ニュース

  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【最新作をさき読み!】『怪盗レッド THE FIRST』第2話「教室で僕は擬態する」

【最新作をさき読み!】『怪盗レッド THE FIRST』第2話「教室で僕は擬態する」

3月5日(木)発売予定の『怪盗レッド THE FIRST』を発売前に公開!
これまでのお話はコチラから。
▶プロローグ&第1話

 

2 教室で僕は()(たい)する

 中学校に着いたのは、8時過ぎ。

 学校は遠くで部活の練習らしきかけ声はきこえるけど、基本的には昼間とはちがった静けさがある。

 僕はうわばきにはきかえて、教室にむかう。

 1年1組。

 プレートにそう書かれた教室に入る。

 だれもまだ来ていない。

 これもいつもどおり。

 この静かな教室も、好きだ。苦手な早起きをしてよかったと、また考える。

 僕は、窓ぎわの自分の席にすわると、カバンから本を取り出して、読み始める。

 10分ほど()っただろうか。

 ガラガラ、と教室のドアが元気よく開く。

 ちらりとそちらに視線をむけると、クラスメイトの黄瀬(きなせ)()()さんが入ってくるところだった。

「おはよう、(ふじ)(しろ)くん。あいかわらず早いね」

 黄瀬さんは、僕と目が合うと、()(がお)でそう言った。

 自分で言うのもなんだけど、(あい)()のいいほうじゃない僕に、こんな風に気軽にあいさつしてくるクラスメイトの女子は、黄瀬さんぐらいだ。

 男子でなら、話す友達がいないわけではないけれど。

 まだ1年生の5月だっていうことを差し引いても、僕は友達が多いほうではないし。

「おはよう」

 僕は、短くあいさつする。

 黄瀬さんは、()(たけ)は僕より少しだけ大きく、(かみ)(がた)はハーフアップにまとめてある。

 目がぱっちりとしていて、活動的な(ふん)()()をまとってる。

 とびっきりの美少女というわけではないけど、親しみやすくて、しっかり者で……かわいいとも思う。

 黄瀬さんは、僕のとなりの席にカバンをおくと、僕のほうを見た。

「今日は、なにを読んでるの?」

 小首をかしげて、黄瀬さんがきいてくる。

「電子工学の本」

 僕は、カバーをかけていない本の背表紙を、黄瀬さんにむける。

「むむぅ……でんしこうがく? 藤白くんってむずかしい本が好きだよねー。昨日は、りょうしぶつりがく?の本だったし、その前は、ぽあんかれよそう?とかいう本だったし」

 黄瀬さんは、ピンとこなかったのか、あまり本には興味がそそられなかったという顔をしてる。

 その割には、本のタイトルはよく覚えているけれど。

「好きというか、興味があるだけ」

 僕は答える。

 言ってしまってから、ぶっきらぼうすぎたかな、と少し気になる。

 僕は小学校のときも友達が多くなかったし、まして女子となると話した機会は多くない。

 うちは母さんがいないから、女の人と話すことがなくて、どうにも慣れないんだよな。

「そういうのを、好きって言うと思うんだけどね」

 黄瀬さんが、笑ってる。

 どうやら、僕に愛想がないことは、気にならないらしい。

「それじゃあ、わたしはクラス委員の仕事があるから、行くね」

 黄瀬さんが、カバンを持って席を立つ。

 彼女がこんなに早くに学校に来ているのは、学級委員長としての仕事があるかららしい。

 僕なら、そんな(めん)(どう)そうな仕事は引き受けないけれど、黄瀬さんはまだクラスに知らない顔も多い中、立候補して、すんなりと決まった。

 もともと、学級委員をやるつもりだったのかもしれない。

 たしかに、僕に話しかけることといい、世話焼きで気やすいところがあるし。

 僕は、そんな黄瀬さんが席から離れるのを見て、ふと視線がそのカバンに行く。

作家プロフィール

関連記事

関連書籍

怪盗レッド THE FIRST ここから、すべては始まった

怪盗レッド THE FIRST ここから、すべては始まった

  • 【定価】 1,320円(本体1,200円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】B6判
  • 【ISBN】9784041087664

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER
怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

怪盗レッド(1) 2代目怪盗、デビューする☆の巻

  • 【定価】 704円(本体640円+税)
  • 【発売日】
  • 【サイズ】新書判
  • 【ISBN】9784046310705

紙の本を買う

  • カドカワストア
  • アマゾン
  • 楽天

電子書籍を買う

  • BOOK WALKER