連載

  1. ホーム
  2. 連載
  3. 小説
  4. 【期間限定】『君のとなりで。』スペシャルれんさい!
  5. 【期間限定】『君のとなりで。』スペシャルれんさい 第52回 分かれた意見

【期間限定】『君のとなりで。』スペシャルれんさい 第52回 分かれた意見


◆第52回

全国大会に向かう黒羽中吹奏楽部の前にあらわれたのは、意外な「体育祭」のカベ!?
そして、ぐうぜんさくらが見てしまった、高田先輩と伊吹先輩の対立の理由とは……? ハラハラの展開、ぜったい注目です!

第1巻(1回~16回)を読みなおす(もくじへ)
第2巻(17回~44回)を読みなおす(もくじへ)
第3巻(45回~)を読みなおす(もくじへ)

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

♪分かれた意見

 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

 

 

「今年も、体育祭でマーチングをやろうと思います」

 

 部活が終わった後、全部員を音楽室に集めて、高田先輩が宣言した。

 

 崎山くんは、やった! って、うれしそうに私に目配せをした。

 

 でも、みんなは、不安そうにひそひそ話をしている。

 

 マーチングがどういうものか、よくわかっていない1年生は、戸惑っているみたい。

 

 2年生や3年生からは、「受験が……」とか、「全国大会が……」とか、いろんな声が聞こえてきた。

 

 いったい、どうなっちゃうんだろう。

 

 ざわめきはどんどん大きくなって、収拾(しゅうしゅう)がつかなくなりそうだ。

 

 その時、すっと手があがった。

 

「伊吹」

 

 高田先輩が、手を挙げたその人の名前を呼ぶと、音楽室は一瞬で静まり返った。

 

 伊吹先輩は立ち上がり、よく通る声で話し始める。

 

「今は、全国大会の練習が最優先だ。マーチングの練習をする時間なんてない」

 

「でも、学校内に、マーチングを楽しみにしている人がたくさんいるよ。コンクールの出場で応援してもらったぶん、僕たちも学校に恩返しをするべきじゃないかな」

 

「俺は反対だ。マーチングはやらないほうがいい」

 

「……」

 

 伊吹先輩と高田先輩の意見が、はっきりと分かれている。

 

 しかも、今まで、部の運営に口を出さなかった伊吹先輩が、初めて反対意見を言っている──。

 

 こんなこと、入部してから初めてのことだった。

 

 困惑の声が広がる中、高田先輩と伊吹先輩は、静かににらみあっている。

 

 しばらくして、音楽室全体を見回した高田先輩は、少しだけ目を細めた。

 

「……わかりました。再検討します。マーチングの件は保留にするので、少し時間をください。方針は、あらためて知らせます」

 

 高田先輩は、この状況をひとまず収めようとしているのかもしれない。

 

 みんなが思い思いに話し続けながらも、今日の部活は解散になった。

 

 

 帰りぎわ、真っ赤な顔でダッシュしてきた崎山くんに、ろうかのすみっこに連れ去られた。

 

「今日の伊吹先輩……かっこ、よかった……!」

 

 崎山くんは、伊吹先輩への『大好き』があふれて止まらないみたい。

 

「びっくりしたよ。伊吹先輩が意見を言うの、初めてだから」

 

「伊吹先輩は、発言力も影響力もすごいからね。それを自覚してるから、部を混乱させない

ように、今までだまってたんだと思う。部長の高田先輩を立てるためにもね」

 

「そっか……。でも、今日はどうしちゃったんだろう」

 

 崎山くんは、さっきの情景を思い出すように視線をめぐらせて、言った。

 

「本当は、役員もマーチングをやりたくないんだろうと思うよ。でも、やらないとなると、部外の伊吹先輩ファンがきっと大暴れしちゃうから。伊吹先輩はそれをわかってて、あえて自分から、自分の意思で、『マーチングをやりたくない』って、意見を言ったんじゃないかな」

 

「自分のせいで、吹奏楽部がマーチングをやらなきゃいけない状況だから、ってこと?」

 

「そう。伊吹先輩が『やらない』って言わないと、誰も止められない流れだったでしょ」

 

 あらためて、前に楽器庫で聞いてしまった、伊吹先輩と高田先輩の言葉を思い出した。

 

『俺のせいなら、やらないでくれ。みんなにそんなことをさせたくない』

『伊吹の気持ちもわかるけど、部のためには、やったほうがいいと思う』

『この大事な時期に、そんな時間ないだろ』

 

 そうか……。あれは、このことだ。

 

 マーチングを、やるかやらないかっていう話だったんだ。

 

「やるかやらないかは、保留って言ってたよね。どうなるんだろう」

 

「俺は、伊吹先輩がマーチング衣装で演奏するの、見たいなぁ~。かっこいいだろうなぁ~。ま、どっちになっても全力をつくすよ」

 

 実力と自信がしっかりある、崎山くんの余裕たっぷりな笑顔がまぶしい。

 

 私も、崎山くんみたいな強さで言い切れるぐらい、上手になりたい。

 

 もっと練習をがんばろう、って、心に決めたんだ。

 

 

高田先輩と伊吹先輩の対立の理由は、『体育祭で、マーチングをやるか、やらないか』。
高田先輩は、いったい、どういう結論を出すの……?
次回は、さらにトラブルが大きくなっちゃう予感!? 必見です!

もくじに戻る
第1巻(1回~16回)を読みなおす(もくじへ)
第2巻(17回~44回)を読みなおす(もくじへ)

関連記事

関連書籍

君のとなりで。(3) 伝えたい想い

君のとなりで。(3) 伝えたい想い

  • 【定価】 748円(本体680円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046319937

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER