ニュース

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【最新作をさき読み!】『怪盗レッド THE FIRST』第6話「80%のヒーロー」

【最新作をさき読み!】『怪盗レッド THE FIRST』第6話「80%のヒーロー」

3月5日(木)発売予定の『怪盗レッド THE FIRST』を発売前に公開!
これまでのお話はコチラから。
▶プロローグ&第1話
▶第2話 教室で僕は擬態する
▶第3話 はた迷惑な来訪者
▶第4話 放っておけない同級生
▶第5話 圭一郎の〝推測〟

 

6 80%のヒーロー

 放課後、僕はいつものようにやってきた(こう)(づき)(せん)(ぱい)を、適当にあしらってから、駅前にむかった。

「ここか」

 着いたのは、(ごう)(とう)事件があった貴金属店。

 まだ、警察の(そう)()が続いているらしく、店の前には黄色い規制線がはられていて、制服姿の警官が2人ほど立っている。

 足を止めて、ものめずらしそうに見る人がけっこういるから、僕が足を止めて店のほうを見ていても、警官もなにも言わない。

 規制線を()えなければ、注意はされないらしい。

 でも、僕の興味があるのは、この貴金属店の中じゃない。

 そのまま、僕は駅前を通り過ぎ、住宅街に入っていく。

 昨日、黄瀬(きなせ)さんと指輪を(さが)した公園までやってくる。

 ()(つう)に歩いても15分といったところか。走ったら、その半分以下ですむはずだ。

 今日は、黄瀬さんは指輪を捜しにきていない。

 学級委員の仕事があるから、捜しに行けないと、黄瀬さん本人からきいている。

 だから、僕は公園の前で立ち止まって考える。

 頭の中に思いうかべているのは、このあたり一帯の地図だ。

 昨日のうちに、ネットで調べて、周辺の地図は頭に入っている。

「……貴金属店で強盗をした犯人たちは、バラバラに(とう)(そう)した。車を使わなかったのは、駅前まわりに多い、防犯カメラを()けたからだろう。車なら道路を走る以上、防犯カメラに映らないことは難しい。だが、走って()げるなら、防犯カメラの位置を前もって調べておけば、避けて逃げることができる。そして、ニュースを読む限り、今回の犯行で、防犯カメラの映像に犯人が映ったのは、貴金属店内だけ。その手口は、となりの市で貴金属店が強盗されたときと、同じものだ。同一犯と考えて、まずまちがいない」

 僕は、ぶつぶつとつぶやきながら、考えをまとめていく。

 だが、もしここで黄瀬さんがぶつかったのが、強盗犯であるなら。

 犯人たちは初めて、逃走ルートの一部を人に明かしてしまったことになる。

 だからこそ、推測であっても、早くに動く必要がある。

 手がかりになりかねない黄瀬さんが、強盗犯に(ねら)われないとも限らない。

 まして、黄瀬さんは指輪を捜して、このあたりを歩きまわっている。

 このまま捜し続けていたら、強盗犯が積極的に手を出すつもりはなくても、黄瀬さんから相手の手中に飛びこんでいくことに、ならないとも限らない。

 僕の考えがまちがっていたなら、それが一番いい。だけど、僕にはそう思えない。

「……問題は、ここが逃走ルートなら、ここからさらにどこへむかったかだが……」

 僕は、頭の中の地図を(さぐ)る。

 人目につかないところ。もしくは、見知らぬ人間の出入りが増えても気にならないところ。

 強盗犯たちは、そういう場所にむかったはずだ。

 そうなると住宅街は、ほぼあり得ない。

 他人に無関心な人が増えたとはいえ、あやしい人間が出入りすれば、目につくことには変わらない。

「そうなると、ここから住宅街を()けた場所か……」

 僕は頭の中で、地図の(はん)()を広げる。

 そして、ゆっくりと公園から、犯人の逃走ルートをトレースしながら、歩き出した。

◇◆◇

作家プロフィール

関連記事

関連書籍

怪盗レッド THE FIRST ここから、すべては始まった

怪盗レッド THE FIRST ここから、すべては始まった

  • 【定価】 1,320円(本体1,200円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】B6判
  • 【ISBN】9784041087664

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER
怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

  • 【定価】 704円(本体640円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046310705

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER