ニュース

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【最新作をさき読み!】『怪盗レッド THE FIRST』第8話「似たもの兄妹」

【最新作をさき読み!】『怪盗レッド THE FIRST』第8話「似たもの兄妹」

3月5日(木)発売予定の『怪盗レッド THE FIRST』を発売前に公開!
これまでのお話はコチラから。
▶プロローグ&第1話
▶第2話 教室で僕は擬態する
▶第3話 はた迷惑な来訪者
▶第4話 放っておけない同級生
▶第5話 圭一郎の〝推測〟
▶第6話 80%のヒーロー
▶第7話 勇気と無謀のあいだ

 

8 似たもの(きょう)(だい)

 

 

 

 

 

 

 

 


)

 キーンコーンカーンコーン。

 チャイムが鳴って、放課後になる。

 僕が教室を出ると、すでに(こう)(づき)(せん)(ぱい)が待っていた。

「よぉ、(けい)(いち)(ろう)

 いつものように、声をかけてくる。

 いつもなら、ここで少し会話して終わりだけれど、今日はちがう。

「行きますよ」

 僕はそっけなく言って、すぐに(くつ)(ばこ)にあるほうにむかって、歩き出す。

「おい、おいてくなよ」

 紅月先輩が、あわてたように追いかけてくる。

 僕と紅月先輩の()(はば)の差なら、すぐに追いつけるのだから、おいてかれる心配なんてないだろうに。

 ろう下にいる1年生の生徒が、僕の横を歩く紅月先輩を見て、目を丸くしているけど、今は気にしている場合じゃない。

 靴にはきかえて校門の前まで行くと、生徒が校門のあたりで歩く速度をゆるめて、なにかを見ているのがわかる。

 なんだろう? 疑問に思いつつ、僕と紅月先輩も校門を通りぬける。

「……待ちくたびれたよ、お兄ちゃん」

 女の子の声に、僕は足を止める。

 校門によりかかるようにして、小学校4〜5年生ぐらいの女の子が、立っている。

 茶色がかった(かみ)に、目はくりっとしているけど、(ひょう)(ひょう)とした(ふん)()()をまとっている。



 ガムをきれいに、ふくらませている姿が、(みょう)に似合ってる。

 その視線の先にいるのは……。

「これでも、いそいだほうだぞ」

 紅月先輩が、その女の子に答えている。

「紅月先輩。知り合いですか?」

 最初の一言で想像はついていたけど、念のためにたずねる。

「ああ、おれの妹だ」

「初めまして。圭一郎お兄さん。わたしは紅月()()()、小学4年生です。今日はよろしくお願いします」

 紅月先輩の妹──美華子ちゃんは、ぺこりと頭を下げてから、興味深そうに僕に視線をむけてくる。

 紅月先輩より、よっぽど(れい)()(ただ)しい。

 それにしても、今日はよろしくって……先輩?

 僕は、紅月先輩のほうをジロリと見る。

「いやあ、悪いな圭一郎。圭一郎の家に行くって話をしたら、(いっ)(しょ)に行きたいって()()をこねるから、ここで待ち合わせることにしたんだよ」

「なに勝手なことをしてるんですか……」

 これから話すのは、危険をともなう話だ。

 そんなことに、小学生の妹を巻きこむつもりなのだろうか。

 それに、紅月先輩の家で、僕はいったいどういう存在なんだろう。

 妹さんに知られてるのもおどろきだけど、駄々をこねるほどって、意味がわからない。

「美華子は(だい)(じょう)()だから、心配いらない」

 紅月先輩が、自信ありげに言う。

 なにが大丈夫なんだか。

 だけど、ここで美華子ちゃんを1人で帰らせようとしても、(なっ)(とく)しないか。

 紅月先輩が説得する気はなさそうだし、校門前でこれ以上、立ち止まって話していると、通りかかる生徒の視線が、だいぶ痛い。

「……わかりました。とにかく、行きましょう」

 歩き出した僕のあとを、紅月先輩と美華子ちゃんが、なぜかうれしそうについてくる。

 それにしても、あんまり似てない(きょう)(だい)だな。

 ……いや。雰囲気というか、性格は似てるような気がする。

 この目立つ校門の前で、ずっと待ってたぐらいだし。

 ふつうなら、中学生の集団からじろじろと見られて、()(しゅく)していてもおかしくないところを、ガムをふくらませながら待ってるなんて、よっぽどいい性格をしている(しょう)()だろう。

 そうして、僕たちは、自宅のあるマンションに、帰ってくる。

「ここが圭一郎の家か」

「すごいね! お兄ちゃん」

 マンションの部屋の(げん)(かん)前で、紅月兄妹が、(へん)(てつ)のないドアを見て、興奮したように話している。

 どこに、そんなうれしがる要素が、あるんだろうか。

 疑問に思いつつも、僕はドアを開ける。

「2人とも、どうぞ」

 僕は、紅月先輩と美華子ちゃんを、家に招き入れる。

 リビングに行ってから、2人にはそこで待っていてもらい、僕は自室で制服を()()える。

 本当なら、これから紅月先輩と、宝石(ごう)(とう)犯の話をするはずだったのだけど、美華子ちゃんがいてできるんだろうか。

 どうも、紅月先輩と美華子ちゃんのペースに、流されたような気がする。

 僕は、自分がこんなに流されやすいタイプだとは、思っていなかったんだけど。

 いや。紅月先輩たちがおかしいんだと思う。そう思いたい。

 問題は、僕と紅月先輩が話している間、美華子ちゃんをどうするかだけど、お()()でも出して、食べながら遊んでいてもらうしかないか。

 連れてきてしまった以上、そのことを()いていてもしょうがない。

 僕はそう判断して、自分の部屋からリビングにむかう。

「こっちにきてください。僕の部屋で話しましょう」

 リビング内をキョロキョロしていた紅月兄妹が、目を(かがや)かせて僕の部屋のほうにやってくる。

「おおっ! ここが圭一郎の部屋なんだな!」

 紅月先輩は、なぜか感動したように、ドアの前で声をあげる。

(きん)(じょ)(めい)(わく)だから、大声を出さないでください」

 僕は、ジト目で紅月先輩を見る。

「す、すまん……つい興奮して」

 だから、なんで僕の部屋にくることに、興奮するんですか。

 そう質問したかったけど、話がそれそうだから、やめておく。

 それに、考えるだけムダな質問な気がしたから。

 紅月先輩のとなりにいる、美華子ちゃんまで目をキラキラさせて、僕の部屋をのぞいてるし。

作家プロフィール

関連記事