ニュース

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【最新作をさき読み!】『怪盗レッド THE FIRST』第7話「勇気と無謀のあいだ」

【最新作をさき読み!】『怪盗レッド THE FIRST』第7話「勇気と無謀のあいだ」

3月5日(木)発売予定の『怪盗レッド THE FIRST』を発売前に公開!
これまでのお話はコチラから。
▶プロローグ&第1話
▶第2話 教室で僕は擬態する
▶第3話 はた迷惑な来訪者
▶第4話 放っておけない同級生
▶第5話 圭一郎の〝推測〟
▶第6話 80%のヒーロー

 

7 勇気と()(ぼう)のあいだ

 5分ほど小走りで走って、人通りのある大きな通りに出る。

 ここまでくれば、不良も追ってこないはずだ。

「助かりました。ありがとうございます、(せん)(ぱい)

 僕は頭を下げて、(こう)(づき)先輩にお礼を言う。

「いや。たいしたことはしてないが」

 紅月先輩は気まずそうに、ぎこちなく答える。

「……でも、どうしてあの場にいたんですか?」

「ぎくっ!」

 紅月先輩は、わかりやすいぐらい、反応をしめす。

 やっぱりか……。

「…………僕を、つけてましたね?」

 難しい推理じゃない。ここにくるまでの間、紅月先輩がどうして現れたのか考えたら、それ以外の可能性が低かっただけの話だ。

「い、いや、たまたまあそこに居合わせただけだ。(ぐう)(ぜん)ってやつだ!」

 紅月先輩は、あせったように言う。

 そんな理由で、押し切るつもりらしい。

 でも、助けられたのは事実だし、今は紅月先輩のことを問い()めてる場合でもない。

「まあいいです。助かったのは事実ですし、感謝しています。それじゃ」

 僕は、紅月先輩に背中をむけて、歩き出そうとする。

「ちょっと待った!」

 そんな僕を、紅月先輩が止める。

「なんですか?」

 僕は足を止めて、ふり返る。

「……困っていることがあるなら、手を貸す。人手がいるんじゃないのか?さっきのとおり、おれはそれなりに動けるつもりだが」

 紅月先輩が、さっきまでのうろたえた様子とは打って変わって、(しん)(けん)な顔つきで見つめてくる。

 うっ……。

 僕の前では、いつも()(がお)でいることが多いから、その(はく)(りょく)に、思わず僕は言葉が詰まる。

 だけど、たしかに紅月先輩の言うとおりだ。

 不良3人を(たお)した、紅月先輩の動き。あれは、ただ者じゃなかった。

 もし黄瀬(きなせ)さんの指輪を取りもどすなら、紅月先輩が手伝ってくれれば、採れる手段が、だいぶ増やせる。

 でも、事がことだ。そう簡単に巻きこむわけには……。

「勇気と無謀を、はきちがえるなよ、(けい)(いち)(ろう)

 僕が断ろうと口を開く前に、紅月先輩が言う。

「え?」

「おまえに足りない部分は、力を貸すって言ってるんだ。ありがたく受けておくのが(こう)(はい)ってやつだろ?」

 紅月先輩は、いつの間にか僕の横にきていて、よく(きた)えられた(うで)を僕の首にかける。

作家プロフィール

関連記事

関連書籍

怪盗レッド THE FIRST ここから、すべては始まった

怪盗レッド THE FIRST ここから、すべては始まった

  • 【定価】本体1,200円(税別)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】B6判
  • 【ISBN】9784041087664
怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

  • 【定価】本体640円(税別)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046310705