ニュース

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【最新作をさき読み!】『怪盗レッド THE FIRST』第3話「はた迷惑な来訪者」

【最新作をさき読み!】『怪盗レッド THE FIRST』第3話「はた迷惑な来訪者」

3月5日(木)発売予定の『怪盗レッド THE FIRST』を発売前に公開!
これまでのお話はコチラから。
▶プロローグ&第1話
▶第2話 教室で僕は擬態する

 

3 はた(めい)(わく)な来訪者

 授業もすべて終わり、放課後になると、教室があわただしくなる。

 早く帰宅しようとする生徒や、部活にむかう生徒などで、一気にさわがしくなる。

 僕は、カバンに荷物をまとめる。

 残念ながら、僕には今のところ、(いっ)(しょ)に帰るような仲がいい相手がいない。

 だから、1人で教室を出る。

 でも、それでよかったのかもしれない。

 ドアの近くのクラスメイトや、ろう下にいる(ほか)のクラスの1年生が、()き足立ってざわめている。

 そのクラスメイトや1年生の視線を追って……僕はそっとため息をつく。

 みんなの視線の先が、1人の男子生徒にむかっていることを(かく)(にん)したからだ。

「よっ、(けい)(いち)(ろう)!」

 僕がろう下に出たところで、すぐに、その男子生徒が、声をかけてくる。

 体格はがっしりとしていて、(せい)(かん)で整った顔立ちは、学校中を探しても、ほかにはいないはずだ。

 (かみ)は短めで、体格からいってもスポーツをしているらしい(ふん)()()は、運動(おん)()の僕にも伝わってくる。

 体格から、ひと目で上級生だとわかる、その男子生徒に、僕はむきなおる。

(こう)(づき)(せん)(ぱい)

 僕は、うんざりしながらその名前を呼ぶ。

「なんだ、反応が冷たくないか!?」

 (おお)(がら)の男子──紅月先輩は、僕の言葉にショックを受けたような表情をしてる。

「冷たくないですよ。毎日のように、放課後に現れては、意味もなく声をかけられたら、少しは慣れてきます」

 僕は、冷めた目で紅月先輩を見る。

 まだ5月の半ばだというのに、この3年生の紅月(つばさ)先輩と知り合いになったのは、なぜかこうして毎日声をかけられるからだ。

 初めは、中学の入学式が終わって帰ろうとしたときだった。

 紅月先輩は、(とつ)(ぜん)、僕の前に現れて、こう言ったんだ。

「おまえ、(ふじ)(しろ)圭一郎だよな? おれは紅月翼、3年だ。よろしくな」

 今と変わらない、気やすい口調の紅月先輩に、僕は(いっ)(しゅん)どう反応していいのか、迷った。

「よろしく、お願いします……?」

 結局は、疑問形になりながら返事をすると、紅月先輩はまぶしいような()みをうかべた。

 そして、じゃあな、と言って去って行った。

 ()(おく)力は人よりもいいほうだが、その顔にはまったく見覚えがなかった。

 紅月先輩の様子からも、僕のことを知っているふうでもない。

 名前を確認してきたぐらいだし。

 だから、最初は部活の(かん)(ゆう)かとも思ったけど、僕は紅月先輩とちがって、入学式直後に勧誘されるような、目立った(とく)(ちょう)は持ちあわせていない。

 まちがっても、スポーツがむいている、なんて思われるような体格はしてない。

 見るからに苦手だと思われるほうだし、実際その通りだ。

 それなのに。

 入学式から今日まで、学校がある日は毎日、紅月先輩は放課後すぐに、僕のクラスにやってくる。

 そして、僕とあいさつをして、たいした会話もせずに帰っていくことのくり返し。

 3年生の先輩が、毎日あいさつをしにくる1年生。

 僕のような性格で、その(じょう)(きょう)が楽しいはずもない。

 僕だって、それを放置していたわけじゃない。

 入学式から1週間ぐらいしたころに、きいてみたんだ。

「いいかげん、そろそろ用事を言ってくれませんか。毎日、教室に来られて(めい)(わく)なんです」

「用事? とくにないぞ、圭一郎と話がしたいだけだ」

「ヒマなんですか」

「ヒマではないな」

 ──なにを考えているのか、さっぱりわからない。

 本当になんの用事もないのか、疑わしいけれど、本当になにも言ってくる様子がないのだから、どうしようもない。

 それとも、ただの先輩の気まぐれなのか。

 だとしたら、僕のささやかな日常を(じゃ)()しないでもらいたいけど。

「おーい、圭一郎。無視するなよ」

 紅月先輩の声に、僕はふと我に返る。


作家プロフィール

関連記事

関連書籍

怪盗レッド THE FIRST ここから、すべては始まった

怪盗レッド THE FIRST ここから、すべては始まった

  • 【定価】 1,320円(本体1,200円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】B6判
  • 【ISBN】9784041087664

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER
怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

  • 【定価】 704円(本体640円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046310705

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER