。
 だけど、勘を無視することも、できないと思ってるんだ。
 経験的に。
「どこか、情報にあやしいところがあってくれたほうが、逆にすっきりするんだけどな……」
 ケイが、こめかみを指でおさえつつ、つぶやく。
 あやしいところがあれば、そこを警戒すればいいわけだしね。
 でも、今のところ問題がなにもないなら、対処のしようがない。
 それで最初の「判断をしかねてる」って言葉に、なったんだ。
「でも、怪盗レッドが情報をつかんでるのに動かないってわけには、いかないでしょ!?」
 わたしは、明るく言う。
 悪いやつらの取引を、指をくわえて見のがすなんて、怪盗レッドとして絶対できない。
「……まあ、それはそうだが」
「なら、やろうよ! で、その取引はいつ?」
「5日後だ」
 えっ?
「ちなみに、テスト期間の2日めの夜、0時半だな」
 え―――――っ!
 ケイの答えに、わたしは頭をかかえたくなる。
「ひ、昼間にテストで、夜にレッドをやるの……?」
 しかも、その翌日もテスト?
 どっちだけでも大変なのに、両方がいっしょにくるとか。
 悪いやつらも、少しはタイミングを選んでほしいよ。
 と、言いたいところだけど、そうも言ってられないよね。
「アスカには、それも問題だな。どうする? 今回のレッドの仕事は、やめておくか?」
 ケイがきいてくる。
 へ? なんで?
「いや……さっき言ったとおり、まだ判断がくだせない。ただ、情報を見るかぎりはGO、だ。だから、アスカの意見をききたい。……アスカは、どうしたい?」
 ケイが、真剣な顔で、わたしにきいてくる。
 えええっ!
 そんなこと、急に言われても……。
 意見をきかれることはあったけど、ケイがレッドのことで、判断をゆだねてくるなんて……。
 はじめてだよね!?
 なんて、答えるべきだろう。
 わたしは、すぐには答えずに、頭の中でもう一度、考える。
 …………うん!
「さっきも言ったとおり、悪いやつらが悪いことをしようとしてるなら、それをとめるのが怪盗レッドだよ!」
 わたしは、ハッキリと答える。
 それをきいて、ケイは目を閉じる。
 数秒だけ、沈黙があってから、
「……わかった」
 ケイがうなずく。
「準備しておく」
「りょーかい!」
 さっそくケイは、パソコンにむかい、作業を再開する。
 その背中を見ながら、わたしはベッドに腰かける。
 怪盗としての、ケイの勘、かぁ……。
 あのケイが、それに引っかかると言うんだから、気をひきしめていかなきゃね。
 どっちにしても、実行役のわたしに、ナビゲーター役のケイのことは手伝えない。
 だから、自分ができる準備をしておかなくちゃね。
 5日後にあわせて、基礎トレーニング以外にも、体を動かしておかないと。
 ここのところ、勉強ばっかりしてる気がするし。
 とりあえず、朝のランニングを10キロから、30キロに増やしとこ。
 あとは、道場も借りられるといいんだけど。
 それはお父さんに相談かな。
 テストにレッド。
 両方とも、ちゃんとやって、乗りきらなくっちゃね!

次のページ

関連記事

関連書籍

怪盗レッド14 最強の敵からの挑戦状☆の巻

怪盗レッド14 最強の敵からの挑戦状☆の巻

  • 【定価】 770円(本体700円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046317759

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER
怪盗レッド15 最高のパートナーを信じろ☆の巻

怪盗レッド15 最高のパートナーを信じろ☆の巻

  • 【定価】 748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046317766

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER
怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

  • 【定価】 704円(本体640円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046310705

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER