連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. 怪盗レッド スペシャル
  5. 怪盗レッド スペシャル 第2話 「2代目レッド」が 始まる前のこと

怪盗レッド スペシャル 第2話 「2代目レッド」が 始まる前のこと

◆ケイside(サイド)

カチャカチャカチャ……

とケイはノートパソコンのキーボードをたたく。

 モニターに表示されているのは、チャット画面。

 海外の大学教授や博士たちと、チャットをしているところだ。

 

Y・О教授:しかし、ケイがジュニアハイスクールに入学するとはね。そんな必要があるのかい?

P・A博士:そうだとも。言ってくれれば、こちらの大学に、いくらでも席を用意したというのに。

Y・О教授:それは抜け()けではないかね。

今からでもおそくない。うちの大学にきたらどうだろうか。

KEI:お(さそ)いはうれしいですが、自分で考えて決めたことです。

推薦(すいせん)だけで入学できましたし、それに自由もきく学校のようなので、研究時間もとれると思います。

P・A博士:ケイがそう言うのなら、これ以上は言わないが。気が変わったら、いつでも言ってほしい。歓迎するからね。

Y・О教授:わたしもだよ。よい学校生活を。

 

※Y・O教授、P・A博士が退出しました。

※KEIが退出しました。

 

 ケイは、パソコン画面から顔を上げる。

 それから、わずかに、顔をしかめる。

 2人で住むには、少し広すぎるマンションの部屋には、段ボール箱が山積みになっている。

 それもそのはず。今は引っ越しの準備中だからだ。

 それは、べつにかまわない。

 だけど、問題があると、ケイは思っていた。

 

「――――父さん。なにをかくしてるの?」

 ケイは、山積みの段ボール箱の向こう側で、荷物を整理している、父親の圭一郎(けいいちろう)に問いかける。

「え? かくしてるって、なにをだい?」

 父さんは、とぼけた様子で返事をする。

「春が丘学園を、特に理由もなく、ぼくに強く(すす)めてきたのは、父さんだ。

それに、急に引っ越しを決めたのはともかく、引っ越し先を、ぼくは教えてもらっていないよ」

 ケイが、気になっているのは、そこだ。

 引っ越し先を、まだケイは知らない。

 そんな引っ越しがあり()るのか、と思うけれど、父さんは、無意味にそういう嫌がらせのようなことを、する人じゃない。

 きっと、なんらかの理由があるのだろう。

「それは、ちょっとしたサプライズだからさ。

それに……

()()()()調()()()()()()()()調()()()()()()()()?」

 父さんは、挑発(ちょうはつ)するようにケイを見る。

 ぐっ、とケイは息をのむ。

「――父さんのことだから、対策済みでしょ。

父さんのセキュリティは、今まで一度も突破できたことがないし。

ムダなことはやめとく」

 ケイは、首を横にふる。

 今まで、何度か挑戦したことはあるが、いつも簡単にあしらわれている。

 ケイが腕をあげても、それ以上に、父さんが腕をあげてくる。

 ――教授や博士たちは、ぼくを〝天才〟だと言うけれど、それなら父さんも、まちがいなく〝天才〟だ。

 なぜか今まで、論文など、ろくに発表したことはないそうなんだけど。

 そのことが、ケイには不思議でしょうがない。

「つれないなぁ。

でも、ケイにとって悪いことではないよ。

それは保証する」

「だといいけど」

 ケイは、とりあえず父さんの言葉に納得しておく。

 

 ケイは目の前の段ボールにむかって、小さくため息をつく。

 このマンションの部屋には、亡くなった母さんとの思い出がつまっている。

 それを手放すときいたとき、なにも思わなかったわけじゃない。

 だけど、なにより父さんが、そうと決めたことが意外だった。

 母さんが()くなったとき、だれより落ちこんでいたのは、父さんだったから。

 ……でも、ちょうどよかったのかもしれない。

 この部屋にいると、嫌でも母さんのことを思いだす。

 思い出がありすぎる。

 それは父さんも同じ気持ちかもしれない。

 それなら、引っ越すという決断を、父さんがしたことも、わからなくはない。

 どこへ引っ越すのか知らされていないことは、やはり気になるところだけど。

 

 でも、〝未知〟はきらいじゃない。

 大学での研究は、〝未知〟を解き明かすもので、だからこそケイは興味をひかれている。

 これも一種の〝未知〟なのだろう。

 それに、父さんにはああ言ったけれど、いくつか引っ越し先の推測は立ててある。

きっと、どれかが正解だろう。

 ――どれが正解だったとしても、自分がうまくやれる自信はないけど。

 ケイにとって、人間関係は、あきらめた分野だ。

 大学教授や、博士のような人たちとは、話はうまくできる。

 それなのに、同世代とはなにを話していいのか、まったくわからない。

 それに、どうやらケイと関わった同世代の子どもは、ケイのことをよく思わないらしいということも、これまでの人生で経験ずみだ。

 嫌がらせや悪意を受けるのは、めんどうでしかない。

 それなら最初から、なるべく人と関わらず、距離をとっているほうがいい。

 引っ越し先でも、春が丘学園での生活でも、そうするつもりだ。

 それしか、ケイはめんどうな悪意を受けない方法を知らない。

 ……どうせぼくは、ぼくのままでしか、いられないのだから。

 そう結論づけて、ケイは止まりかけていた引っ越し作業を再開した。 

おしまい


作家プロフィール

関連記事

関連書籍

怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

  • 【定価】 704円(本体640円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046310705
怪盗レッド(2) 中学生探偵、あらわる☆の巻

怪盗レッド(2) 中学生探偵、あらわる☆の巻

  • 【定価】 748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046310989
怪盗レッド(3) 学園祭は、おおいそがし☆の巻

怪盗レッド(3) 学園祭は、おおいそがし☆の巻

  • 【定価】 704円(本体640円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046311221
怪盗レッド(4) 豪華客船で、怪盗対決☆の巻

怪盗レッド(4) 豪華客船で、怪盗対決☆の巻

  • 【定価】 792円(本体720円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046311412
怪盗レッド(5) レッド、誘拐される☆の巻

怪盗レッド(5) レッド、誘拐される☆の巻

  • 【定価】 748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046311849
怪盗レッド(6) 偽レッド、あらわる☆の巻

怪盗レッド(6) 偽レッド、あらわる☆の巻

  • 【定価】 726円(本体660円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046312310
怪盗レッド(7) 進級テストは、大ピンチ☆の巻

怪盗レッド(7) 進級テストは、大ピンチ☆の巻

  • 【定価】 748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046312570
怪盗レッド(8) からくり館から、大脱出☆の巻

怪盗レッド(8) からくり館から、大脱出☆の巻

  • 【定価】 792円(本体720円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046312969
怪盗レッド (9) ねらわれた生徒会長選☆の巻

怪盗レッド (9) ねらわれた生徒会長選☆の巻

  • 【定価】 748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書変形判
  • 【ISBN】9784046313386
怪盗レッド(10) ファンタジスタからの招待状☆の巻

怪盗レッド(10) ファンタジスタからの招待状☆の巻

  • 【定価】 770円(本体700円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書変形判
  • 【ISBN】9784046313928
怪盗レッド(11) アスカ、先輩になる☆の巻

怪盗レッド(11) アスカ、先輩になる☆の巻

  • 【定価】 748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書変形判
  • 【ISBN】9784046311054
怪盗レッド(12) ぬすまれたアンドロイド☆の巻

怪盗レッド(12) ぬすまれたアンドロイド☆の巻

  • 【定価】 792円(本体720円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046313942
怪盗レッド13 少年探偵との共同作戦☆の巻

怪盗レッド13 少年探偵との共同作戦☆の巻

  • 【定価】 748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046316691
怪盗レッド14 最強の敵からの挑戦状☆の巻

怪盗レッド14 最強の敵からの挑戦状☆の巻

  • 【定価】 748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046317759
怪盗レッド15 最高のパートナーを信じろ☆の巻

怪盗レッド15 最高のパートナーを信じろ☆の巻

  • 【定価】 748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046317766